エヌエヌ生命、中小企業経営者の妻向けサイト「つぐのわ」の運用を開始

緊急事業承継監査協会の伊勢田 篤史氏(弁護士)監修のもと、円滑な事業継承を支援

中小企業向け生命保険に特化するエヌエヌ生命保険株式会社(代表取締役社長:フランク・エイシンク、本社:東京都渋谷区、以下「エヌエヌ生命」)は、これまでの知見に基づき、10月20日より中小企業経営者の妻に向けた情報提供サイト「つぐのわ」の運用を開始します。同サイトでは一般社団法人緊急事業承継監査協会の伊勢田 篤史氏(弁護士)監修のもと、現経営者の突然の経営離脱・相続発生時における事前準備を促すことで中小企業の円滑な事業承継を支援します。経営者の妻に特化した情報提供サイトの運営は生命保険業界初の試みで、エヌエヌ生命は2021年内に1,000ユーザーの獲得を目指します。

大手調査会社の資料に基づくエヌエヌ生命の試算によると、国内の中小企業において、先代社長の逝去に伴う代表者変更(親族内承継) 時に女性が事業を承継する割合は約 4 割(39%)となります(※1)。こうした背景から、エヌエヌ生命は女性社長.net(株式会社コラボラボ 企画・運営 本社:東京都千代田区 代表取締役:横田 響子)と共同で突然の事業承継を経験した女性同士がウェブ上で相互支援できる「女性社長のココトモひろば」のサービス提供を2020年1月に開始しています(※2)。一方、事業承継や相続に関する事前準備の重要性を認識している現役企業経営者とその配偶者等の親族に向けた有用な情報は極めて限定的で、支援体制も未整備であることから、この度「つぐのわ」の開発に至りました。

「つぐのわ」の利用は無料で、ユーザーと近い境遇にある女性後継者の事例等の閲覧をすることができます。また、現経営者との事業承継に関する対話を促すツール「万一の承継チェッカー」の利用ができます。これは、「社長の突然死ドットコム」を運営する弁護士の伊勢田 篤史氏が監修し、現経営者とその配偶者等との事業承継に関する事前準備の進行度合いを簡易に把握できるツールです。さらに、ユーザー登録を行うことで、突然の事業承継が発生した際に、経営者の妻が何をどのような順序で対応すべきかを具体的にまとめた「万一のマニュアル」のダウンロードが可能となります。

エヌエヌ生命は中小企業サポーターとして「保険金に留まらないサポート」の提供に注力しています。「女性社長のココトモひろば」と「女性のための事業承継ステーション」の運用を2020年に開始しているほか、後継者や若手経営者といった次世代支援にも取り組んでいます。事業承継準備のきっかけづくりに最適なコンテンツを提供する「つぐのわ」の運用を通じて、より一層多くの事業承継に悩む女性に向けた支援の充実を図ります。

以上

※1 2019年12月のエヌエヌ生命の試算(大手調査会社の資料の基づく)によると、国内の中小企業において、先代社長の他界に伴う代表者変更(親族内承継)時に女性が事業を承継する割合は約4割(39%)となります。
※2 https://kokotomohiroba.com/

「つぐのわ」概要
URL:https://www.nnlife.co.jp/wife-succession

                       サイトメインビジュアル
 

                       万一の承継チェッカー
 

                         万一のマニュアル

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エヌエヌ生命保険株式会社 >
  3. エヌエヌ生命、中小企業経営者の妻向けサイト「つぐのわ」の運用を開始