10代女性の2022年トレンド予測を発表 「K-POP第四世代」、「吸死」、「囲み目メイク」ら選出 ~注目のZ世代インフルエンサーが続々~ 2021年下半期トレンドランキングも一挙公開

SNSトレンドとZ世代インサイトの研究機関「memedays(ミームデイズ)」は、このたび「10代女性の2022年トレンド予測および2021年下半期トレンド」に関する調査を実施いたしました。
[調査概要]
・調査対象:15~19歳 女性604名 ・調査日:2021年11月16~17日 ・調査方法:インターネット調査

◆ 2022年の10代トレンドキーワードを予測


10代トレンドとなるキーワードを予測するにあたり、10代女性が回答した「2022年に流行しそうなもの」の中から、特に注目すべきものをmemedaysで選出。「芸能人・インフルエンサー」部門と「エンタメ・アイテム」部門でまとめました。

※SNSやYouTubeでのUGC数、フォロワー数、再生回数、チャンネル登録者数は、12月7日時点のものです。
※本リリースに掲載している商品またはサービスなどの名称は、各社の商標または登録商標です。
・YouTubeは、Google LLC の商標です。
・Twitterは、Twitter,Inc.の商標または登録商標です。
・Instagramは、Instagram,Inc.の商標または登録商標です。


「芸能人・インフルエンサー」部門予測

はじめに選出したのは「K-POP第四世代」。2000年代生まれの若いメンバー中心で構成されたグループを指し、筆頭格には「ITZY」「aespa」「TXT(TOMORROW X TOGETHER)」「ENHYPEN」らが挙げられます。すでに韓国内では次々と輝かしい記録を打ち立てている彼ら・彼女らの人気は日本でもさらに高まっていくこと必至。新しいスターも続々と誕生しそうです。

次に選出した「ゆら猫」は、緑髪のメッシュとダークな雰囲気のメイクがトレードマークのTikToker。発信を始めて8か月で100万フォロワー超と、驚異的なスピードでファンを増やしています。元アイドルという経歴を持ち、「踊ってみた」動画は毎回大きな反響を得ています。

「むくえな」は幼馴染の女性2人によるYouTuberです。ひたすら好きなものを食べながら雑談するゆるい動画をアップしており、等身大で共感できると支持されています。

「ばんばんざい」は、ドッキリ、大食い、歌ってみたなどを投稿している男性1人、女性2人の男女3人組YouTuber。2021年8月に登録者数100万人を突破。特にメンバーの「るな」は10代に絶大な人気を誇るリアリティー番組「今日、好きになりました」(AbemaTV)に出演したことで高い知名度を得ています。

最後に選出したのは、Z世代美容系インフルエンサーの「nanakoななこ」です。発信当初は現役女子大生として親近感のある動画で人気を博し、今や若年層の美容購買行動に大きな影響を及ぼすほどになっています。


「エンタメ・アイテム」部門予測

2022年2月に公開予定の映画「君が落とした青空」を選出しました。女子中高生に人気の読書アプリ「野いちご」で“切ない小説ランキング”第1位を獲得した同名作品が原作で、注目の若手俳優「福本莉子」「松田元太(Travis Japan/ジャニーズJr.)」がW主演を務めます。2021年に10代にヒットした映画といえば「花束みたいな恋をした」が記憶に新しいですが、それに続くヒットとなるか注目です。

続いて選出したのは「吸血鬼すぐ死ぬ」。「週刊少年チャンピオン」で連載中の漫画作品で、2021年10月よりテレビアニメも放送中です。超個性派なキャラクターたちが見どころで、作中のセリフなども今後の流行に繋がっていく可能性があります。

2016年頃に社会現象を巻き起こした「おそ松さん」は、2022年3月にSnow Man主演で実写映画化されることから、再びSNS上の話題を席巻すると予想されます。

メイクの分野からは「囲み目メイク」を選出。2021年は10代女子の間で平成ギャルがトレンド化し「ロングブーツ」「ルーズソックス」が流行しましたが、その流れからアイライナーで目の周りを強調するギャルメイクに注目が集まっています。芸能人・インフルエンサー部門で言及した韓国のガールズグループ「aespa」のサイボーグ感のある囲み目メイクもSNSで話題です。

ファッションでは「Y2Kファッション」を選出しました。2000年頃に流行したファッションを指し、お腹見せトップス、ミニスカート、カラフル、ビーズアクセサリーなどが挙げられますが、メイクと同じく平成ギャルの流れを汲んでいます。


◆ 「2021年下半期10代トレンドランキング」を、一挙公開!

