相次ぐ #農家漁師からのSOS を受け、食べチョクが「生産者非常事態サポート室」を常設。コロナ第3波や気候変動、盗難などによる生産者の危機状況の把握と発信体制を構築。

全国3,000軒以上の農家漁師が集うオンライン直売所「食べチョク」を運営する株式会社ビビッドガーデン(本社:東京都港区 代表取締役社長:秋元里奈)は、相次ぐ農家漁師からのSOS を受け、これまで臨時で開設していた「生産者非常事態サポート室」を定常設置し、継続的にサポートできる体勢を整えました。

新型コロナウィルス第3波による売上減や、盗難などの犯罪による被害、台風や豪雨などの自然災害、気温上昇や日照不足などの気候変動による価格の乱高下など、様々な外部要因によりお困りの生産者は後をたちません。

そこで食べチョクはトップページに特集枠を常設し、総フォロワー18.5万人以上の食べチョクSNSで積極的に情報発信をします。また生産者の危機状況を把握するためにアンケートによる実態調査も行います。

 

  • 生産者非常事態サポート室について
■概要
非常事態において迅速かつ最適な意思決定をするために、これまで臨時で開設していた「生産者非常事態サポート室」を定常設置し、継続的にサポートできる体勢を整えました。

■背景
・新型コロナウィルス第3波による百貨店や飲食店・イベントなどからの仕入れ減
・盗難や除草剤散布などの犯罪による被害
・台風や豪雨などの自然災害
・気温上昇や日照不足などの気候変動による価格の乱高下
上記のような外部要因により、お困りの生産者は後をたちません。

「生産者のこだわりが正当に評価される世界へ」をビジョンに掲げる食べチョクとして、生産者の状況を正しく把握・発信しサポートしていくために「生産者非常事態サポート室」を常設しました。

■サポート内容
(1)特設ページ・商品一覧ページの開設
何らかのサポートを必要としている方の商品を紹介するページを作成しました。運営が独自の基準により緊急度と重要度を判断し更新していきます。お困りの生産者さんはご連絡ください。運営からも生産者に向けたヒアリングやアンケートを定期的に実施します。
・特設ページ:https://www.tabechoku.com/feature_articles/sos_support_program
・商品一覧ページ:https://www.tabechoku.com/groups/178

(2)SNSによるリアルタイムな情報発信(#農家漁師からのSOS)
日々変わり続ける生産者の状況を総フォロワー18.5万人以上の食べチョク公式SNS、食べチョク代表秋元のTwitterなどで、最新の情報を発信しています。ハッシュタグは「#農家漁師からのSOS」で統一して発信します。
・公式Twitter:https://twitter.com/tabechoku
・公式Instagram:https://www.instagram.com/tabechoku/
・食べチョク代表秋元Twitter:https://twitter.com/aki_rina

※実際の投稿事例
・サラダセットの農家からのコロナ影響によるSOS


・りんごの盗難被害があった生産者からのSOS


(3)予約商品などの出品サポート
外部要因によって出品予定だった商品が出せなくなってしまったという方が多くいらっしゃいます。生産者のご希望がありましたら予約商品の出品を代行するなど食べチョクスタッフが無償で全面サポートいたします。

(4)その他、必要な支援の提供
ボランティアの募集など、各生産者ごとに状況をヒアリングし、最適な支援を検討し、実施します。
 
  • 生産者の実態調査進捗サマリー

 

※グラフ1※グラフ1

 

※グラフ2※グラフ2

■新型コロナウィルスの影響

新型コロナウィルスによる売上への影響があると答えた生産者は77%となりました。(※グラフ1)時期別に見ると2020年5月時点で68%、2020年11月時点で61%(※グラフ2)となり、微減しているものの第一次産業への新型コロナウィルスの影響が今も根強いことが分かります。


■犯罪による被害(盗難など)の影響
生産者の28%が2020年に盗難や除草剤散布などの犯罪による被害経験があると回答しています。(※グラフ1)

■自然災害(台風や大雨)や気候変動(気温上昇や日照不足など)の影響
生産者の79%が自然災害や気候変動により出荷時期や出荷量に影響があると回答しています。(※グラフ1)また、そのうち23%は、2020年に入ってから台風や大雨、日照不足など4種類以上の自然災害や気候変動の影響を受けたと回答しており、第一次産業は多くの外部要因に影響を受けていることが分かります。

※調査概要
調査対象:食べチョクに登録している全国の生産者
調査期間:2020年12月1日〜
調査方法:インターネットによる任意回答
回答人数:96人(2020年12月2日13:00時点)
 
  • 農家漁師からのSOS事例
■新型コロナウィルス第3波の影響
(1)レタス(神奈川県 相模原市)

