リユースショップ「BAZZSTORE」を運営する株式会社リンクが「STORECAST」の運用を開始し、店舗とECサイトの商品連携を通してOMOを推進

株式会社Pathee(パシー)(所在地:東京都品川区西五反田、代表取締役:寺田真介、以下当社)が提供する、小売チェーン向けデジタル販促プラットフォーム「STORECAST」(ストアキャスト)が、ファッションアイテムのリユースショップBAZZSTORE(バズストア)を運営する株式会社リンク(本社:東京都練馬区、代表取締役:夷 英信)に正式に採用され、運用が開始されたことをお知らせいたします。
「STORECAST」のライトOMO機能としては、リユース業界の初めての導入事例となります。
当社が実施したアンケート調査*1では、買い物客の78%が、自らのニーズにあった店舗や商品を探すため、事前に検索サービスやマップサービスなどのインターネットサービスで比較・検討していることが分かりました。
コロナ禍の中、消費者が事前にインターネット上で十分に情報収集してから、買い物に出かけている傾向が高まっていると考えられます。
このような背景の中で、以前からデジタル化を推進してきた先進的な企業は、すでに店頭の商品在庫情報を自社ECなどでも発信することにより、事前の情報収集のニーズに応えてきました。
しかしながら、このような施策は既存の社内システムとECシステムの連携が必要であり、大きな投資が必要となることから、多くの小売事業者にとっては導入が難しいことが課題となっておりました。
(*1)Patheeアンケート調査調べ
 
  • 「STORECAST」導入検討の背景
Googleビジネスプロフィールの活用はしていたが、店舗ごとに投稿など管理の工数に課題がありました。

また自社ECサイトをShopifyで再構築して以来、Googleスマートショッピングキャンペーンを活用しておりました。
機械学習に基づき、Googleのチャネルでリマーケティングを行うことで一定の成果を得ることができたため、
次のステップとしてローカル在庫広告によりWebから実店舗への来店促進を模索していました。
 
  • 「STORECAST」選定理由
Googleビジネスプロフィールの一括管理により作業効率が向上することをはじめ、
店頭商品在庫情報をGoogleマップ・Googleショッピング上に表示できるライトOMO機能があったことが選定理由でした。
限られたリソースのため既存システムに関わる大きな開発を伴わず、ECと実店舗商品の掲載を自動化することが可能になりました。

 
  • 小売チェーン向けデジタル販促プラットフォーム「STORECAST」とは
Googleマップや各種SNSなどの運用を半自動化し、店舗の情報を発信することで販促を支援するプラットフォームです。
GoogleマップはGoogleにより無料で提供されている店舗情報の管理機能ですが、1店舗ずつ提供される機能となっております。そのため、多店舗展開しているチェーンストアの場合、管理に大きな工数を要してしまいます。
また、自社だけではなく、ユーザーやGoogleによっても情報編集の提案が可能なため、正確な情報を維持するためには、定期的な監視も必要になります。
このようなGoogleマップの運用上の課題に対して、全店舗の情報を統合管理し業務効率を向上させ、集客につなげるための機能および支援サービスを「STORECAST」で提供しています。

STORECASTとは:
https://storecast.io/lp/?utm_source=prtimes&utm_medium=referral&utm_campaign=220531
 
  • Googleビジネスプロフィールについて
Googleビジネスプロフィールは、Googleマップ上の店舗情報について、自社管理することができるGoogle社提供の機能です。
 
  • Googleマーチャントセンターについて
Googleマーチャントセンターは、Googleショッピングタブを管理することができるGoogle社提供の機能です。
 
  • 今後の展開について
「STORECAST」は「小売チェーン向けデジタル販促プラットフォーム」として、さらなる進化を予定しております。
「デジタル販促」とは、販促に関わるあらゆる情報をインターネット上で”デジタル化”し、情報を求められる場所に”発信”することです。
「STORECAST」による“デジタル化”の対象としては、今回リンク様にご提供している店舗の基本情報に始まり、セール情報や、店頭商品の情報などといった販促に関わるあらゆる情報があり、これらをすべてインターネット上に掲載できるようにしていく予定です。
リンク様にご提供しているGoogleとのデータ連携については、STORECAST経由で行なうことにより、Googleマップに加えGoogleショッピングへの商品情報の掲載も可能です。

一方“発信”する媒体として、現在のGoogleビジネスプロフィールの統合運用支援の機能のみではなく、LINE、InstagramやTwitterなどのSNS、さらにはECに掲載している情報を「STORECAST」を通じて掲載することを予定しております。
これらにより、総合的なデジタル販促プラットフォームとして展開をしてまいります。

また、これらの機能を実際に運用していくデジタル人材が不足しているというユーザー企業様からの声にお応えし、「STORECAST」を活用したデジタルマーケティングのコンサルティングや、運用代行のサービスなどもラインアップしております。
 
  • 「BAZZSTORE 」について
都内主要エリア14店舗、インターネットショップ12店舗を展開するファッションアイテムのリユースショップです。「BAZZSTORE」という屋号には、ハチの羽音から”クチコミ”の意味を持つ「buzz」、アルファベットの”全てを含む”の意味を持つ「az」、リユースで”つながり”を提供する場所にしたいという想いがこめた造語です。持ち主の思いの詰まったリユースアイテムが人から人へと渡っていき、つながりを生み出していく…そんな世界観の実現を目指しています。
 
  • 会社概要
【株式会社リンク】
代表取締役: 夷 英信
所在地: 〒176-0005 東京都練馬区旭丘1-73-3 川端ビル2F
設立: 平成23年10月創業(平成24年11月法人設立)
事業内容: 国内外のブランド衣料、バッグ、時計、靴等の買取、及び販売
資本金: 5,000,000円
コーポレートサイト: https://www.bazzstore.com/
本店通販サイト: https://ec.bazzstore.com/

【株式会社Pathee】
代表者   代表取締役CEO 寺田 真介
設立   2012年1月
所在地   東京都品川区西五反田2丁目19−12 五反田井門ビル
URL   https://corp.pathee.com/?utm_source=prtimes&utm_medium=referral&utm_campaign=220531
ビジョン   テクノロジーで人々と小売コミュニティを繋げることで社会にインパクトを与える 
事業内容   小売チェーン向けデジタル販促プラットフォームSTORECASTの開発・販売

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Pathee >
  3. リユースショップ「BAZZSTORE」を運営する株式会社リンクが「STORECAST」の運用を開始し、店舗とECサイトの商品連携を通してOMOを推進