DHLエクスプレス、ウェブサイトを統合しリニューアル

これまで展開していた各種のオンラインのツールやコンテンツを、MyDHL+に集約しました。

オール・イン・ワンでシームレスなウェブサイトにより、必要な情報へのアクセスや出荷の手続きがよりスムーズになります。
 国際エクスプレスのリーディングカンパニー、DHLジャパン株式会社(代表取締役社長:トニー カーン、本社:東京都品川区)は、この度DHLエクスプレスのウェブサイトを刷新しました。これまでDHLエクスプレスとして、コーポレートウェブサイトやMyDHL+(プラス)をはじめとする様々なウェブサイトやオンラインツールを展開してきましたが、すべてをMyDHL+に統合し、ワンストップでよりユーザーフレンドリーなウェブサイトとして運用を開始しました。 

直観的なデザインと操作性で、発送手続きや関連情報へのアクセスが大幅に向上しています。直観的なデザインと操作性で、発送手続きや関連情報へのアクセスが大幅に向上しています。

多くのウェブツールやコンテンツを統合し、よりシンプルで分かりやすいウェブサイトに刷新されました。多くのウェブツールやコンテンツを統合し、よりシンプルで分かりやすいウェブサイトに刷新されました。

すでに登録済みのお客様も、初めてご利用されるお客様も、いくつもの異なるDHLのウェブサイトに別々にアクセスすることなく、ひとつの窓口から発送の手続きをスムーズに行うことができるようになります。直観的なデザインにより、必要な情報やサポートにスムーズにアクセスが可能です。MyDHL+は211の国と地域で使用でき、37の言語に対応しています。

https://mydhl.express.dhl/jp/ja/home.html

 「このウェブサイトの統合・刷新により、これまでの複雑さは解消され、お客様に優れた利便性をもたらします。ご利用されるあらゆるタイプのお客様にとって、必要な情報やサービスを得るまでのアクションが削減され、好意的な評価をいただいております。お客様のベネフィットを最大化するために、DHLはデジタリゼーションを継続的に進めてまいります」と、 DHLジャパン株式会社代表取締役社長 トニー  カーンは述べています。
 2018年に運用が開始されたMyDHL+は、これまで国際輸送の世界に新たな次元のスピードとシンプリシティをもたらしてきました。そしてこの度リニューアルされたMyDHL+は、活動的なアニメーション表示やフィーリングが、重要なマーケティングページにアクセスするのをさらに容易にしています。ヘルプ機能もライブチャットやFAQと同じように簡単になっており、関連するコンテンツはユーザーが必要とするときにすぐに表示されます。
 DHLエクスプレスは、お客様のロジスティクスビジネスにおいて信頼できるパートナーとして、1日に100万件をこえる貨物を取り扱い、カスタマーサービスについても常にエクセレンスを追い求めています。DHLのサービスを初めてご利用されるお客様でも、毎日ご利用いただいている企業のお客様でも、大切な時間を無駄にする無用な混乱を避けるために、新しいMyDHL+は、最先端の機能と簡易性を重視して開発されています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. DHLジャパン株式会社 >
  3. DHLエクスプレス、ウェブサイトを統合しリニューアル