スペクティ、AIを活用し、水害発生時の浸水範囲をリアルタイムに3Dマップ化

災害時の迅速な被害状況の可視化と被害予測を実現へ

株式会社Spectee(本社:東京都千代田区、代表取締役:村上建治郎、以下スペクティ)は、AIを活用したデジタルツイン技術で、水害発生時の浸水範囲をリアルタイムに3Dマップ上に再現することに成功しました。

【Spectee】3Dリアルタイム浸水推定図(令和2年7月豪雨時の熊本県球磨川周辺)【Spectee】3Dリアルタイム浸水推定図(令和2年7月豪雨時の熊本県球磨川周辺)

スペクティでは、台風や集中豪雨など近年多発するする水災害において、災害発生時からほぼリアルタイムに浸水範囲と浸水深を3Dマップ上に再現することで、被害状況をビジュアルにわかりやすく把握し、災害対応計画の策定を迅速化するための技術の開発を進めています。


今回、令和2年7月豪雨時の熊本県球磨川周辺をモデルケースとして、SNSに投稿された画像や降水量のデータ、降雨地の地形データ、さらに過去の水害データを組み合わせて解析することで、浸水範囲と浸水深を瞬時に3Dマップ化しています。

また、本技術検証では、SNSの画像1枚からでも非常に正確な浸水範囲及び周辺地域の浸水深の推定が可能であることが確認されました。そのため、水害が発生した場合、SNSや道路や河川のカメラ等を通じて取得できる僅かな画像・映像の情報からも、その周辺地域も含めた推定浸水範囲及び浸水深をリアルタイムに3Dマップ化し被害状況を把握できるもので、迅速な災害対応に役立てられると期待しています。
 

 

スペクティは、AIを活用した情報解析をもとに、災害やリスク情報をいち早く正確に「可視化」する技術を開発しています。SNSに投稿された情報や、気象データ、河川や道路カメラの映像など様々なデータを解析し、災害状況をリアルタイムに可視化したり、被害予測を瞬時に行うことで、災害対応の迅速化、被害の最小化に努めています。

■ 株式会社Specteeについて
多くの企業や自治体、官公庁で導入実績をもつ、AI防災・危機管理ソリューションの『Spectee Pro』や、カメラの画像解析による道路の路面状態の自動判定システム、河川の水災害発生検知・予測システム、ドローンやAIによる自動音声技術を活用した避難誘導・避難情報提供システムの開発など、「AI x 防災・危機管理」の様々なソリューションの開発及び提供を行っています。AI等の最先端の技術を活用したビッグデータ解析を通して、災害関連情報や様々なリスク情報を「可視化」し、すべての人が安全で豊かな生活を送れる社会の創造を目指しています。

【お問い合わせ / 会社ホームページ】 https://spectee.co.jp
 

AI防災・危機管理ソリューションの『Spectee Pro』AI防災・危機管理ソリューションの『Spectee Pro』

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Spectee >
  3. スペクティ、AIを活用し、水害発生時の浸水範囲をリアルタイムに3Dマップ化