CAMPFIRE Angels、第18号案件の情報開示スタート、募集開始は12月14日(火)20:00を予定

第18号は、赤外線を用いた新しい手術法で、国内有病者数100万人の心房細動を治療。ノックアウト型脳梗塞への移行を止める株式会社フォーメック

株式会社CAMPFIRE Startups(CAMPFIREグループ 本社:東京都渋谷区 / 代表取締役:出縄 良人 / 以下、当社 )の運営する、株式投資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Angels(キャンプファイヤー エンジェルス)」。第18号案件として、国内有病者数100万人の心房細動を根治し、ノックアウト型脳梗塞を防ぐ「株式会社フォーメック」の情報を公開いたしました。

 

 
  • 第18号案件として、国内有病者数100万人の心房細動を根治し、ノックアウト型脳梗塞を防ぐ「株式会社フォーメック」

「CAMPFIRE Angels」は、非上場会社がサイト上で自社株の株主募集を行うことで、多くの個人投資家(エンジェル投資家)から少額ずつ資金調達ができる、株式投資型のクラウドファンディングサービスです。その第18号案件として、「株式会社フォーメック」をサポートいたします。

本日【12月7日(火)20:00】よりプロジェクトの情報を開示し、来週【12月14日(火)20:00】より株主募集を開始いたします。また、【12月13日(月)19:00-20:00】には、代表が語る無料ウェビナーの配信を予定しています。代表から直接、事業内容や今後の展開についてお話をいただく機会となりますので、ぜひご参加ください。    

 

▼プロジェクトに関する詳細はこちら
https://angels.camp-fire.jp/projects/19

▼ウェビナーお申し込みはこちら
https://18th-phomec.peatix.com

 


代表が語る無料ウェビナー
日時:2021年12月13日(月)19:00-20:00
開場:18:55
会場:Zoomウェビナー(お申し込み後にURLを確認頂けます)
参加費:無料
※ウェビナー中の質疑応答はございません。プロジェクトに関する質問は、プロジェクトページにご用意しております専用フォームよりお寄せくださいませ。なお、ご質問の受付は【12月9日(木) 23:59】までとさせて頂きます。
※また当ウェビナーに参加申込頂く際、個人情報の収集は行いません。

登壇:
代表取締役 星野雅彦

中央大学を卒業後、外資系医療器械企業AmericanHospitalSupply社へ入社。レーザー光治療を中心とした最先端の手術用治療技術の開発に従事。1986年(有)フォトンを設立し、自身の特許を用いたレーザー治療の専門技術開発を行う。2001年第1種製造販売業許可を取得し、総括製造販売責任者となる。2017年心臓治療器の先端産業産官学連携事業の開発設計責任者として従事する。2020年7月株式会社フォーメックに社名変更し、開発した心臓外科手術装置の上市化を推進中。

 

▼プロジェクトに関する詳細はこちら
https://angels.camp-fire.jp/projects/19

▼ウェビナーお申し込みはこちら
https://18th-phomec.peatix.com
 
  • 株式会社フォーメックについて
 


不整脈の一種である心房細動は高齢期に増える病で、国内有病者約100万人、全世界では3,300万人にのぼります。心房細動が引き金となって発症するノックアウト型脳梗塞(心原性脳塞栓症)は、ほかのタイプの脳梗塞と比べて致死率が高く要介護に至りやすいとされています。
 



心房細動の従来の治療法には、薬物療法、カテーテルアブレーション治療、メイズ手術がありますが、再発の多さ、技術的な治療限界、体への大きな負担などの様々な問題点が指摘されていました。
 


そこでフォーメック社は、ノックアウト型脳梗塞へとつながる心房細動という病を安全かつ高確率に予防できる方法として、赤外線凝固手術装置「Kyo-Co」を産官学連携で発明しました。
 


