吹石一恵さん主演かっぱ寿司CMシリーズ第3弾「やる、しかない。勝負がつお篇」が公開。女漁師とかっぱ寿司社員、どちらも本気の勝負へ。 2017年10月3日(火)より放送開始

吹石一恵さん主演かっぱ寿司CMシリーズ第3弾
「やる、しかない。勝負がつお篇」が公開。
女漁師とかっぱ寿司社員、どちらも本気の勝負へ。
 2017年10月3日(火)より放送開始
特設サイト:http://www.kappasushi.jp/CM/
コロワイドグループのカッパ・クリエイト株式会社(本社:横浜市西区・代表取締役社長 大野健一)では2017年10月3日(火)より吹石一恵さんを女漁師のキャラクターにしたかっぱ寿司新CM「やる、しかない。」シリーズの第3弾「やる、しかない。勝負がつお篇」を放送いたします。


■CMストーリー
シリーズ第3弾「やる、しかない。勝負がつお篇」
人生、崖っぷちの彼女と会社の社運をかけ極上の魚を、持ち帰らなければならない崖っぷちのかっぱ社員の物語。
第3弾の「やる、しかない。勝負かつお篇」は、前回「伝説の漁師」(柄本明さん)に「本気っていうのは言葉では伝わらない。と言われたかっぱ寿司の社員「かっぱ」(岡山天音さん)が、自分の本気を理解してほしい。と「伝説の漁師」の元を何度も訪れる。しかし、まだ冷たい態度を取られる。そんな二人の様子を見ていた女漁師になりたての娘(吹石一恵さん)は、その「かっぱ」の熱意の真意を聞く。「昔は日本一だったんです。勝負なんです。」という彼の言葉を受け、都会から戻った自分と重ね合わせながら「崖っぷちだ」と一言。「もう一度日本一に。」との未来を見据えた彼の一言に、女漁師は「諦め悪い人って結構好きかも」と。「かっぱ」は自分のことが好きなのかと勘違い。女漁師も照れながら「うちの父がね」と照れながら一言。そんな二人の噂話に「伝説の漁師」がくしゃみをする。崖っぷちの二人はこれからどうなっていくのか、次のストーリーが気になる作品です。

■CM制作の背景とこれまでのストーリー
かっぱ寿司全店(348店舗2017年10月1日現在)では、お客さまにご満足いただけるように、より品質の高い商品をご提供するために、素材や作り方も見直しを図り、顧客満足度の向上を目指しております。今回のCMでは、漁師も認める「品質」を提供する「本気」の寿司づくりを宣言するとともに、今後の女漁師の成長とかっぱ寿司社員の成長を通して、かっぱ寿司の変化を感じていただきたい。と考えております。

■CM「やる、しかない。勝負がつお」篇(30秒)
2017年10月3日(火)よりテレビでオンエア開始。


■CM「やる、しかない。勝負がつお」篇(15秒)
2017年10月3日(火)よりテレビでオンエア開始。


■登場人物
私・女漁師(吹石一恵)

港町うまれ。大学進学とともに上京。
特にやりたいことがあったわけではないが、まわりに流されるように会社に就職。
転職を2回したが、どの仕事もパッとせず、30代半ばに。
彼氏ナシ。独身。あてもなく会社を辞め、人生、崖っぷち。

吹石一恵(ふきいし・かづえ)
1982年、奈良県出身。‘97年「ときめきメモリアル」のヒロイン役で映画デビュー。2001年「あしたはきっと・・・」から2014年「六月燈の三姉妹」まで主演映画7作品を含む34作品に出演。2006年富川国際ファンタスティック映画祭にて主演女優賞を受賞(作品:紀子の食卓)。他、3つの映画賞を受賞。ドラマも1997年の「ラブジェネレーション」(CX)から2015年「アイムホーム」(EX)の8話ゲスト出演まで、主演を含む多数の作品に出演。


父・伝説の漁師(柄本明)

高卒でずっと漁師。「伝説の漁師」と呼ばれている。
寡黙であるが、勘、度胸、体力、どれも一流。
何より、釣ってくる魚のクオリティが一流。
若い頃に妻を亡くし、男手ひとつで娘を育てた。
今でも都会で暮らす娘をいつも気にかけている。

柄本明(えもと・あきら)
1948年、東京都出身。1976年劇団東京乾電池を結成。座長を務める。1998年「カンゾー先生」にて第22回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞、2010年には「悪人」で第 34 回日本アカデミー賞優秀助演 男優賞を受賞した。以降映画賞をさまざま受賞。映画のみならず、舞台 やテレビドラマにも多数出演し、2011年には紫綬褒章を受章した。2015年には第41回放送文化基金賞 番組部門『演技賞』受賞。今年は NHK「精霊の守り人」などに出演。


かっぱ(岡山天音)

かっぱ寿司商品部。入社2年目の若手社員。
お調子もののところもあるが、根はアツい。
「すごい魚を見つけるまで会社に戻ってくるな!」と上司に言われ、
あてもなく全国を飛び回るが、本当にすごい魚になかなか出会えなかった。
あきらめかけていたとき、
「伝説の漁師」の噂を聞きつけ、港へやってくる。

岡山天音(おかやま・あまね)
1994年、東京都出身。09年、NHK『中学生日記 転校生シリーズ』でデビュー。個性あるルックスと柔軟な演技で映像を中心に出演を重ねている。2017年は、『僕らのごはんは明日で待ってる』『帝一の國』『ポエトリーエンジェル』『パーフェクト・レボリューション』が公開、今後も、『氷菓』『おじいちゃん、死んじゃったっ
て。』『空飛ぶタイヤ』ほか公開作が続く。NHK連続テレビ小説『ひよっこ』に漫画家 新田啓輔役で出演。

■商品
第3話のCMに登場するのは「勝負がつお」。二貫一皿100円(+税)でお召し上がりいただけます。
店内で切りつけている「鮮度切り」の商品です。


■特設サイト
「やる、しかない。」スペシャルサイトでは、
本作品のストーリー紹介、登場人物紹介、CM本篇映像のほか、撮影風景が見られるCMメイキング、吹石さん、柄本さん、岡山さんのインタビューなど1作目から見ることができます。また、ポスターのビジュアルもご覧いただくことができます。

http://www.kappasushi.jp/CM/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. カッパ・クリエイト株式会社 >
  3. 吹石一恵さん主演かっぱ寿司CMシリーズ第3弾「やる、しかない。勝負がつお篇」が公開。女漁師とかっぱ寿司社員、どちらも本気の勝負へ。 2017年10月3日(火)より放送開始