AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」法律事務所による導入 200事務所突破

株式会社LegalForce(本社:東京都江東区 代表取締役:角田望、以下LegalForce)が提供するAI契約審査プラットフォーム「LegalForce」において、2021年6月時点で有償契約で導入した法律事務所が200事務所を超えたことをご報告いたします。

 

 
  • 法律事務所が「LegalForce」を選ぶ理由
弊社独自のAI技術を使った契約書自動レビュー機能により、気づきづらい契約書内容の「抜け漏れ」を検知しミスを減らすことで、弁護士の先生方による契約書レビューのスピードと質の向上に貢献しています。法律事務所は企業の法務部の場合と異なり、投資契約書やM&Aに関する契約書など様々な類型のものをレビューするケースが多くありますが、このような契約書もLegalForceの条文比較機能を用いることでチェック可能です。その他、弁護士の先生方の契約業務に即した機能を多く搭載しており、多くの先生方に安心してお使い頂いております。


▽法律事務所を含めた導入事例はこちら
https://legalforce-cloud.com/usecase


■ AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」とは
「LegalForce」はAIによる契約書の「自動レビュー」機能を始め、条文検索、契約書ひな形・書式集などを提供する他、契約書作成に関わるデータを蓄積できるため「ナレッジシェア」にも有効など、契約書業務の品質向上と効率化を同時に実現するプロダクトです。
2019年4月に正式版を提供開始し約2年を経て、現在800社を超える企業・法律事務所に有償契約にてご利用いただいています。
引き続き、契約書業務の品質と効率向上を実現する機能拡充や新サービスの提供を行ってまいります。

■ 株式会社LegalForceについて
株式会社LegalForceは、2017年に大手法律事務所出身の弁護士2名によって創業されました。独自のAI技術と弁護士の法務知見を組み合わせ、企業法務の質の向上、効率化を実現するソフトウェアの開発・提供しています。京都大学との共同研究をはじめ、学術領域へも貢献しています。2019年4月に正式版サービスを提供開始したAI契約審査プラットフォーム「LegalForce」、2021年1月よりAI契約書管理システム「LegalForceキャビネ」の正式版を提供しています。

【株式会社LegalForce】 (URL:https://legalforce-cloud.com
・会社名:株式会社LegalForce
・所在地:〒135-0061 東京都江東区豊洲三丁目2番20号 豊洲フロント6階
・代表者:代表取締役CEO角田 望
・事業内容:法律業務に関するソフトウェアの研究・開発・運営・保守
・資本金等:41.9億円(資本準備金等含)(2021年2月現在)
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社LegalForce >
  3. AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」法律事務所による導入 200事務所突破