「Kyo-Co」は組織の外から赤外線を照射し、その組織構造を破壊せずに10mmを超える深層部まで面積や深さを自在に管理。手術時間は約1.5時間程度で済む、画期的な治療法です。「Kyo-Co」を用いる治療では、脇の下に少し穴を開けて肋骨の間から棒状の照射装置であるプローブを体内に挿入します。そして、心臓を動かしたままで、メイズ手術と同等のポイントへ心臓の外側(体内)からプローブを当てて赤外線を照射し、接触している部分を凝固させることでメイズ手術と同様の効果を発揮します。

「Kyo-Co」を用いた手術の効果は、動物試験や基礎実験などの安全確認を重ねながら、現在は、杏林大学医学部において倫理委員会管理の下で観察的臨床研究がなされています。その成果は、国内は元より、アメリカ・イタリア・イスラエル等で既に学会発表されています。

赤外線を用いて比較的低温(50℃~100℃以下)での精密コントロールを行える「Kyo-Co」を用いた手術の結果として得られる効能的な特長は無出血性、機能温存性、再発防止性の3点です。

この「Kyo-Co」の特異的な効果を活かし、感染性心内膜炎、心臓腫瘍の再発防止治療などの心臓血管外科を中心とする広い外科領域、粘膜の外来治療、動物治療などの領域において横展開を図る予定です。
 


国内の消耗品のプローブ(挿入器)だけで100億円程度、全世界では1,400億円程度と推定される市場規模に広く展開すべく、日本及びアメリカでは自社販売、その他の国・地域は柔軟な事業対応を行い、高い収益率とスピードを両立し大きな成長を目指します。

2029年度には約49億円の売上を計画、長期的には1,000億円の売上を目指すフォーメック社。心房細動という病を安全かつ高確率に予防できる新しい治療法を広める挑戦をぜひ応援ください。
 
  • CAMPFIRE Angelsへの投資家登録は無料。エンジェル投資家募集中

応募申込には事前のご登録が必要となりますので、投資家登録がお済みでない方は、お早めにご登録・審査をお済ませください。まだ投資家登録がお済みでない方は、以下よりご登録頂けます。    

 

▼投資家本登録はこちら
https://angels.camp-fire.jp/investors/sign_up

※登録には審査がございます。


また、CAMPFIRE Angelsを利用しての資金調達をご検討中のスタートアップ企業様におかれましては、以下より【無料オンライン面談】をご予約頂けます。経験豊富なプロのキャピタリストがご相談を承りますので、どうぞお気軽にお申し込みください。     

 

▼お申し込みはこちら
https://angels.camp-fire.jp/company

 

 
  • 株式投資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Angels」について

非上場会社の資金調達を実現する株式投資型クラウドファンディングプラットフォーム。登録投資家はプロによる厳正な審査を通過した、将来性豊かな非上場株式に投資することができ、スマホからスタートアップの株主になることができます。
https://angels.camp-fire.jp/
 
  • 株式会社CAMPFIRE Startupsについて

名称:株式会社CAMPFIRE Startups
第一種少額電子募集取扱業者 関東財務局長(金商)第3000号
加入協会:日本証券業協会
契約紛争解決機関:証券・金融商品あっせん相談センター
投資者保護基金:未加入
代表取締役:出縄 良人
所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目22-3 渋谷東口ビル 5F
資本金:1億円
事業内容:第一種少額電子募集取扱業、適格機関投資家等特例業務、コンサルティング事業、教育研修事業
URL:https://campfire-startups.co.jp/
 
※当プレスリリースは、株式投資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Angels」の募集案件に関連する情報を一般に公表するための文書であり、投資勧誘を目的として作成されたものではありません。なお、実際の投資に際しては投資に係るリスクをよくご確認の上のご判断をお願い致します。

※広告等に関する表示事項はこちら
https://angels.camp-fire.jp/terms/ads


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社CAMPFIRE Startups >
  3. CAMPFIRE Angels、第18号案件の情報開示スタート、募集開始は12月14日(火)20:00を予定