アイアンマンとブライトリングが提携、エンデュランス プロ アイアンマン ウォッチを発表

アイアンマンの新しいオフィシャルラグジュアリーウォッチとして、ブライトリングはこの驚異的なスポーツイベントを支えるパワーとスタミナを称え、新しいシリーズの時計を発表します。

ブライトリングとアイアンマンは長期的なパートナーシップを結び、ブライトリングの究極のアスレジャーウォッチ特別シリーズ「エンデュランス プロ アイアンマン」を共同でデザインしました。その結果、高精度、革新的な技術、鮮やかでカラフルなデザインを兼ね備えた、軽量で軽快なラグジュアリースポーツウォッチが誕生しました。発表されたのは、2つのエキサイティングな新モデル。レッドバージョンは、スポーツや時間計測を好む人たち向けでブライトリング ブティックや正規販売店、www.breitling.comで世界的に販売されます。ブラック&ゴールドバージョンは、IRONMAN®レースを完走する方々向けに限定販売。さらに、アイアンマンコミュニティのためのモデルが、今後数ヶ月のうちに追加発表される予定です。
2019年、ブライトリングとアイアンマンは、「ブライトリング スーパーオーシャン アイアンマン リミテッド エディション」を発表し、大成功を収めました。今回、ブライトリングがアイアンマンの新しいオフィシャルラグジュアリーウォッチとなり、この新しいパートナーシップは長期的なコラボレーションの始まりとなりました。

ブライトリングUSA代表のティエリー・プリセールとアイアンマングループ代表でCEOのアンドリュー・メシックにより、このパートナーシップと新作時計の初披露を祝福する特別イベントが、昨夜ビバリーヒルズのブライトリングのブティックで開かれました。出席したスペシャル・ゲストは、アイアンマン殿堂入りを果たした、1997年度アイアンマン世界チャンピオンのヘザー・ファー。アイアンマンのアンバサダーで、ダウン症の人で初めてアイアンマンレースを完走した、クリスニキック。アイアンマン殿堂入りを果たしたボイス・オブ・アイアンマンのマイク・ライリー。そして、プロ・アイアンマン・トライアスリートのベン・ホフマン。彼は新しいウォッチと、最近締結したブライトリングの米国でのローカル・アンバサダーとしてのパートナーシップを祝いました。2007年にプロに転向して以来、ホフマンは数々のアイアンマン、アイアンマン70.3、そして全米選手権で優勝を果たしてきました。

「アイアンマンは、パフォーマンスと持久力という私たちのコアバリューを反映しています。エリートアスリートにとって理想的なウォッチとなるよう、またパフォーマンスとラグジュアリーのコンビネーションを求めるアクティブな方々にとってカジュアルでデイリーなスポーツクロノグラフになるようデザインしました」とブライトリングのジョージ・カーンCEOは述べています。
目を見張らずにはいられないこのウォッチは、アイコニックなアイアンマン トライアスロン シリーズのエネルギッシュで多彩な精神を見事に表現していると、カーンCEOとアイアンマングループのアンドリュー・メシック社長兼CEOは声を揃えます。
「高い評価を受けている優れた時計メーカーとのパートナーシップを継続できることを光栄に思います。2019年の成功裏に終わったコラボレーションの後もブライトリングと提携し、アイアンマン・トライアスロン選手の強さと不屈の精神を体現したこの新しいウォッチを作ることができて嬉しく思っています」とメシックは語ります。


#SQUADONAMISSION
ブライトリングのトライアスロン・スクワッドの3人は、世界各地のアイアンマン・トライアスロン大会で輝かしい功績を収めてきました。ドイツ人トライアスロン選手ヤン・フロデノは、2008年のオリンピック金メダリストであるだけでなく、3度アイアンマン世界チャンピオン、2度IRONMAN 70.3®世界チャンピオンに輝いています。彼は2019年のIRONMAN WorldChampionship®で総合タイムの新記録を達成し、7:51:13で優勝しました。ブライトリングの本拠地であるスイス出身のダニエラ・リフは、IRONMAN 70.3®世界選手権で5回、アイアンマン世界選手権で4回優勝しています。3人目のスクワッドメンバーは、オーストラリア出身のクリス・「マッカ」・マコーマックです。2007年と2010年の2度にわたり、アイアンマン世界選手権で優勝しています。また、2012年ITU長距離世界選手権でも優勝しています。アイアンマン・トライアスロンレースは、水泳2.4マイル(3.8 km)、自転車112マイル(180km)、ランニング26.2マイル(42.2 km)の3種目を1日で競う世界で最も過酷なレースです。

