日本経済大学が女子ラグビー部を創部

監督に福岡出身の淵上宗志氏を招聘

日本経済大学(所在地:福岡県太宰府市、学長:都築明寿香)は、この度、女子ラグビー部を新たに創部するにあたり、淵上宗志氏(元コカ・コーラボトラーズジャパン(株))を監督として迎えることを正式に決定いたしました。
淵上氏は、福岡県出身で、佐賀工業高校時代は3年連続で全国大会に出場、関東学院大学では、1年生次よりスタンドオフで活躍し、2,3年生次には全国大学ラグビー選手権大会の連覇を達成。卒業後は地元福岡に戻りコカ・コーラウエストジャパン(株)(現コカ・コーラボトラーズジャパン(株))に入社、コカ・コーラレッドスパークスのトップリーグ昇格に貢献するとともに、日本代表にも選出されるなど数々の実績を有しております。

2019年11月8日(金)、日本経済大学福岡キャンパスKOROKANにて、本学の都築明寿香学長とともに監督就任会見に臨みました。​

左:淵上宗志 監督 右:都築明寿香 学長左:淵上宗志 監督 右:都築明寿香 学長


会見の冒頭で、都築学長より「女子ラグビーをチームとして強化していくと同時に、究極のチームスポーツでもあるラグビーを通じて、個々が限界を突破し、可能性を発見していくには、指導者の力が大きい。創部したばかりの本学女子ラグビー部には、経験に裏打ちされた、独自のポリシーを持ち、思い切ってチャレンジできる指導者が不可欠」との思いから、淵上氏に監督就任を要請した背景が語られました。

都築明寿香 学長都築明寿香 学長


淵上監督からは、「アジア初のワールドカップが成功裏に終わったことはラグビーに情熱を注いだ一人として嬉しい」としたうえで「ラグビーはミスがあってもプレーが続く限りチームで正解に持って行けるスポーツ。個性を尊重し合うという意味でダイバーシティスポーツでもある」と競技の魅力を語り、ラグビーを通じた人づくりの意義も強調。またチャレンジの場づくりこそ大学の使命という理念に共感し、九州、福岡という場所からラグビーを盛り上げる起点をつくりたいという想いが、ゼロからのスタートとなる監督就任を受けた理由であることも熱く語られました。

淵上宗志 監督淵上宗志 監督


淵上氏は女子ラグビーの監督だけではなく、経営学部の准教授として教壇にも立たれます。リーダーシップ関連の科目をご担当いただき、コミュニケーション能力、人間力の強化にもご尽力いただきます。

本学では活動を通じての競技力の向上や、スポーツマンシップの会得はもちろん、究極の組織スポーツとも呼称されるラグビーを通じて、「ONE TEAM(ワンチーム)」をはじめとしたチームワークや人間力を学び得ることの意義も重視、監督の指導に期待いたします。



■日本経済大学(都築学園グループ / (学)都築育英学園)
都築学園グループは、「個性の伸展による人生練磨」を建学の精神とし1956年に設立。2018年に開学50周年を迎えた日本経済大学は経済・経営を主軸とした専門性の高い17の専門コースを有する大学です。

所在地:福岡県太宰府市五条3-11-25
代表者:学長 都築 明寿香
URL: 
(都築学園グループ)http://tsuzukigakuengroup.com/
(日本経済大学) https://www.jue.ac.jp/
事業内容:福岡県福岡市南区に本部を置く学校法人のグループ
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 都築学園グループ >
  3. 日本経済大学が女子ラグビー部を創部