続いて、2021年下半期トレンドを調査し、「SNSミーム」、「芸能人」、「インフルエンサー」、「エンタメ」、「アイテム」、5つの部門ごとにランキング化しました。
※前回調査結果「10代女性の2021年下半期トレンド予測および2021年上半期トレンド」:https://memedays.jp/research/750/


「SNSミーム」部門

InstagramやTikTokなどで広がる投稿アイデア=「SNSミーム」のトレンドランキングでは、「地球グミ」が1位となりました。2021年上半期アイテム部門ランキングで1位でしたが、下半期はSNSへの投稿がさらに活性化した様子が見て取れます。2位から4位にはTikTokで人気だった投稿ネタ「おはようでやんす」「写り込みチャレンジ」「卒アルお父さん」がランクイン。その他、Instagramで人気だった「青空サイダー(雲グミ)」「プリトレカ(キューナナパーセント)」などがあがりました。
 



「芸能人」部門

1位は「菅田将暉」となりました。すでに人気・実力ともに日本を代表する俳優ですが、映画「花束みたいな恋をした」が大ヒットしたことで、10代の間で2021年流行の顔と記憶されたようです。また2021年11月に結婚を発表した「小松菜奈」が2位に入っていることから、この2人が10代の中で非常に影響力を持っていることがうかがえます。3位は2021年下半期予測で選出した「INI」がランクイン。デビューシングルは初週50万枚以上を売り上げ、第63回日本レコード大賞新人賞を受賞。最優秀新人賞の行方が注目されます。4位の「生見愛瑠」、5位の「道枝駿佑(なにわ男子)」は以前よりメディア露出が多かったことに加え、今回のエンタメ部門にランクインしているドラマにそれぞれ出演したことをきっかけに、人気が拡大したようです。



「インフルエンサー」部門

1位は登録者数185万人超の女性2人組YouTuber「平成フラミンゴ」でした。幼馴染という関係性から繰り出される子どものような変顔やギャグが人気を博し、チャンネル開設から約1年半で一躍トップインフルエンサーに駆け上がっています。2位は関西発・男女2人組インフルエンサー「夜のひと笑い」。もともとはカップルでしたが、11月に動画で破局を報告。関係性は変わっても活動は継続していくとしており、引き続き注目です。3位は女性3人組YouTuber「くれいじーまぐねっと」がランクインしました。2018年のチャンネル開設から着実に登録者数を伸ばし、現在は148万人を超えています。4位はTikTokでは「徳川家康」の名前で発信している「加藤乃愛」です。2020年にTikTokを始めて以降、一気にフォロワーを伸ばし、2021年は恋愛リアリティー番組への出演やスタイルブックの出版と、活躍の場を広げています。5位は2021年下半期予測で選出した8人組YouTuber「48-フォーエイト-」が入りました。



「エンタメ」部門

1位は韓国発のNetflix 作品「イカゲーム」です。ハロウィンの時期には作中に登場する「緑ジャージ」のコスプレ投稿がSNSをにぎわせ、韓国版カルメ焼「ダルゴナ」が人気になるなど様々な場面に影響が及んでいます。2位は「道枝駿佑(なにわ男子)」「目黒蓮(Snow Man)」のダブル主演ドラマ「消えた初恋」がランクイン。SNSでの反響を受け、Netflixなど海外244の国と地域での配信も決まっています。3位は「週刊少年ジャンプ」で連載中の漫画「僕のヒーローアカデミア」です。2021年はテレビアニメの放送とあわせて8月に映画も公開され、様々なメディアで話題にのぼりました。4位は現在放送中のドラマ「恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール」。キュンとするシーンが盛りだくさんで、毎回放送後にはTwitterで感想投稿がにぎわっています。



「アイテム」部門

1位は「マリトッツォ」でした。2021年上半期から人気のスイーツでしたが、下半期は「どらトッツォ」「すしトッツォ」など派生メニューが続々登場し、一年を通じて人気を拡大し続けたトレンドアイテムとなりました。2位はKATEの「リップモンスター」がランクイン。マスク着用でリップ市場は縮小傾向にあると言われる中、SNS発で人気に火が付き、売り切れ続出となりました。2021年を代表するバズコスメです。3位は中国発のファッションECサイト「SHEIN」。個性的なアイテムが激安で買えると若者から絶大な支持を受け、TikTokやInstagramで購入品の投稿が相次いでいます。4位は韓国発のマカロンで、ぷっくりとした見た目がかわいい「トゥンカロン」。日本でも専門店が増加しています。5位は「ピスタチオ」がランクイン。コンビニやスーパーではピスタチオグリーンのスイーツが棚を彩りましたが、コスメやファッションでもトレンドカラーとして取り入れられています。

 

SNSトレンドとZ世代インサイトの研究機関。InstagramやTikTokなどで広がる投稿アイデア=「SNSミーム」のトレンドを、生活者およびメディアや企業へ提供しています。Z世代の消費動向に影響を及ぼす「SNSミーム」は非言語で伝わるため、国境を越えて世界中で流行しています。今後は、さらに世代を越えて影響を及ぼす可能性を秘めています。このトレンドをいち早くキャッチすることで、好感と購買へ繋がる新しいマーケティング戦略を提案いたします。同時に、SNSのポジティブな楽しみ方を広めることで、若年層のメンタルヘルス問題にも取り組んでまいります。

ウェブサイト:https://memedays.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/memedays_jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. トレンダーズ株式会社 >
  3. 10代女性の2022年トレンド予測を発表 「K-POP第四世代」、「吸死」、「囲み目メイク」ら選出 ~注目のZ世代インフルエンサーが続々~ 2021年下半期トレンドランキングも一挙公開