MICE主催者向けPCR検査等支援補助金の新設について

参加者等のPCR検査等の検査費用を支援します!

 京都市及び公益財団法人京都文化交流コンベンションビューローでは, コロナ下におけるMICE開催に際し, 参加者等へのPCR 検査 等の費用を負担する「MICE主催者向けPCR検査等 支援補助金」の運用を開始します。
 出発前にPCR 検査 等 を行うMICE主催者に対して支援することで,参加者等の事前検査を促進し,安心・安全の確保を図りながらMICE開催による市域経済の早期の需要回復を促進してまいります 。
 申請は,令和3年10月1日 から当財団のホームページ にて受付を開始します。なお,本補助金制度以外にも,規模や使途に合わせて様々な助成金も併せて活用いただけます。

  • MICE主催者向けPCR検査等支援補助金
・補助対象:MICE主催者(令和3年10月1日~令和4年3月31日に開催されるMICEに限る)
・対象事業:現地参加者向けのPCR検査等に要する経費
・補助率等:5分の4
・補助上限額:会議規模に応じ設定(小規模150万円/中規模200万円/大規模300万円)
・申請受付期間:令和3年10月1日~令和4年3月31日(予定)

※今後の新型コロナウイルス 感染症 の状況により内容を変更 等 する可能性があります。
 
  • 京都市MICE補助金・助成金制度(既存制度)
(1)安心・安全なMICE開催支援(MICE主催者向け)補助金 (別紙1②)
・補助対象:会議,企業ミーティング,インセンティブツアー等の主催者
・対象事業:感染拡大予防対策経費(3密回避のための会議室追加,マスクの購入等)
・補助率等:対象経費の3分の2以内,最大30万円

(2)京都らしいMICE開催支援補助制度 (別紙1③)
 文化プログラム,伝統産業プログラム
・補助対象:会議,企業ミーティング,インセンティブツアー等の主催者
・補助上限額:それぞれ最大50万円

(3)小規模・中規模MICE開催支援助成金 (別紙2④)
・補助対象:会議,企業ミーティング,インセンティブツアー等の主催者
・補助上限額:最大30万円(小規模)/最大60万円(中規模)

(4)令和3年度 大規模コンベンション開催支援助成金 (別紙2⑤)
・補助対象:学会,会議,総会,大会等の主催者
・対象事業:今年度中に開催される会議(参加者数500名以上)開催に係る経費
・助成額:最大1,000万円

(5)大規模国際コンベンション開催支援助成金(別紙2⑥)
・補助対象:学会,会議,総会,大会等の主催者
・対象事業:会議等の開催に要する経費
・助成額:最大1,000万円

(6)大規模国際コンベンション誘致支援助成金(別紙2⑦)
・補助対象:学会,会議,総会,大会等の主催者
・対象事業:会議等の誘致活動に要する経費
・助成額:最大100万円

※詳細は,別紙の各助成金制度の概要や公益財団法人京都文化交流コンベンションビューローホームページ
https://meetkyoto.jp/ja)の助成金ページ に掲載している各要綱を御参照ください。 また、今年度より,助成金の受付はホームページ「申請フォーム」から承っております。

※別紙に関してはPRTIMES上のリリース資料をご確認ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 京都市 >
  3. MICE主催者向けPCR検査等支援補助金の新設について