緊急事態宣言が発令された5月も直近の11月も売上は前年比の20%に減少しています。都内オフィス街のお店と多く取引していたため、飲食店休業の影響を大きく受けています。
生産者ページ:https://www.tabechoku.com/producers/21266

(2)野菜(石川県 七尾市)

 

新型コロナウイルスの影響により、取引があったレストランからの取引が全てストップし5月の売り上げは0になりました。11月にはレストランが1件だけ戻り、売上は前年比の2〜3割まで持ち直しましたが、他の売り先は全く戻ってきていない状態です。
生産者ページ:https://www.tabechoku.com/producers/20133

■気候変動(気温の上昇や日照不足など)の影響
(1)野菜(石川県 七尾市)

2020年は大雨・長雨からの猛暑による干ばつが続き、度重なる異常気象で苦しかったです。例年は11月まで売っていたトマトが腐ってしまい、9月までの出荷に短縮しなければいけませんでした。さらに、市場価格の大幅な下落により、キャベツが破格で山積み・叩き売り状態になってしまっています。在庫を抱えても苦しいので安くても売らなければならないという苦しい状況です。
生産者ページ:https://www.tabechoku.com/producers/20133

(2)いちご(長野県 阿南町)

2020年は例年に比べ長い梅雨・梅雨明けの猛暑~夏の酷暑の特に影響が大きく、 生育不良による収穫量減、それに伴い出荷量も減少しています。
生産者ページ:https://www.tabechoku.com/producers/22009

■犯罪による被害(盗難など)の影響
(1)りんご(青森県 弘前市)

盗難前のりんごの木盗難前のりんごの木

盗難後のりんごの木盗難後のりんごの木

りんご2,000kgが盗難被害に遭いました。防犯カメラの設置を検討していますが、全てカバーするにはかなりの台数が必要で莫大な金額がかかるため、なかなか踏み出せません。
生産者ページ:https://www.tabechoku.com/producers/21888
 
  • 外部要因による売上減に悩む生産者の方へ
食べチョクでは生産者への災害支援を行っています。生産者さんはお気軽にお問い合わせください。
https://www.tabechoku.com/lp/farmer/
 
  • 食べチョク」について
■「食べチョク」とは
「⾷べチョク」は、こだわり⽣産者から直接⾷材や花きを購⼊できるオンラインマルシェです。12社の産直ECサイト(※)の中で認知度や利用率などの6つのNo.1を獲得しています。野菜・果物をはじめ、米・⾁・⿂・飲料といった⾷材全般と、花き類を取り扱っています。また好みに合う⽣産者を選んでくれる野菜定期便「⾷べチョクコンシェルジュ」や旬の果物が届く定期便「⾷べチョクフルーツセレクト」があり、定期的なお取り寄せができるのが特徴です。また、友達と分けあえる「共同購⼊」の機能や販売前に商品を取り置きできる予約機能などもあり、ライフスタイルに合わせた様々な買い⽅を提供しています。2020年11⽉には登録⽣産者数3,000軒を突破し、15,000品を超えるこだわりの逸品が出品されています。
・URL:https://www.tabechoku.com/
・iOS版アプリ:https://apps.apple.com/jp/app/id1517340079
・Android版アプリ:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.tabechoku.android
・公式Twitter:https://twitter.com/tabechoku
・公式Instagram:https://www.instagram.com/tabechoku/
(※)産直ECサイト:生産者が消費者の自宅へ商品を直送することを特徴とする生産者特化型のECサイト

■「食べチョク」3つの約束
1. 生産者へ正当な利益を還元します:一次生産者に正当な利益が還元される状態を担保します。中間業者による不当な搾取、不当な圧力は許容しません。
2. こだわりを持った生産者が評価される場所にします:掲載基準やルールを設けることでこだわりがある商品のみを集め、不当な安売りや値引き合戦が起きない状態を保ちます。
3. 生産者が責任を持って販売をします:生産者自身が販売者としての責任をもち、お客様からの声を真摯に受け止めます。生産者と消費者が信頼関係を築いていける場所にします。
 
  • 会社概要
代表者:代表取締役社長 秋元里奈
本社所在:東京都港区白金台2-16-8
設立日:2016年11月29日
事業内容:こだわり食材のマーケットプレイス『食べチョク』、法人向け仕入れサービス『食べチョクPro』の開発・運営
会社HP:https://vivid-garden.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. (株)ビビッドガーデン/食べチョク >
  3. 相次ぐ #農家漁師からのSOS を受け、食べチョクが「生産者非常事態サポート室」を常設。コロナ第3波や気候変動、盗難などによる生産者の危機状況の把握と発信体制を構築。