【TVer】2020年7-9月期 ユーザー利用状況

・サービス開始5年で月間動画再生数は1億回を突破、9月は過去最高の1350万MAU・認知率は過去最高値の63.2%、Teen層の認知率が大きく上昇

民放公式テレビポータル「TVer (ティーバー)」の2020年7-9月期ユーザー利用状況と、2020年7-9月期の全配信番組の動画再⽣数をもとにした「番組再⽣数ランキング」をお知らせいたします。
TVerユーザー利用状況と認知率】
サービス開始5年で月間動画再生数は1億回を突破、9月は過去最高の1350万MAU
TVerは民放公式の見逃し配信サービスとして2015年10月に誕生し、今月5周年を迎えることができました。TVerは多くのユーザーに利用されるサービスとなり、今年7月の月間動画再生数は初めて1億を越え、過去最高の1億2065万回(※1)となり、9月はこれまでで最高の1350万MAU(※2)となる等、順調に伸長しています。7月期においては過去に放送されたアーカイブ作品を4月期から継続して配信したことや、新しいコンテンツへの期待感が高まる中で、新たに放送を開始した番組の見逃し配信がTVerの利用拡大に寄与したと考えられます。
※1: TVer単体の動画再生数(株式会社ビデオリサーチ調べ・速報値)
※2:マンスリーアクティブユーザー

TVerの認知率は全体層で過去最高値の63.2%、Teen層の認知率が大きく上昇
2020年9月時点で、全国15~69歳の男女におけるTVerの認知率(※3)は、全体層では過去最高値の63.2%(前回2020年6月調査から+0.9pt)となり、引き続き60%を超える結果となりました。性年齢別では、女性Teen層が74.5%(+7.7pt)、男性Teen層67.4(+4.4pt)、F1層68.6%(+2.5pt)となる等、特に女性の若年層を中心に認知率が大きく上昇しました。プロモーションやテレビ番組内で積極的に行った配信告知等の他、特にTeen層においてはSNS等が情報源となり認知率の上昇に繋がりました。
※3: 2020年9月「無料動画配信サービス及びTVerに関する調査」(TVer/株式会社マクロミル調べ)

TVerおよびTVer参加局によるキャッチアップサービスの概況
TVerおよびTVerに参加している民放各社のその他キャッチアップサービス全体では、7月の月間動画再生数が1億6009万回、9月は1899万MAU(※4)とそれぞれ記録を更新し、キャッチアップサービス市場は活性化しています。その中でもTVerが占める割合はさらに高まり、市場の拡大を牽引するサービスに成長しています。
※4: TVer・自社キャッチアップサービス・他社プラットフォームの合計の動画再生数とMAU(株式会社ビデオリサーチ調べ・速報値)

2020年7-9月期 番組再生数ランキング】
7-9月期の全配信番組の動画再⽣数をもとにした「番組再⽣数ランキング トップ10」をお知らせいたします。
・1位︓TBSテレビ「私の家政夫ナギサさん」(10) 1673万
・2位︓TBSテレビ「MIU404」(11) 1575万
・3位︓フジテレビ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(11) 1172万
・4位︓TBSテレビ「半沢直樹(新シリーズ)」(10) 914万
・5位︓日本テレビ「私たちはどうかしている」(8) 855万
・6位︓TBSテレビ「逃げるは恥だが役に立つムズキュン!特別編」(11) 836万★
・7位︓日本テレビ「親バカ青春白書」(7) 804万
・8位︓日本テレビ「未満警察 ミッドナイトランナー」(10) 691万
・9位:読売テレビ「ギルティ~この恋は罪ですか?~」(8) 591万
・10位:TBSテレビ「半沢直樹(新シリーズ)ダイジェスト&次回予告」(8)538万
※計測期間:2020年7月1日~9月30日TVer番組動画再⽣数(株式会社ビデオリサーチ調べ)
※⾃社キャッチアップサービスと他社プラットフォーム等を除く
※番組ごとのエピソード数、エピソードごとの配信期間は異なります
※( )内は期間内の配信エピソード数
※★は2020年6月以前に放送した作品

7-9月期の番組再⽣数1位は、TBSテレビ「私の家政夫ナギサさん」となりました。仕事はできるが家事と恋には不器用な28歳独身女性(多部未華子)が、おじさん家政夫(大森南朋)を雇うことで巻き起こるハートフルラブコメディーを描いた作品で、特にF1-2層に多く視聴されました。他にも7月から放送を開始したドラマコンテンツが幅広い年齢層で視聴されました。

■民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」について
2015年10月にスタートした「TVer」は民放公式のキャッチアップ(見逃し配信)サービスとして、現在、在京民放5社(日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビ)、在阪民放5社(毎日放送、朝日放送テレビ、テレビ大阪、関西テレビ、読売テレビ)ほか各局含め、約300番組を無料配信しています。

■「TVer(ティーバー)」のサービスについて
◆完全無料!番組の放送終了後から次回放送までの約7日間見放題!
※インターネットの通信料やプロバイダ接続料等はお客様のご負担となります
◆安心安全!民放テレビ局が制作した番組コンテンツを配信
◆パソコン、スマートフォン、タブレット、テレビ、好きなデバイスで視聴可能!
・TVerウェブサイト https://tver.jp/
・TVerアプリ https://tver.jp/info/app.html
・TVer テレビアプリ https://tver.jp/info/tvapp.html
※NHKの番組やライブ配信など一部コンテンツはテレビアプリ及びChromecastでは視聴できません
◆お気に入りのタレントや番組名を登録できる便利なマイリスト機能
◆全国対応した番組表(地上波・BS)を搭載(ウェブサイト/スマートフォン・タブレットアプリ)

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社TVer >
  3. 【TVer】2020年7-9月期 ユーザー利用状況