AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」知的財産関連契約書 レビュー対応類型を拡充

~累計10類型の知的財産関連契約書に対応~

株式会社LegalForce(本社:東京都江東区 代表取締役:角田望、以下LegalForce)が提供するAI契約審査プラットフォーム「LegalForce」において、知的財産に関連する契約書のレビュー対応類型を拡充いたしましたのでお知らせいたします。

 
  • 知的財産関連契約書のレビュー対応類型拡充について
LegalForceでは、国際競争力の強化、知的財産権侵害案件の増加といった昨今の知的財産権の重要性の高まりを背景に、知的財産部門を有する大企業のお客さまや知的財産を日常的・積極的に取り扱われているお客さまからのご要望を踏まえ、知的財産に関連する契約書のレビュー対応類型を拡充させています。6月現在で累計10類型のレビュー対応類型をご用意しています。

また、6月中には著作物ライセンス契約、7月以降キャラクター商品化許諾契約、商標ライセンス契約の追加を予定しており、今後も対応類型の充実に努めてまります。
 
  • 知的財産関連契約書のレビュー対応類型一覧
AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」では以下の知的財産関連契約書のレビューに対応しています。
 ●共同研究開発契約(対 大学・研究機関)
 ●共同研究開発契約(対 企業)
 ●共同出願契約
 ●特許ライセンス契約
 ●ソフトウェアライセンス契約
 ●クラウドサービス利用規約
 ●キャラクターライセンス契約
 ●ソフトウェア開発委託契約
 ●英文共同研究開発契約(対 企業)
 ●英文ソフトウェアライセンス契約
 
■ AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」とは
「LegalForce」はAIによる契約書の「自動レビュー」機能を始め、条文検索、契約書ひな形・書式集などを提供する他、契約書作成に関わるデータを蓄積できるため「ナレッジシェア」にも有効など、契約書業務の品質向上と効率化を同時に実現します。
2019年4月に正式版を提供開始して以来、約2年間で800社を超える企業・法律事務所に有償契約にてご利用いただいています。

■ 株式会社LegalForceについて
株式会社LegalForceは、2017年に大手法律事務所出身の弁護士2名によって創業されました。独自のAI技術と弁護士の法務知見を組み合わせ、企業法務の質の向上、効率化を実現するソフトウェアの開発・提供しています。京都大学との共同研究をはじめ、学術領域へも貢献しています。2019年4月に正式版サービスを提供開始したAI契約審査プラットフォーム「LegalForce」、2021年1月よりAI契約書管理システム「LegalForceキャビネ」の正式版を提供しています。 

【株式会社LegalForce】(URL:https://legalforce-cloud.com
会社名:株式会社LegalForce
所在地:〒135-0061 東京都江東区豊洲3-2-20 豊洲フロント6階
代表者:代表取締役CEO角田 望
事業内容:法律業務に関するソフトウェアの研究・開発・運営・保守
資本金等:41.9億円(資本準備金等含)(2021年2月現在)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社LegalForce >
  3. AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」知的財産関連契約書 レビュー対応類型を拡充