ええじゃないか とよはし映画祭2021をオンラインで開催

2021年3月12日(金曜日)から14日(日曜日)まで、「ええじゃないか とよはし映画祭2021」が開催される。2017年から開催するとよはし映画祭は今回で5回目で、地元ゆかりの作品を集め、合計20作品を上映。
コロナ禍に対応し、今回はオンラインを中心に開催する。


開催日:2021年3月12日(金曜日)18時から14日(日曜日)18時まで
 オープニングセレモニーは3月12日(金曜日)18:00から配信
 クロージングセレモニーは3月14日(日曜日)18:00から配信
参加方法:オンライン(動画配信サイトVimeoで申込)
 オープニングとクロージングセレモニーはYouTubeLiveで無料視聴可
料金:1,000円(①から③のいずれかを選択)
①招待作品1作品+トーク/②ショートフィルムセレクション2作品+トーク/③コンペティション全11 作品

ホームページ:http://etff.jp/ 

【全上映で公開されるゲストトークでは、監督や出演陣が登場】
「望み」では、監督の堤幸彦さん、第44回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した岡田健史さんが、他にも豊橋ふるさと大使の園子温監督や平田満さんがゲストトークを行う予定。
人気急上昇中の豊橋出身の桃月なしこさんも出演。様々なゲストの魅力あふれるトークが展開される。このゲストトークは、とよはし映画祭のために事前に撮影したものを招待作品と共に配信するもの。

 

岡田健史岡田健史

桃月なしこ桃月なしこ

 

 

 

 


【11作のコンペティション作品を観客参加型で審査】
新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のため中止となった昨年のええじゃないか とよはし映画祭で、一次審査を通過した11作品のオンラインコンペティションを実施する。
グランプリ、とよはし未来賞(審査員特別賞)に加え、参加者のみがLINEで投票する観客賞があり、それぞれ賞金は50万円、30万円、20万円。
受賞作品は14日のクロージングセレモニー(生配信)で発表する。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 豊橋市 >
  3. ええじゃないか とよはし映画祭2021をオンラインで開催