12月7日、大阪西梅田「100万人のキャンドルナイト」とコラボ花を通じた社会貢献活動「3万本の植苗達成」を機に新たな取り組みスタート

冬の夜、でんきを消して、“世界に一つだけのフラワーキャンドル”に願いを込めて

プロポーションづくりの株式会社ダイアナ(東京都渋谷区、代表取締役社長:徳田充孝、以下ダイアナ)は、2010年より“花”を通じて地域社会とのコミュニケーションや生活環境の美化向上に取り組む社会貢献活動「Diana Flowersienne Project (ダイアナ フラワージェンヌ プロジェクト)」を実施しています。

花の力で日本中を美しくするという本活動は、ダイアナ創立30年目である2015年に目標であった30,000本の植苗を達成したことを機に、2016年からは新たな取り組みをスタートすることにいたしました。
これまでに全国に咲かせてきた花を、花びら一枚一枚に願いを込めて作る“フラワーキャンドル”に変え、人や環境を大切に想う心を伝え、つなげていく活動へと広げていきます。



■身近な人の幸せ、被災地や貧困に苦しむ人々への願い、環境への想い、未来への希望など…
様々な願いを、キャンドルにのせて

 
2016年のダイアナ フラワージェンヌ プロジェクトは、全国のダイアナサロンが地域の方々と共に願いを込めて作ったフラワーキャンドルを「1000000人のキャンドルナイト@OSAKA CITY西梅田ナイト」に寄贈し、イベント開催日の12月7日、会場でキャンドルに火を灯します。

また、キャンドル作りの参加者がそれぞれ持ち帰ったキャンドルを、同時刻に自宅などでご自身で火を灯していただき、願いの輪を広げていきます。


 

■100万人のキャンドルナイト@オオサカシティについて


2001年の「カナダの自主停電運動」をヒントに、2005年から「100万人のキャンドルナイト@オオサカシティ」はスタートし、今冬で第23回目を迎えます。環境問題や暮らしを見つめ直す全国的なキャンドルナイトのムーブメントのきっかけにもなったイベントです。

・開催日時:2016年12月7日(水) 18時~22時
   ※雨天の場合、8日(木)に順延、8日(木)も雨天の場合は9日(金)に再順延
・開催場所:大阪府大阪市北区梅田1丁目、2丁目、3丁目
・URL:http://candle-night-osaka.jp/

 

■ダイアナ フラワージェンヌ プロジェクトこれまでの取り組みについて

全国サロンでの植苗活動

2010年より、全国にあるダイアナサロンにて花の種カードを配布したり、サロンやその近隣の施設へ花の苗を植える活動を継続して行い、昨年2015年に「累計30,000本」の目標を達成しました。

このプロジェクトを通して、花のように輝く女性のみなさんに元気と笑顔を届けてきました。




福島県の子どもたちへ向けて花を使った被災地支援活動

2011年の東日本大震災・原発事故によって、大事に育ててきた“花”や“樹”を捨てざるを得なかった福島県の南相馬市で暮らす子どもたちのために、2012年からもう一度この地に“花”を取り戻す「植苗活動」を継続的に実施てきました。子どもたちと力を合わせて、地域に希望と笑顔の花を咲かせてきました。




■ダイアナについて

1986年の創業以来30年、「女性美の原点はプロポーションの美しさにある」という理念のもと、プロポーションづくりの総合コンサルティング企業として全国約750サロンを展開し、87万人以上※のコンサルティングを実施。健やかなプロポーションづくりによる美の満足をすべての女性に提供する女性美のトータルソリューションカンパニー。ダイアジェンヌブラジャー(フルカップ)は、「1デザインのサイズ展開が世界最多の69サイズ」として2011年ギネス・ワールド・レコーズに認定。                                       ※2015年12月末現在(ダイアナ調べ)

・会社名: 株式会社ダイアナ
・代表取締役社長: 徳田充孝
・本社: 東京都渋谷区富ヶ谷1-35-23
・カスタマーセンター(ご相談窓口): TEL0120-22-8866
・公式ホームページ: http://www.diana.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ダイアナ >
  3. 12月7日、大阪西梅田「100万人のキャンドルナイト」とコラボ花を通じた社会貢献活動「3万本の植苗達成」を機に新たな取り組みスタート