Maserati meets Fragment マセラティとキング・オブ・ストリート 藤原ヒロシがコラボレーション 限定モデル ギブリ オペラネラ、ギブリ オペラビアンカを発表

マセラティは、日本のストリートカルチャーシーンを牽引してきた藤原ヒロシ氏とのコラボレーションにより生まれた作品を、東京で世界初公開いたしました。このコラボレーションによって到達したのは、国境も業種も関係のない、すべての境界線を越えた、ルールに縛られない大胆な領域で、音楽が車という形態で表現されています。二重奏といも言うべきこの作品は、オペラネラとオペラビアンカ、2つの対照的なカラーを纏ったマセラティ ギブリの特別仕様車として登場しました。

本コラボレーションは、自分の好みに合わせてユニークなマセラティをオーダーすることのできるカスタマイズド・プログラム「マセラティ フオリセリエ」によって誕生しています。ここではクルマは単なるマシンではなく、テイラーメイドの衣服となり、自分自身を表現する術として、また現代のラグジュアリーの象徴として、ストリートを闊歩します。藤原ヒロシ氏は、「キング・オブ・ストリート」として崇拝される独自の世界観を持った人物で、1980年代に東京のストリートカルチャーを作り上げ、日出ずる国にヒップホップを持ち込んだ最初のDJの一人であり、プロデューサー兼ミュージシャンとして、世界的なアーティストと作品を生み出してきました。

ビジュアルアーティストとしては、都会的な空気感を表現することを得意としています。マセラティと藤原ヒロシ氏を結びつけるのは、あらゆる障壁を取り除き、行動に移す大胆さです。異端児とも呼べる二者が、イタリアのデザインと日本の細部にわたるこだわりを融合させたことで、この限定車が誕生しました。

独自の確固たるスタイルをもつマセラティとフラグメント・デザインに象徴される藤原ヒロシ氏のストリートスタイルが出会うとき、真の意味において二重奏といえるクリエイティブパートナーシップが生まれたのです。

Maserati meets Fragment-それは、スポーツセダン「ギブリ ハイブリッド」のグランルッソ・トリムをベースに、黒と白のモノトーンで構成される2つのエクスクルーシブなルックスを纏うクルマで、全世界で175台が販売されます。

エクステリアカラーだけでなく、ブラックカラーのホイールやドア・ハンドルなど細部にわたって色が統一されています。一方、インテリアはプレミアムレザーとアルカンターラのコンビネーションで構成され、スティッチやヘッドレストのトライデントにはコントラストの効いたシルバーのインサートが施されています。シートベルトはダークブルーを採用しています。そして最も目を引くのは、象徴的なフロントグリルです。藤原氏の都会的な感覚は、このモデルのために特別にデザインされた専用グリルとロゴに反映されています。20インチのUranoマットブラックホイールが装着され、CピラーにはFragmentロゴの入った専用バッジが取り付けられており、エクステリアの完成度を高めています。

そして、マセラティのデザイン・アイコンとも言える3連のサイドエアダクトの下部には、「M157110519FRG」というコードが表示されています。この英数字のタグは、パートナーシップを封印するもので、最初の4文字(M157)はギブリの開発コード、次の6文字の数字(110519)は藤原ヒロシ氏とマセラティ・デザイン・センターの最初の出会いの日(2019年11月5日)を意味し、最後の3文字(FRG)はフラグメントの頭文字です。

このクルマの発売に合わせ、限定車と同じく型破りな精神で藤原ヒロシとの共同デザインによって生まれたカプセル・コレクションが発売されます。

Maserati meets Fragment

Maserati Ghibli Operanera / Maserati Ghibli Operabianca
世界限定175台(日本限定40台)
希望小売価格 14,250,000円(税込)
全国のマセラティ正規ディーラーにて販売

特別装備内容
-        ネロ/ビアンコのソリッドカラー + マットブラックのバイカラー
-        専用グリル
-        20インチウラノマットブラックホイール
-        Cピラーのフラグメント・エンブレム
-        アルカンターラ/レザーシート素材(フラグメントロゴのエンボス)
-        ブルーシートベルト
-        専用スティッチ

 

Fragment meets Maserati

カプセル・コレクション
6月25日(金)~7月11日(日)にMaserati meets Fragment Pop-up Storeで限定販売

フーディ 17,820円  

ジップアップ・フーディ 18,480円

キャップ 8,800円

Maserati S.p.A.
マセラティは、並外れた個性で全車種において一目で認識される唯一無二の車を生産しています。マセラティは、そのスタイル、テクノロジー、そして、もって生まれた高級感により、高度な要求をする目の肥えた人々を魅了し、常に世界の自動車業界のベンチマークとなってきました。成功を収めた車の伝統は、デザイン、パフォーマンス、快適さ、優雅さ、安全性のそれぞれの観点からイタリアのスポーツカーを再定義し、現在70か国以上の市場で販売されています。現在のラインアップは、旗艦車のクアトロポルテ、スポーツセダンのギブリ、そしてマセラティ初のSUVレヴァンテであり、すべてのモデルに最高品質素材の使用し、卓越した技術を兼ね備えていることが特徴です。ギブリとレヴァンテには、トライデントブランド初の電気自動車であるハイブリッドバージョンも用意されています。V6とV8のガソリンエンジン、4気筒のハイブリッドエンジンを搭載し、後輪駆動と4輪駆動を備える充実したラインアップとなっています。パワフルな580ps V8エンジンを搭載した、ギブリ、クアトロポルテ、レヴァンテで構成されるトロフェオコレクションは、性能面においてトライデントブランドのDNAをさらに体現しています。最高級のスーパースポーツカーMC20は、革新的なネットゥーノV6エンジンを搭載し、標準生産車のパワーユニットとして初めてF1由来のテクノロジーを採用しています。現在、マセラティ製品は3つの工場で生産されています。ギブリとクアトロポルテはグルグリアスコ(トリノ)にあるアヴォカート ジョバンニ アニエリ工場(AGAP)で、レヴァンテはトリノのミラフィオーリ工場にて。MC20は、モデナの歴史的なヴィアーレ チロメノッティ工場で生産されています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. マセラティ ジャパン株式会社 >
  3. Maserati meets Fragment マセラティとキング・オブ・ストリート 藤原ヒロシがコラボレーション 限定モデル ギブリ オペラネラ、ギブリ オペラビアンカを発表