デンソーウェーブ、細長く狭いスペースにも印字できる 長方形型の新しいQRコード「rMQRコード」を開発

~小型部品の個体管理から伝票・チケットの情報管理まで、QRコードの優れた読み取り速度とデータ容量で幅広く貢献~

株式会社デンソーウェーブ(本社:愛知県知多郡阿久比町、代表取締役社長:相良隆義、以下、デンソーウェーブ)は、長方形型の新しいQRコード(注1)「rMQRコード(アール・エム・キューアールコード:長方形マイクロQRコード)」を開発しました。rMQRコードは、QRコードの特性である優れた読み取り速度とデータ容量を持ちながら、細長く狭いスペースへの印字を実現するもので、製造業をはじめとした幅広い業界において、情報や資源の効率的な管理・運用に貢献します。また、rMQRコードは国際規格(ISO)を取得しており、世界中のすべてのユーザーに自由に安心して使っていただけます。

 

  • rMQRコードの開発背景
 デンソーウェーブは1994年、QRコードを開発しました。QRコードは優れた読み取り速度とデータ容量を持ち、また、パブリックドメインであることから、世界標準となり幅広い分野で活用されています。次いで小型の「マイクロQRコード(注2)」を開発するなど、デンソーウェーブは、社会やお客様の課題解決のためにQRコードを進化させてきました。
 一方、「人」と「モノ」と「情報」をつなぐIoT化が加速する現代において、製造業では、品質管理や業務効率化を促進するため、電子部品をはじめとする超小型部品の個体管理のニーズが高まっています。また、幅広い業界で伝票や帳票における情報管理の動きが進む中、余白のスペースが限られているためコードを印字できないといった課題がありました。さらにデンソーウェーブは、利便性を向上させた新しいQRコードを活用することで、企業や行政から、多様化する個人のニーズに寄り添ったサービスが提供される社会の到来を予測しています。
 そこで、幅広い業界が持つ「小さなスペースに多くの情報を格納したい」というニーズに応えるべく、rMQRコードを開発しました。
  • rMQRコードの特長
(1) 余白になりがちな細長く狭いスペースに大容量データを格納可能なため、
高さ寸法が制限された小さなスペースでの情報管理やモノのデザイン性向上に寄与。

→QRコードの技術を展開することで、QRコードでは対応できなかった細長く狭いスペースへの印字と、
最大で数字で361文字、英数字で219文字、漢字で92文字もの大容量データの格納を両立。

(2)QRコードと同様の高速読み取りが可能。
→QRコード同様の構成パターンを配置することで、高速読み取りを実現。

(3)国際規格を取得しているため、誰でも安心して使用可能。
→デンソーウェーブが開発したQRコード、マイクロQRコードに続き、国際規格を取得。
誰もが自由に安心して使うことができます。
  • 活用イメージと今後の展望
 工場やサプライチェーンにおける部品単位のトレーサビリティや、デザイン性が重視されるブランド品、伝票・帳票での情報管理をはじめとしたDXに関わる新たな幅広い分野に貢献します。デンソーウェーブは、5月から順次、rMQRコードに対応する製品をリリースする予定です。デンソーウェーブはQRコード開発会社として、今後も、QRコードを活用したソリューションや、新型QRコードの開発を通し、社会の皆様の課題解決に貢献します。

<参考資料>
  • 各コードの仕様と比較 (注1)(注2)

  • 使用イメージ

 

※QRコードは、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

◇本コードに関するお問合せ(記事掲載にはこの番号をご使用ください)
株式会社デンソーウェーブ カスタマーデスク
Tel:0120-585-271 FAX:03-6367-9729
https://www.denso-wave.com/ja/adcd/contact/inquiry/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. デンソーウェーブ >
  3. デンソーウェーブ、細長く狭いスペースにも印字できる 長方形型の新しいQRコード「rMQRコード」を開発