正社員、契約社員、派遣社員、パートタイマーで貯金額はどう違う?(2015年3~4月調べ)

~やはり正社員は堅実派が多いのだろうか?「これからの働き方」に関するアンケートを実施~

全研本社株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:林 順之亮)が運営する働き方と天職を考えるウェブマガジン「瓦版」(http://www.w-kawara.jp/)では、新年度がスタートし、オフィスは新鮮な空気にあふれていますね。新人はこれからでしょうが、社会人の先輩はどれくらい貯金をしているのでしょうか。今回の瓦版「働き方白書」では、「貯金」について調査しました。

調査結果:http://w-kawara.jp/work-styles-white-paper/moneystock/

調査実施期間は、2015年3月17~4月6日。対象は瓦版ユーザー。回答者は879人。男性442人、女性437人。年代は、20代424人、30代262人、40代138人、その他55人。

調査は、「正社員」、「契約社員」、「派遣社員」、「パートタイマー」の4つの契約形態別に行いました。まず、正社員。最も多かったのは「100万円未満」で34%。次いで「500万円以上」21%、「100万円~200万円」16%、と続きます。「宵越しの金は持たぬ」。つまり、貯金などせず、もらったお金は全部使うという人も6%いました。

続いて、契約社員です。最も多かったのは「100万円未満」で32%。次いで「100万円~200万円」16%、「500万円以上」13%と続きます。「宵越しの金は持たぬ」。つまり、貯金などせずもらったお金は全部使うという人も13%いました。正社員と比較すると少し待遇面で劣る部分がそのまま反映されたような結果といえそうです。

派遣社員はどうでしょうか。トップは「100万円未満」で58%と現実的な結果ですが、次いで500万円以上21%、「宵越しの金は持たぬ」が16%と続いています。これは、より多様な人材が揃う派遣だけに、これまでに蓄財した人も含まれているから、ということも考えられるかもしれません。あるいは、とにかくお金を貯めるために頑張っている、という人が意外に多いのかもしれません。 パートタイマーになると「100万円未満」が53%、「100万円~200万円」17%、「宵越しの金は持たぬ」9%と続きます。やはり少ないですが、それでも200万~300万円6%、300万円~500万円、500万円以上がそれぞれ5%とまんべんなくいるのが、特長的です。

契約形態別の貯蓄額は、やはり予想通り、正社員→パートの順となりました。世の中は、最も高待遇とされる正社員を削減し、契約社員以下の非正規が増える流れが加速しています。その一方で、アルバイトを正社員にする動きも目立ってきました。一体どちらが、本当の流れなのか…。そもそも、正社員神話はいまも生きているのか…。この結果をみて、あなたはどう思いますか?


■働き方と天職ウェブマガジン「瓦版」とは

働き方はいま、少子高齢化とテクノロジーの進化によって、過渡期を迎えています。もはや企業の寿命よりも人が働く期間のほうが長い時代です。「瓦版」では、働き方が新しいカタチへとシフトしていく中で、多様化する価値感や働き方に着目。様々な道にスポットを当て、一人でも多くのワーカーが、自分に合った働き方(天職)にたどり着けるお手伝いをしたいと考えています。激変する社会環境の中で、より最適なあり方を探求する企業、より自分らしさにこだわるワーカー…。瓦版は、「働く」を構成するあらゆる要素に広くアンテナを張り巡らせ、最先端の情報を発信し、「働く」を様々な角度から考える糧とヒントと議論の場を提供します。
URL: http://w-kawara.jp/

■運営会社
会社名 : 全研本社株式会社
代表者 : 代表取締役 林順之亮
本社所在地 : 東京都新宿区西新宿1-4-11 全研プラザ
創業 : 1975年5月
資本金 : 56,050,000円
従業員数 : 1,050名(グループ全体)
全研グループ資本合計 : 1,003,430,000円
URL : https://www.zenken.co.jp/

【お問合せ先】
全研本社株式会社 eマーケティング事業本部
TEL : 03-5324-2581
  1. プレスリリース >
  2. 全研本社株式会社 >
  3. 正社員、契約社員、派遣社員、パートタイマーで貯金額はどう違う?(2015年3~4月調べ)