【SDGs】 ハッピー!ハロウィンforカンボジア2021

あなたの投稿写真1枚が、100円の教育費に変わります

ハロウィンの主役といえばジャック・オー・ランタンこと「かぼちゃ」!
この「かぼちゃ」という名前、実は「カンボジア」に由来するのをご存知ですか?

認定NPO法人国境なき子どもたち(KnK)は、毎年ハロウィンシーズンにカンボジアの子どもたちを応援するキャンペーンを実施しています。
今年のキャンペーンは、SNS(Facebook、Instagram、Twtter)をご利用の皆さまならどなたでもご参加いただけます。
 


「ハロウィン」「カンボジア」「教育」のいずれかにまつわる写真を投稿すると、1投稿あたり100円が協賛企業から寄付され、カンボジアの子どもたちの教育費になります!
投稿写真はそのままハロウィン・フォトコンテストの対象となり、受賞者にはキャンペーン終了後に賞品をお送りします。
皆さんのSNS投稿写真が1000枚集まると、カンボジア「若者の家」の子どもたちが1ヵ月、教育を受けられます。
ハロウィンで、カンボジアの子どもたちに「教育」を届けてください!

キャンペーン期間:2021年10月15日(金)~10月31日(日)

参加方法:
「ハロウィン」または「教育」をテーマに、自由な発想でオリジナル写真を撮る。
テーマは「カンボジア」でもOK!ハッシュタグ「#knkハロウィンカンボジア」をつけ、「国境なき子どもたち」のFacebook、Instagram、Twitterに写真を投稿する。
 


ハロウィン・フォトコンテスト:
キャンペーン終了後に、投稿された写真の中から「SDGs×ハロウィン賞」と「『若者の家』賞」を選考し、受賞者には後日賞品を発送。カンボジアの子どもたちが写真を選考します。

カンボジアの子どもたち:
カンボジアは、ここ数年で大きな発展を遂げてきましたが、それでも都市部と農村部の格差は今も大きく、学校へのアクセスや、経済的な理由から学校を途中で辞めてしまう子が多くいます。中学生だけでも途中で退学しなければならない子や働くことを選ぶ子が10人に5人が今もいる状況*で、十分な教育や職業訓練を受ける機会を失ったまま社会に出て不安定な労働や生活を送っている子ども・若者が多くいます。KnKでは、主に15歳以上の子どもを支援しています。一般的に、この年齢になると支援を受けることが難しくなり、十分な教育や職業訓練を受けられないまま社会に投げ出されます。しかし、15歳での自立は難しく、支援を受けていたとしてもまた同じ状況下に戻ってしまうこともあり、貧しい状況から抜け出すのが更に困難となってしまいます。
国境なき子どもたちでは、教育や職業訓練の機会を提供することで、子どもたちが社会の一員として自立できるよう支援を行っています。
*出典:カンボジア国教育統計年鑑2018-2019



SDGs:
SDGs(持続可能な開発目標)とは:世界の課題解決促進のため、政府、企業、研究者やNGO・NPOなどによってつくられた、2016年から2030年までの世界共通の目標です。詳しくは外務省のウェブサイトをご覧ください。
世界が抱えるさまざまな問題に対し、それを解決し世界を変えるための17の目標がありますが、KnKがカンボジアで解決しようとしている課題は、【1:貧困をなくそう】【4:質の高い教育をみんなに】【16:平和と公正をすべての人に】です。


キャンペーンに関する詳細はこちらをご覧ください。
https://knk.or.jp/special/sp211015/

  1. プレスリリース >
  2. 国境なき子どもたち >
  3. 【SDGs】 ハッピー!ハロウィンforカンボジア2021