輝く道産子ガールを発掘!「MODECON in 北海道 2020」激戦を勝ち抜いた30名によるファイナル審査が開催

日本一の女子大生マーケティングを展開する、株式会社KIRINZ(本社:東京都港区、代表取締役 :鵜池 航太)主催のモデルコンテスト「MODECON in 北海道 2020」のファイナルが2020年9月26日(土)から開始いたします。北海道地方で出場者を募集する「MODECON in 北海道 2020」 は、16歳〜29歳までの女性が対象のモデルコンテストとなっており、今年は、セミファイナルを戦った71名のうち、30名がファイナルに望みます。

(左から)
1段目:ひらりそあ、ちーちゃん、いくほ、さほ、鈴木理智、望叶あや
2段目:冬音、Uri(ゆーり)、MOeKO、森田 佳寿美、あい、りな
3段目:堀江みく、ななこ、あむ、ひま、MEI、雪花
4段目:亜弥、クルミ、ゆう、大谷美絵、ななてゃん、ハルカ
5段目:鈴、優木 嶺、池田 紗里菜、ゆずな、星愛(ほしあい)、Nanao

 2020年8月9日(日)から2020年9月12日(土)までに行われた、モデルコンテスト「MODECON in 北海道 2020」のセミファイナル投票(公式ホームページでのWEB投票、Twitterでのリツイート投票、動画配信アプリ「ミクチャ」でのアイテムポイントの総合得点)が終了し、ファイナリスト30名が決定しました。

「MODECON in 北海道 2020」公式サイト:https://modecon.jp/hokkaido/
 
■北海道エリアから22名、その他エリアから10名がファイナリストに選出。
 全国で出場者を募る「MODECON in北海道」は、16歳〜29歳の女性を対象としたモデルコンテストとなっており、予選投票審査(公式ホームページでのWEB投票、Twitterでのリツイート投票、動画配信アプリ「ミクチャ」でのアイテムポイントの総合得点)を経て30名がファイナル審査へと進出しました。
<ファイナリスト在住地域>
北海道22名、東京都1名、埼玉県1名、福島県1名、山形県1名、静岡県1名、香川県1名、福岡県1名、宮城県1名
 
■グランプリは誰に!?
 今回の「MODECON」ではグランプリを目指す過程で主にSNSを利用した審査基準を採用。SNSを利用する事により、出場者が影響力を持つモデルコンテストになっており出場者それぞれのアピールの仕方でグランプリを目指し熾烈な争いが繰り広げられています。本選での受賞を大きく左右するファイナル審査は2020年9月26日(土)から投票開始。
 未来のインフルエンサーをあなたの一票で!グランプリを目指す彼女たちの姿を一度ご覧いただければと思います!

■株式会社KIRINZ(キリンジ)とは
 前身となる学生時代のイベント運営事業より「女子大生のマーケティング会社」として創業。創業時から2年間、「女子大生の生の声」をお届けするために、ミスコン「MODECON」運営事業をはじめ、ライバー育成事業、インフルエンサー/キャスティング事業、商品サンプリング/マーケティングリサーチ事業、メディア運営事業、広告代理店といった様々なコンテンツを提供しています。「UP“ROAD” DREAMER. ~夢を追いかける人に“未来への道”と“発信の場所”を創っていく~」というビジョンを掲げた株式会社KIRINZの取り組みに、今後もぜひご期待ください。
 
■会社概要
名称   :株式会社KIRINZ
代表   :代表取締役 鵜池 航太
所在地  :東京都港区南青山4−17−4 四神ビル2階
設立   :2016年4月27日
URL    :https://kirinz.tokyo/
MODECON 公式HP:https://modecon.jp/
女子ペディア:https://joshipedia.com/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KIRINZ >
  3. 輝く道産子ガールを発掘!「MODECON in 北海道 2020」激戦を勝ち抜いた30名によるファイナル審査が開催