ミーチュー株式会社がJR東日本スタートアップ、個人4名から約7,000万円の資金調達を実施。調達総額2.4億円に。

ミーチュー株式会社とJR東日本スタートアップ株式会社が資本業務提携に合意

 クリエイターエコノミープラットフォーム「Mechu」を運営するミーチュー株式会社(本社:福島県郡山市、代表取締役:小泉拓学)と、JR東日本の子会社でベンチャーへの出資や協業を推進するCVCのJR東日本スタートアップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:柴田裕)は、撮り鉄コミュニティをはじめとした多種多様なジャンルのファンの方々に向けたファンコミュニティの展開にむけて、資本業務提携することを合意しました。合わせてJR東日本スタートアップ株式会社および個人4名から合計約7000万円の資金調達を実施しました。


 クリエイターエコノミープラットフォーム「Mechu」を運営するミーチュー株式会社(本社:福島県郡山市、代表取締役:小泉拓学)は、JR東日本の子会社でベンチャーへの出資や協業を推進するCVCのJR東日本スタートアップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:柴田裕)と資本業務提携することにあわせて個人投資家4名から支援いただき、プレシリーズBラウンドとしておよそ7,000万円の資金調達を実施しました。

▼資金調達の目的
 クリエイターエコノミープラットフォーム「Mechu」の機能の拡充、オリジナルコンテンツの制作、マーケティングを積極的に推し進めます。

 Mechu https://mechu.chat/
 「好き」がそのまま届けば、「創る」はつづく。をステートメントに掲げ、誰でも無料でファンコミュニティを作ることができるプラットフォーム。ソーシャルログインをワンクリックするだけで、自動的に月額課金制のコミュニティルームが作成されます。WEBサービスなのでAppleやGoogleの決済手数料がかかることなく、支援金額がルームオーナーのもとに届けられる仕組みです。
ユーザー数 43,206人 (2022年9月30日現在)


JR東日本との協業と今後について
 2021年11月より、撮り鉄のみなさまに向けた情報発信や社員との活発なコミュニケーション、限定企画の開催などを目的とした「撮り鉄コミュニティ」を開始しております。撮り鉄コミュニティでは今までのアウトプットエコノミー型からプロセスエコノミー型のビジネスモデルへの転換を目指すべく、実際にファンの方々と近い距離でのニーズヒアリングやコミュニケーションを取らせていただくことで、今までは認識できていなかったニーズや鉄道写真に対する熱い想いなどを知ることができ、それらを具体的な企画に活かしています。

今後は、撮り鉄に限らない鉄道ファン全般、また、鉄道に限らず地域のファンや駅のファンなど、さまざまなジャンルのファンの方々とファンコミュニティを通じて、地域の活性化やお客さま満足度の向上を目指していきます。


ミーチュー株式会社は、サービス手数料を0%にすることで、ファンの支援が直接コミュニティオーナーに渡るクリエイターエコノミープラットフォーム「Mechu(ミーチュー)」を提供するスタートアップです。
所在地: 福島県郡山市島二丁目43番12号
代表者: 代表取締役 小泉 拓学
設立日: 2014年2月3日
HP    https://mechu.info/

10月29日(土)10時より株式投資型クラウドファンデイングを開始します。
https://fundinno.com/projects/428
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ミーチュー株式会社 >
  3. ミーチュー株式会社がJR東日本スタートアップ、個人4名から約7,000万円の資金調達を実施。調達総額2.4億円に。