白熱!激論、ときどき極論!真実に迫る知的異種格闘戦ー知の巨匠、副島隆彦、佐藤優両氏が語りつくす、ベストセラーシリーズ第6弾!『ウイルスが変えた世界の構造』12月19日発売

宗教と近代500年の行方を徹底対論!

株式会社日本文芸社(東京都江東区)は、『ウイルスが変えた世界の構造』(副島隆彦・佐藤優 共著)を2020年12月19日(土)より全国の書店・オンライン書店等で発売いたします。

 

新型コロナウイルスのパンデミックで世界は一変した。いま、世界と日本で何が起きているのか!?
アメリカに勝利した中国の全体主義、コロナ後の金融危機と日本の政局、北朝鮮情勢とアメリカのディープ・ステイト。世界帝国アメリカを支えた宗教思想「ユニテリアン」とは、いったい何か……。

知の巨匠、副島隆彦、佐藤優の2人が、宗教をベースに日本および世界の現状と近代500年の行方を徹底対論する。世界はどこから来て、どこに向かうのか。

政治情勢、国際関係のディープな独自分析、キリスト教の宗教思想ユニテリアンの考察をもとに、世界最先端の真実に迫る。白熱し、激論、時には極論の応酬を交えた知の格闘技をお楽しみください。ユニテリアンを理解すれば、世界がわかる!
 
  • 著者からのメッセージ
佐藤優
本書では、イエス・キリストの神性を認めないユニテリアンという教派に多くの頁が割かれている。ユニテリアンを理解することが国際政治の本質を掴む上で重要だという点で、副島氏と私に認識は完全に一致している。

副島隆彦
この対談本で6冊目となる。本書の第2部の、私と佐藤優氏の宗教についての部分をこそ先に読んでほしい。
 
  • 本書の内容
第1部 パンデミックで変わった世界 ー近代500年の終わりと内向の時代ー
・アメリカに勝利した中国の全体主義
・ウイルスはどこからやってきたのか
・コロナ後の金融危機と日本の政局
・北朝鮮情勢とアメリカのディープステイト
・アメリカ大統領選とアメリカ政治の行方

第2部 アメリカの「国教」ユニテリアンとは何か ー世界帝国を支えた宗教思想の秘密ー
・アメリカを作ったユニテリアンたち
・現代のあらゆる思想の源流となったユニテリアン
・ユニテリアンの発想で世界を理解する
 
  • 著者プロフィール
​副島隆彦(そえじま たかひこ)
1953年、福岡市生まれ。評論家。副島国家戦略研究所(SNSI)主宰。早稲田大学法学部卒業。外資系銀行員、予備校講師、常葉学園大学教授等を歴任。政治思想、金融・経済、歴史、社会時事評論など、さまざまな分野で真実を暴く。「日本属国論」とアメリカ政治研究を柱に、日本が採るべき自立の国家戦略を提起、精力的に執筆・講演活動を続けている。主な著書に、『属国・日本論』(五月書房)、『世界覇権国アメリカを動かす政治家と知識人たち』(講談社+α文庫)のほか、『日本は戦争に連れてゆかれる』(祥伝社新書)、『もうすぐ世界恐慌』(徳間書店)、『本当は恐ろしいアメリカの思想と歴史』(秀和システム)、『経済学という人類を不幸にした学問』『日本人が知らない真実の世界史』(以上、日本文芸社)などがある。
● ホームページ「副島隆彦の学問道場」
http://www.snsi.jp/

佐藤 優(さとう まさる)
1960 年、東京都生まれ。作家、元外務省主任分析官。同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。在英日本国大使館、在ロシア連邦日本国大使館勤務を経て、本省国際情報局分析第一課主任分析官として、対ロシア外交の最前線で活躍。2002年、背任と偽計業務妨害容疑の「国策捜査」で逮捕され、東京拘置所に512 日間勾留される。2009 年、最高裁で上告棄却、有罪が確定し、外務省職員を失職。圧倒的な知識と経験を活かし、執筆活動など多方面で活躍中。主な著書に、ベストセラーとなった『国家の罠』、『自壊する帝国』(以上、新潮文庫)をはじめ、『危機の正体』(朝日新書)、『人類の選択』(NHK 出版新書)、『ウイルスと内向の時代』(徳間書店)、副島隆彦氏との共著『激変する世界を先読みする』(日本文芸社)などがある。
 
  • 書誌情報
書名:ウイルスが変えた世界の構造
著者:副島隆彦、佐藤優
定価:本体1,500円+税
判型:四六判
頁数:272P
ISBN:978-4-537-26206-3
発売日:2020年12月19日
https://www.nihonbungeisha.co.jp/book/b553512.html
*電子書籍もございます
 
  •   書籍の購入について
全国の書店・オンライン書店等でお買い求めいただけます
<amazon> https://www.amazon.co.jp/dp/4537262060/
<楽天> https://books.rakuten.co.jp/rb/16479865/
 
  •  日本文芸社について
日本文芸社は、出版やデジタル配信で「人の心・身体・暮らしを元気に、楽しく、前向きに輝くようにする」コンテンツ創造カンパニーとして社会に貢献することを理念に掲げています。


 【会社概要】
代表者:代表取締役社長 吉田芳史
所在地:〒135-0001 東京都江東区毛利2-10-18 OCMビル
設 立:1959年1月
資本金:467百万円
従業員数:67名(2019年3月31日現在)
コーポレートサイト:https://www.nihonbungeisha.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社日本文芸社 >
  3. 白熱!激論、ときどき極論!真実に迫る知的異種格闘戦ー知の巨匠、副島隆彦、佐藤優両氏が語りつくす、ベストセラーシリーズ第6弾!『ウイルスが変えた世界の構造』12月19日発売