CData Drivers for Amazon Marketplace のマーケットプレイスアプリストアでの提供を開始

~Amazon 出品企業による出品データのBI、ETL、アプリ連携が可能に~

2021年1月26日、リアルタイムSaaS データ連携ドライバーのリーディングプロバイダーであるCData Software(本社:アメリカノースカロライナ州、日本オフィス:宮城県仙台市、代表社員 職務執行者 疋田 圭介、以下CData)は、Amazon への出品企業がMarketplace 上のデータを簡単に連携できるCData Drivers for Amazon Marketplace のマーケットプレイスアプリストアでの提供を開始しました。


CData Drivers for Amazon Marketplace(https://www.cdata.com/jp/drivers/amazonmarketplace/)は、Amazon 店舗情報データをBI、ETL、カスタムプリからシームレスに連携できる高機能ドライバーです。これまでAmazon Marketplace Drivers は、Amazon Marketplace 向けの連携アプリをサードパーティとして開発するプロフェッショナルだけが使える製品でした。しかし、自社システムとAmazon 店舗を連携したい、店舗売上などのデータをBI ツールで分析したいというニーズは、出品企業に存在しています。今回、CData Drivers for Amazon Marketplace は、Amazon マーケットプレイスアプリストアでの認証利用が可能になり、アカウント規模にかかわらずすべてのAmazon 出店企業がドライバーを使って各種BI、ETL、カスタムアプリケーションからAmazon 店舗データに連携可能になりました。

<CData Drivers for Amazon Marketplace 機能>

  • Amazon Marketplace の商品、受注、在庫、出荷などの情報へのアクセス
  • 使い慣れたSQL-92 でのデータ連携
  • Marketplace Appstore 認証を使い、開発者ID の取得が不要に
  • ODBC、JDBC、ADO .NET、Python などのデータドライバー
  • Excel、SSIS、PowerBI、BizTalk などのカスタムコネクタとDB へのSync アプリ
  • 各種BI(PowerBI、Tableau、Qlik etc.)、ETL(ASTERIA Warp、DataSpider、Informatica etc.)、開発ツールでのシームレスな統合利用、各種DB やDWH(BigQuery、Redshift、Snowflake etc.)へのレプリケーションに対応

<製品の取得方法と設定方法>
CData Drivers for Amazon Marketplace のAppstore 認証での利用方法は以下の3ステップです:
  1. CData Drivers for Amazon Marketplace をCData ウェブサイトからインストールします。
  2. Amazon マーケットプレイスアプリストアで認証を行います。認証後MWS 認証トークンが発行されます。https://sellercentral.amazon.co.jp/apps/store/dp/amzn1.sellerapps.app.1d18ebe7-facd-435a-95ab-61b89872ae94
  3. 出品者ID と取得したMWS 認証トークンを使ってCData Drivers でAmazon Marketplace データを自在に使えます。


​<ドライバーの利用例とツールからの接続記事>

● Power BI でAmazon 店舗の売上や在庫情報をビジュアライズ
  (https://www.cdata.com/jp/kb/tech/amazonmarketplace-powerbi-gateway.rst
● Amazon、Yahoo ショッピング、Shopify、Wowma など複数のEC プラットフォームのデータを統合して、Tableau で分析
  (https://www.cdata.com/jp/kb/tech/amazonmarketplace-odbc-tableau.rst
● ASTERIA Warp で商品データを基幹システムからAmazon に出展するフローを実装
  (https://www.cdata.com/jp/kb/tech/amazonmarketplace-jdbc-asteria.rst
● CData Sync で、Amazon 店舗の受注データをGoogle BigQuery にレプリケーション
  (https://www.cdata.com/jp/kb/tech/amazonmarketplace-sync-bigquery.rst
● IntelliJ IDEA などのIDE からJDBC Driver を使って社内の基幹Java アプリとAmazon 店舗を連携
  (https://www.cdata.com/jp/kb/tech/amazonmarketplace-jdbc-intellij.rst

<CData Software について>
CData Software, Inc. は、See the World as a Database をミッションに、データ接続および連携ソリューションを提供しています。ドライバーとデータ接続テクノロジーの開発に特化し、お客様のオンプレミスおよびクラウドアプリケーション、データベース、Web API へのリアルタイム接続を実現いたします。CData 製品は、世界中の大手企業、中小企業、政府機関、教育機関のデータ統合ソリューションにて利用されています。

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

<本件に関するお問い合わせ先>
CData Software Japan 合同会社 マーケティング 兵藤
E-mail: press@cdata.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. CData >
  3. CData Drivers for Amazon Marketplace のマーケットプレイスアプリストアでの提供を開始