トライバルメディアハウス、Instagramからのファン発掘・関係構築・施策実行までを一貫して行う「Fan Discovery」サービスの提供を開始

マーケティングデザインカンパニーのトライバルメディアハウス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:池田紀行、以下「トライバル」)は、このたびブランドに対するファンの発見から関係構築、施策実行まで一貫して支援を行うサービス 「Fan Discovery」 の提供を開始いたしました。


サービス提供の背景
近年、消費者同士のSNS上のコミュニケーションによって、ブランドの輪郭が形づくられるようになってきています。例えば、SNS上ではハッシュタグとして可視化され、「#商品名」だけではなく「#商品名+○○」と言ったような形で表現の多様化が進んでいます。つまり、SNS上のコンテンツはこれまで「WHO(誰が言ったか)」もしくは「WHAT(何を言ったか)」が重要とされる世界でしたが、身の回りのモノやコトをどのように楽しんでいるのか、「HOW(どんな文脈で)」の表現が重要になってきていると言えます。

 Instagramは2017年に国内ユーザー数が2,000万人を突破したといわれており、ますます規模の拡大が予想されるとともに、2017年12月には新機能としてハッシュタグフォロー機能が追加されたことで、より趣味嗜好でのつながり合いが強いSNSとなり、ブランドのファンの発掘と文脈価値を探索するプラットフォームとしての期待も高まりつつあります。

こうした状況を踏まえ、トライバルではInstagramやその他SNSに投稿されたコンテンツをソーシャルリスニングによって分析し、SNS上のハッシュタグを起点にブランドを熱狂的に支持する顧客(ファン)ならびにファンが持つ文脈価値を発見することで、企業やブランドの課題にあわせたサービスの提供を行ってまいります。

 
サービスフローと価格
以下①~③を通して、ファンを発見し、関係構築、施策実行までワンストップで支援いたします。
---------------------------------------
①ファンディスカバリーサービス
ソーシャルリスニングに精通したスタッフが、専用ツールを用いてInstagram上で企業やブランドのファンを探索し、企業やブランドとファンがどのような文脈で消費・使用されているのか、対話されているのかをリサーチします。
※ブランドの特性等に合わせて、Instagram以外のソーシャルメディアを用いる場合もあります。

②リレーション&リクルーティングサービス
①のリサーチ結果をもとに、企業やブランドのファンリストを生成。コラボレーション協力の相談を行うための関係構築・対話を実施し、リクルーティングを行います。

③コラボレーションサービス
②の活動をもとに、ファンのさらなる文脈理解を目的としたインタビューや、文脈価値を踏まえたコンテンツ共同開発、企業やブランドをもっと好きになってもらうミートアップイベントなどを通して、ファンとのコラボレーションを実現し、価値共創を実現するための施策を実施します。
 

※Instagramの名称とロゴはInstagramの商標です。


-------------------------------------
会社概要
トライバルメディアハウスは、「人類にオドロキと感動を! 人生にもっと熱狂を!!」をミッションに掲げ、顧客を熱狂させる全くあたらしいマーケティングを創造するマーケティングデザインカンパニーです。
従来の手法にとらわれないストラテジーと斬新なアイデア、それを実現するためのテクノロジーで、企業のマーケティングとユーザー体験に変革をもたらします。

社名:株式会社トライバルメディアハウス
本社所在地:東京都中央区銀座2-15-2 東急銀座二丁目ビル
代表取締役社長:池田紀行
事業内容:デジタルマーケティング事業
http://www.tribalmedia.co.jp/
-------------------------------------
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社トライバルメディアハウス >
  3. トライバルメディアハウス、Instagramからのファン発掘・関係構築・施策実行までを一貫して行う「Fan Discovery」サービスの提供を開始