みちのくコカ・コーラボトリング、ユニバースとの共同企画「奥羽山脈の水源を守ろう」キャンペーンの売り上げの一部を地元の水資源保護活動へ寄付

豊沢川土地改良区へ寄付金の目録を贈呈

みちのくコカ・コーラボトリング株式会社(本社: 岩手県盛岡市、代表取締役社長: 谷村 広和、以下「当社」)は、株式会社ユニバース(本部: 青森県八戸市、代表取締役CEO: 三浦 紘一)、豊沢川土地改良区(所在地: 岩手県花巻市、理事長: 久保田 泰輝)と協働し、「奥羽山脈の水源を守ろう」キャンペーンを実施し、12月8日(木)に寄付金贈呈式を開催いたしました。


このキャンペーンは、2022年10月3日(月)から11月30日(水)までの期間、ユニバース57店舗において展開し、期間中の対象製品1本ご購入につき2円が豊沢川土地改良区へ寄付され、「い・ろ・は・す」の水源を守るための環境保全活動などに役立てられるものです。このたびの対象製品は「い・ろ・は・す」、「綾鷹」、「爽健美茶」の3ブランド9品目とし、売上本数は251,249本、寄付金額は502,498円となりました。なお、2018年から開始したこの取り組みによる寄付金の総額は、このたびのものを含め2,098,734円となります。

■ 「奥羽山脈の水源を守ろう」キャンペーン概要
【実施期間】 2022年10月3日(月)~11月30日(水)
【実施店舗】 ユニバース57店舗
【活用用途】 「い・ろ・は・す」の水源を守るための環境保全活動


■ 寄付金贈呈式概要
【日時】 2022年12月8日(木)  11:00~
【場所】 当社 本社 会議室
【出席者】豊沢川土地改良区 理事長  久保田 泰輝 様、株式会社ユニバース 取締役商品本部副本部長兼第二商品部長  細越 幸司 様、当社 代表取締役社長  谷村 広和


株式会社ユニバース 取締役商品本部副本部長兼第二商品部長  細越 幸司 様 コメント
「このたびの寄付金が、豊沢ダム周辺や豊沢川流域にの、地域の貴重な財産である水源の保護に少しでもお役に立てれば幸いでございます。今後も地域に貢献できる企業として、私たちにできることを地道に、着実に実践してまいりたいと考えております。」


当社 代表取締役社長  谷村 広和 コメント
「当社が販売しているコカ・コーラ社製品は、花巻市にある当社工場にて製造しており、製品を作る上で何よりも大事なものが『水』です。その大切な水源を守る活動を、豊沢川土地改良区様のご協力を得ながら取り組んでおります。また、ユニバース様におかれましても、リサイクル素材を使用した商品や、環境にやさしい原材料を使用した商品を販売するなど、様々な環境負荷低減に取り組んでおられます。今後も、より良い地域づくりに向けて協働しながら、お互いの企業価値を高めるパートナーとして、継続した取り組みをさせていただければと思っております。」


豊沢川土地改良区 理事長  久保田 泰輝 様 コメント
「日本国内でも異常気象がもたらす災害が多くなっており、自然の恵みである水を守るためには、地道な自然保護活動が何よりも大切だと考えております。これからもみなさまと協力して環境保全活動に取り組みながら、豊かな水や森に囲まれた地域が永続できるよう、引き続き活動してまいります。」



みちのくコカ・コーラボトリングについて

みちのくコカ・コーラボトリング株式会社は、青森県・岩手県・秋田県を事業エリアとしてコカ・コーラ社製品を製造・販売しております。ライフスタイルをより充実させる清涼飲料をお届けするだけでなく、生活に密着したさまざまなビジネスを展開し、地域のみなさまの"前向き"で"ハッピー"なライフスタイルに寄り添う企業を目指しております。コカ・コーラシステムの一員でありながら、北東北を拠点に事業を展開する地元企業としての責任を果たし、前向きな変化と社会的価値を生み出しながら、持続的に地域社会の発展に貢献するための取り組みを行っております。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. みちのくコカ・コーラボトリング株式会社 >
  3. みちのくコカ・コーラボトリング、ユニバースとの共同企画「奥羽山脈の水源を守ろう」キャンペーンの売り上げの一部を地元の水資源保護活動へ寄付