灯りを消すことで、“地球とつながる” これまでにない体験型「EATH HOUR 2020」特設ウェブサイト 本日公開

世界188の国と地域が参加する世界最大級の環境アクション「EARTH HOUR 2020」

公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(東京都港区 会長:末吉竹二郎、以下WWFジャパン)は、2020年3月28日(土)20:30~21:30に開催する世界各地を消灯のリレーでつなぐ世界最大級の環境アクション「EARTH HOUR(アースアワー)2020」特設サイトを本日より公開しました。

この特設サイトにアクセスすると、突如「明かりを消してご覧ください」示されますが、灯りを消して辺りを暗くすることで、トラやホッキョクグマなど希少な野生動物が浮き上がり、「地球とつながる」ことのできる体験型ウェブサイトです。

“地球とつながる”EARTH HOUR2020 特設サイト
https://www.wwf.or.jp/campaign/earthhour/

※1:推奨環境(SP Android/Chrome, PC Windows10/Chrome MasOS最新/Chrome)

スマートフォンの画面輝度を自動調整する環境光センサーの機能を活かし※1、周囲の灯りを消すことで、スマートフォンのセンサーが感知し、自然と画面が遷移します。消灯をして周囲を暗闇にすることで、本来の地球の明るさ(自然環境に近い状態)になり、サウンドとともに野生動物が現れ、視覚と聴覚で自然を感じてもらいながら「地球とつながる」ことのできる体験をお届けします。このサイトで表示される野生動物は、トラ、ホッキョクグマ、ウミガメの3種類で、それぞれの野生動物が直面している現状の危機についてもお伝えします。

[テキスト ボックス: (スマートフォン画面イメージ。左:サイトアクセス時、右:消灯時)] また、本サイトでは、「EARTH HOUR」の2020年3月28日(土)20:30~21:30に消灯することを宣言するボタンがあり、賛同いただいた方が意思表示をすることで、環境アクションを促します。

EARTH HOUR関連イベントや企画、消灯参加施設の詳細な情報等も、特設ページにて随時発表してまいります。

 

■「“地球とつながる”EARTH HOUR 2020特設サイト」概要

①環境光センサーを活用した仕様
推奨環境(SP Android/Chrome, PC Windows10/Chrome MasOS最新/Chrome)で、環境光センサーをONにしていただき(※設定が必要になります)ご利用いただけます。ブラウザのバージョンその他の理由で環境光センサーが有効にならない場合は暗順応モード(目のアイコンをタップ)でお楽しみいただけます。

②野生動物の現状の紹介
暗闇の中に浮かび上がった野生動物の息づかいを感じがら、あまり知られていない野生動物の現状を分かり易い数字で伝えます。

③EARTH HOURに向けた消灯宣言ボタン
スイッチの形をした消灯宣言ボタンをOFFにすることで意思表明を行い、環境アクションを促します。


■「EARTH HOUR 2020」実施概要(2020年2月4日現在)
主催:公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)
後援:環境省、消費者庁、東京都環境局、墨田区、渋谷区、J-WAVE(81.3FM)
特別協賛:日産自動車株式会社、パナソニック株式会社、ソニー株式会社、株式会社島津製作所
協賛:キリンホールディングス株式会社、エイチ・アンド・エム ヘネス・アンド・マウリッツ・ジャパン株式会社、西武造園株式会社
協力:東京スカイツリータウン®、㈱ジュピターテレコム、㈱ジェイコム東京、ナショナル ジオグラフィック、株式会社レイ、カメイ・プロアクト株式会社
EARTH HOURサポーターズ:井田寛子、鎌田安里紗、キッズライン♡KidsLine(Hapiton!)、さかなクン、さわのめぐみ、サンフレッチェ広島、シャンシャン&シンシン&リーリー、ソラカラちゃん※、堀潤、前田智子、油井亀美也(JAXA宇宙飛行士)、横浜F・マリノス ※東京スカイツリー®公式キャラクター

■EARTH HOUR(アースアワー)とは
世界中の人びとが同じ日・同じ時刻に消灯することで、地球温暖化防止と環境保全の意志を示す、世界最大級の環境アクションです。2007年にWWFオーストラリアで始まり、日本では、2010年からWWFジャパンが主体となり開催しています。2018年には過去最多となる全世界で188の国と地域が参加しました。毎年3月の最終土曜日の現地時間20:30を迎えた地域から順次消灯を行い、日付変更線に近い南太平洋諸国から地球を1周する消灯リレーを行います。

■WWF(Worldwide Fund for Nature)とは
1961年にスイスで設立された地球環境保全団体です。人と自然が調和して生きられる未来を築くため、現在100カ国以上で、希少な野生生物の保護や、森や海などの自然環境の保全、自然資源の持続可能な利用、地球温暖化の防止などを目指したプロジェクトを展開しています。【WWFジャパンウェブサイト】 https://www.wwf.or.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. WWFジャパン >
  3. 灯りを消すことで、“地球とつながる” これまでにない体験型「EATH HOUR 2020」特設ウェブサイト 本日公開