【YouTubeランキング】月間動画再生数~アヴリル・堂本剛ランクイン/ITZY華麗なダンスを披露~

今回は、9月1日〜9月30日にYouTubeで公開された本編動画の月間再生数ランキングTOP10を発表。 尚、対象は、企業公式チャンネルで公開された動画を除く、1分以上の動画。
TOP10のうち、音楽系動画が5動画を占めており、YouTubeにおいては再生数が獲得しやすいジャンルとなっている。
1位は『Vaundy』の新曲で、菅田将暉が出演しているミュージックビデオがランクインしている。
3位には扇状的なサムネイルの『お風呂女子こての/Koteno』がランクインしており、YouTubeレギュレーションのギリギリを攻めている動画なだけに、視聴者からの関心度も高いのではないか。
YouTuberでは、『竹原テレビ:5位(575万再生)』『HikakinTV:6位(560万再生)/9位:(503万再生)』『コムドット:10位(472万再生)』がランクインしており、人気の高さがうかがえる。
株式会社アナライズログが運営するYouTube分析ツール『Digital Creators(デジタルクリエイターズ)』が独自に調査したYouTube週間動画再生数ランキングTop10を発表します。対象は、9月1日~9月30日にアップされた動画となります。20位までのランキングは下記、デジタルクリエイターズで発表しています。
https://digitalcreators.jp/youtube_ranking_1m_221001/
※本PRtimesに公開した記事は、nofollowをつけずに上記ランキングのリンクを設定した場合のみ、使用許諾をしております。
  • 【本編動画月間再生数ランキングTOP10】

 

YouTubeランキング【本編】YouTubeランキング【本編】

Vaundy(1位)
『Vaundy』自身が監督を務め、『菅田将暉』が出演している新曲PVが1位にランクイン。
『Vaundy』は自身最大規模となるアリーナツアーを、2023年11月2024年1月にかけて実施することも発表している。
公開された初週と比較すると、231万再生から653万再生まで拡大した。

THE FIRST TAKE(2,7位)
2位にランクインした動画は、今年デビュー20周年を迎える、世界的歌手である『Avril Lavigne』の『Complicated』。
この曲は、”複雑な人生や裏表のある人とのつながりを描き、世界中の人々の心を掴み続けいている楽曲”で、『Avril Lavigne』の曲中では、外せない名曲である。
公開された初週と比較すると、283万再生から651万再生まで拡大した。

『KinKi Kids』の『堂本剛』のソロプロジェクトである『ENDRECHERI』のシンガーソングライターのデビュー曲である『街』を披露しており、7位にランクインしている、
9月16日公開に公開し、2日間程度で308万再生を獲得している。
『ENDRECHERI』は今年デビュー20周年を迎える。
公開された初週と比較すると、308万再生から551万再生まで拡大した。

お風呂女子こての / Koteno(3位)
日本各地の温泉を、『こての』の入浴シーンの映像を用いて紹介しているチャンネル。
今回は福島県芦ノ牧温泉の「大川荘」を紹介しているプレミア公開された動画がランクインしている。
「大川荘」は大人気アニメ『鬼滅の刃』のモチーフになっているのではと言われている。
食事も紹介しているが、上目遣いを意識したカメラアングルでカメラにおさめられている。
その後、お風呂の紹介を行っているが、タオル一枚で温泉の紹介を進めていく様は、視聴者のドキドキを煽る構成となっている。
また、今回のサムネイルが煽情的な画像となっており、コメント欄でも話題になっている。
公開された初週と比較すると、247万再生から627万再生まで拡大している。

JO1(4位)
10月12日に発売予定の6thシングル『MIDNIGHT SUN』に収録されている『Super Cali』のミュージックビデオを公開。
『JO1』は初のアリーナツアーを実施中で、10月22日〜23日に東京で3公演を追加する発表がされている。
公開された初週と比較すると、110万再生から602万再生まで拡大している。

竹原テレビ(5位)
5位にランクインした動画は、竹原と若者が胸ぐらを掴むシーンのダイジェストから始まっている。
ジムの前で嫌がらせをしていた若者たちが「世界チャンピオンだかなんだかしらんけどやろうや」などと横柄な態度で乗り込んできており、竹原のジムに通う弟子たち三人が、若者のスパーリング相手をしている。
相手をした弟子の中には、K-1チャンピンもおり、竹原に対して不敬な態度をとる若者に、「敬えよ」と我慢がならないようだった。
公開された初週と比較すると、209万再生から575万再生まで拡大している。

HikakinTV(6,9位)
『福山雅治』がヒカキン宅に訪れている。
9月16日公開し2日間で、294万再生を獲得している。
ショート動画の撮影や、ヒカキンの兄である『セイキン』にリモートでドッキリをしかけている。
『ヒカキン』『福山雅治』『セイキン』で、『虹』のセッションもしており、大興奮の展開となっている。
また、『ガリレオ』の主題歌であった『KISSして』のセッションも実現している。
その後はゲームを一緒にプレイしたり、1個10万円、50万円、100万円の桃を食べたり、質問コーナーなどを設けており、見どころたっぷっりな動画となっている。
公開された初週と比較すると、294万再生から560万再生まで拡大している。

生き物系YouTuberの『おろちんゆー』とのコラボ動画。
巨大ナマズ釣りに挑戦しているが、一匹も捕獲することができず、挑戦は2日目に持ち越している。
2日目の挑戦では、捕獲場所を変え、釣りでアメリカナマズ捕獲に作戦変更をしている。
作戦変更が功を奏し、『ヒカキン』が、まさかの巨大スッポンを釣り上げている。なかなか見ないサイズのスッポンに、おろちんゆーも大興奮。そのすぐ後には、お目当ての巨大ナマズも釣り上げている。
おろちんゆーもナマズを釣ったが、赤ちゃんサイズのナマズで、巨大サイズを釣り上げた『ヒカキン』は流石としか言いようがない。
公開された初週と比較すると、397万再生から503万再生まで拡大している。

