paizaが大阪府の「OSAKA求職者支援コンソーシアム」に参画。エンジニア向けの転職・就職支援特設ページを開設

特設ページに掲載された求人から条件を満たす応募者を採用した事業主に支援金を支給

ITエンジニア向け国内最大の転職・就職・学習プラットフォーム「paiza(パイザ)」を運営するpaiza株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 片山良平)は、大阪府が実施する「民間人材サービス会社と連携した緊急雇用対策事業」により設立された「OSAKA求職者支援コンソーシアム」に参画しましたのでお知らせいたします。
当社の運営するエンジニア向け転職サイト「paiza転職」、および未経験・若手向けのエンジニア転職サイト「EN:TRY」にて特設ページおよび求人特集を設置し、コロナ禍の中で就職・転職を希望する方々を支援いたします。


■当社の取り組みについて
以下の通り、特設ページ、および専用の求人特集を設置いたします。これらのページに掲載された求人から、大阪府在住の応募者を採用した事業主には、大阪府より雇用促進支援金が支給されます。

・特設ページ
https://paiza.jp/pages/careers/osaka

・paiza転職「大阪府×paiza 求職者応援特集」
https://paiza.jp/career/job_offers/topics/osaka2021

・EN:TRY「大阪府×paiza 求職者応援特集」
https://paiza.jp/en_try/job_offers/topics/osaka2021

■OSAKA求職者支援コンソーシアムについて
新型コロナウイルス感染症の感染拡大により府内の雇用情勢が悪化している状況において、大阪府と民間人材サービス事業者が協働して求職者支援を実施することにより、事業主の採用意欲を高め、求職者の早期就職と職場定着を実現することを目的に設置されたものです。

大阪府緊急雇用対策特設ホームページ
https://www.pref.osaka.lg.jp/koyotaisaku/koyoutaisaku_tokuset/

■paizaについて
paizaは国内最大のITエンジニア向け転職・就職・学習プラットフォームです。最大の特徴は、独自のプログラミングスキル評価テスト「paizaスキルチェック」を提供していることです。登録者は「paizaランク」を取得することで、自身のスキルを客観的に証明することができ、企業と適切なマッチングを図ることができます。2021年6月現在、paizaの登録者数は43万人。2000社を超える企業が採用に利用しています。「paizaスキルチェック」の総受験回数は、1200万回以上(2021年6月現在)に達しています。

「paiza転職」は、ITエンジニアの“スキルを可視化“し、実力重視で企業とマッチングするITエンジニア向け転職サービスです。そのほか、学生向け就職サービス「paiza新卒」、未経験、若手エンジニア向け転職サービス「EN:TRY」、および転職・就職直結型のプログラミング学習サービス「paizaラーニング」を展開。現役エンジニアの転職はもちろん、「paizaラーニング」で学んだ後に「スキルを可視化」して転職、就職する例も多数生まれています。(URL:https://paiza.jp)

■会社概要
・社名:        paiza株式会社
・代表者:        代表取締役社長 片山 良平(かたやま りょうへい)
・資本金:       350,603千円(資本剰余金含む)
・設立:          2012年2月13日
・許認可:        有料職業紹介事業許可13-ユ-305439
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. paiza >
  3. paizaが大阪府の「OSAKA求職者支援コンソーシアム」に参画。エンジニア向けの転職・就職支援特設ページを開設