究極のアスレジャー
新作「エンデュランス プロ アイアンマン」コレクションは、アスリートだけでなく、究極のアスレジャーウォッチを求めるラグジュアリーなお客様にもおすすめです。44 mmのケースは、チタンの約1/3、スチールの約1/6の軽さでありながら、非常に高い硬度を持つブライトライト®を使用しています。ブライトリング独自のこのハイテク素材は、傷や摩擦、腐食に対して非常に高い耐性を誇ります。熱安定性、非磁性、低刺激性も有し、メタルよりも温かい触感です。このモデルを駆動させるのは、COSC公認クロノメーターの温度補正機能付きSuperQuartz™ムーブメント、ブライトリング・キャリバー82。通常のクォーツに比べて10倍の精度を持ち、約3~4年の電池寿命を有します。両方向回転ベゼルには方位が刻印されています。リューズは指の感覚だけでそれと認識できるように成型されており、つまみやすく、操作性に優れています。時分針はスーパールミノバ®でコーティングされ、どんな条件下でも時刻をはっきりと読み取ることができます。また、視認性を向上させるデザインとして、スモールセコンドのサブダイヤルのほか、1/10秒および30分のクロノグラフカウンターも配されています。このモデルの防水性は10気圧(100メートル/330フィート)です。

現在2つのバージョン、エンデュランス プロ アイアンマンとエンデュランス プロ アイアンマン フィニッシャーがあります。エンデュランス プロ アイアンマンは、レッドのダイヤル、ブラックのインナーベゼル、パルスメーター目盛りが特徴です。このウォッチは、レッドのラバーストラップ、ブライトライト®製ダブル穴留め式バックルの組み合わせです。ブライトリングの刻印ではなく、ユニークなアイアンマンの刻印が施されています。エンデュランス プロ アイアンマン フィニッシャーは、ブラックにゴールドのアクセント。アイアンマンを完走したアスリート向けです。このバージョンは、アイアンマンのチャネルのみで販売されます。ケースバックにはアイアンマン フィニッシャー シリーズの特別な刻印が施されています。

オリジナルのエンデュランス プロは、1970年代に発売されたカラフルで驚くほど軽量のブライトリング スプリントからインスピレーションを得ています。パルスメーターを搭載していたため、心拍数を計測したいアスリートに最適でした。

エンデュランス プロ アイアンマン コレクションの続報は、ウェブサイトやニュースレターでお届けします。
アイアンマンブランドとグローバルイベントシリーズの詳細については、www.ironman.comをご覧ください。メディア関連のお問い合わせは、press@ironman.comまでお願いします。


ブライトリング
1884年以降、ブライトリングは、高精度のタイムピース、腕時計クロノグラフの開発をリードする役割、その卓越したデザインへの妥協のない取組みにおいて、国際的に高い評価を得たブランドとしての地位を確立してきました。航空界との密接な関係を古くから保ちながら、ブライトリングは人類が大空を自在に行き交うようになるその中で、素晴らしい時間を分かち合ってきました。革新の精神で知られるブライトリングはまた、科学、スポーツ、テクノロジー等の分野においても特別な地位を獲得しています。ムーブメントは自社製造。そして、どのウォッチにおいても(すべてのブライトリングウォッチのムーブメントのように)「スイス製、COSC認定クロノメーター」というステータスを通じて、その品質が保証されています。

アイアンマングループについて
アイアンマングループは、グローバルなイベントのポートフォリオを運営しています。そこには、IRONMAN®トライアスロンシリーズ、IRONMAN®70.3®トライアスロンシリーズ、IRONMAN® Virtual Racing™ (VR™) シリーズ、5150™ トライアスロンシリーズ、Rock'n' Roll®ランニングシリーズ、Rock 'n' Roll Virtual Running™シリーズ、IRONKIDS®、世界トライアスロン選手権シリーズ、スタンダード・チャータード・シンガポール・マラソン™、The Sun-Herald City2Surf®などのプレミアランニングイベント、Tarawera UltraやUltra-Trail Australia™などのUltra-Trail®ワールドツアーイベント、Absa Cape Epic®などのマウンテンバイクレース、ロードサイクリングイベント、その他のマルチスポーツレースなどが含まれています。アイアンマングループは、一般参加スポーツを運営する世界最大の企業です。年間100万人以上の参加者に、同社が提供する膨大なサービスを通じてエンデュランススポーツの素晴らしさを提供しています。1978年にアイコン的存在となるIRONMAN®ブランドが誕生し、第1回大会が開催されて以来、アスリートたちは世界中のゴールラインを越えることで、ANYTHING IS POSSIBLE®(不可能はない)を証明してきました。一つのレースとして始まりましたが、アイアンマングループは、55か国以上で数百件の大会を開催し、世界的に広く知られるようになりました。アイアンマングループは、家族経営の民間企業であるアドバンスが所有しています。詳細についてはwww.ironman.comをご覧ください。

アドバンスについて
アドバンスは、メディア、エンターテインメント、テクノロジー、通信、教育、その他有望な成長分野の企業を所有し、投資を行っている家族経営の民間企業です。私たちのミッションは、成長とイノベーションを促進することで、長期的に企業の価値を高めることです。アドバンスのポートフォリオには、Condé Nast、Advance Local、StageEnter tainment、アイアンマングループ、American City Business Journals、Leaders Group、Turnitin、1010data、Popなどが含まれています。これらの事業会社を合わせると、29カ国で17,000人以上の従業員を擁しています。アドバンスは、Charter Communications、Discovery、Redditの筆頭株主でもあります。詳細についてはwww.advance.comをご覧ください。

 
  1. プレスリリース >
  2. ブライトリング・ジャパン株式会社 >
  3. アイアンマンとブライトリングが提携、エンデュランス プロ アイアンマン ウォッチを発表