コムドット(10位)
10位には、「せいらweeek」の第4弾動画がランクイン。
9月18日(日)に公開され1日で、175万再生を獲得している。
動画は『せいら』に「ViViの大事な仕事があるのに お兄ちゃんが事故ったら せいらはどうなるのか」というドッキリを仕掛けている。
過去にも定期的に実施している“コムドットのドッキリ企画”は、クオリティーが高く、視聴者のワクワクドキドキ感を煽っている。
ドッキリが始まってからは、メンバーや裏方と楽しそうに話す『せいら』の様子も垣間見れる。
『ひゅうが』にかかってきた電話で空気は一変。
事態を聞いた『せいら』は「気持ち悪い」とこぼし、不穏な空気が流れ、遂には泣き出してしまう。
『やまと』は別室でモニタリングしているが、泣き出してしまった『せいら』を見て、「やりすぎてしまった」「本当にごめんなさい これはもうダメだ」と後悔の念を吐露しており、『やまと』まで泣き出す始末。
『ゆうた』が『ViVi』の仕事を断る流れで進める中、『せいら』は「やまとなら行けって言う」と仕事に行く決断をする。
ネタバラシでは、『やまと』の無事がわかり、号泣してしまう『せいら』だが、「私がアルファードで100回轢くわ」「いいや生きてるから別に」と気丈に振舞っている。
そんな『せいら』に、チームメンバー全員で“土下座”をして謝罪している。
公開された初週と比較すると、175万再生から472万再生まで拡大している。
  • 【ショート動画TOP10ランキング】

YouTube【ショート】YouTube【ショート】

10動画中、『spider-maaaaaaan / スパイダーメーン』が3動画(1位:5919万再生/6位:2200万再生/8位:1935万再生)、『BayashiTV』が4動画(3位:2943万再生/7位:2083万再生/9位:1916万再生/10位:1910万再生)にランクインしており、この2チャンネルで、7動画を占めている。

ランキング常連チャンネルであった、『Ssgawa /さがわ』は1動画(4位:2555万再生)がランクインしているものの、『Saito/さいとう』や『ISEEI/いっせい』『Junya』はランクインしていない。
  • 【全動画TOP10ランキング】

YouTubeランキングYouTubeランキング

TOP10のランキングは、ショート動画と同じ顔ぶれになっているが、
TOP20で見ると、『ISEEI/いっせい(11位:1817万再生)』『Saito/さいとう(12位:1808万再生)』もランクインしている。
また、15位(1585 万再生)には『放置少女- 公式チャンネル』、17位(1368万再生)には『ドラゴンクエストウォーク公式』がランクインしており、「YouTube×ゲーム」の親和性の高さで、多く出稿されているのではないか。
  • 【Digital Creators】YouTubeで人気の動画を週間ランキングで発表。

Digital Creatorsは、YouTubeの人気チャンネルや動画などのランキングデーターを無料でチェックできるサイトです。YouTube動画再生数ランキングは、週間ランキングや月間ランキングや年間ランキングなど期間別のランキングのほかに、ジャンル別ランキングなど、様々なデーターを公開していく予定です。
また、広告代理店や、YouTubeをプロモーションで活用したい企業の方に向けに、有料で、詳細データーも提供しています。
※DigitalCreatorsについてのプレスリリースは、別途、実施を予定しています。
 
  • 【運営会社:株式会社アナライズログについて】
弊社は、YouTuberなどの『クリエイター・ファースト』のエコシステムの構築、ならびに、アニメや漫画など日本コンテンツ企業のYouTubeをはじめとしたデジタル戦略作成&運用サポートを目的として、2018年5月に設立。現在はインフルエンサーのエージェントから、デジタル系広告代理店へと事業拡大を行なっています。

創業者チームはGoogle/YouTube、avex、みずほ銀行、人気YouTuberでの様々なバックグラウンドを持っており、YouTubeに関するノウハウだけでなく、テック&エンタテインメント&ビジネスにも強みを有しています。

従来の事務所型専属モデルではなく、エージェントという新しい形でオンラインクリエイターの新たなエコシステムの構築を目指しており、世界No.1YouTuberと言われる『Ryan’s World』(*)や『すしらーめん《りく》』、『こたみのチャンネル』、『せんももあいしーCh Sen, Momo, Ai & Shii』、『ホモサピ』などの人気YouTuberを中心にエージェント契約を締結。

会社名: 株式会社アナライズログ
経営陣:
代表取締役CEO 三浦謙介
ファウンダー代表取締役COO 萩原穣
取締役:高木政臣
社外取締役:Benjamin Grubbs(Next10Ventures CEO)
社外取締役:池田竜介(YouTubeチャンネル『がっちゃんねる』運営)
設立:2018年5月22日
本社:東京都港区南青山 2-26-32 セイザンⅠ 1002
資本金:4億3993万円(資本準備金含む)
事業内容:YouTuberなどインフルエンサーのエージェント事業
URL:https://analyzelog.jp
デジタルクリエイターズ:​https://digitalcreators.jp/category/youtube-ranking
採用:https://www.wantedly.com/projects/598774

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アナライズログ >
  3. 【YouTubeランキング】月間動画再生数~アヴリル・堂本剛ランクイン/ITZY華麗なダンスを披露~