マックスマーラ2021年リゾートコレクション

マックスマーラは7月6日(現地時間)、イタリア ミラノにて2021年リゾートコレクションを発表致しました。

 










「理性とロマンス」をテーマに、ロシア・サンクトペテルブルクにインスパイアされたコレクション。

プーシキンやトルストイ、チャイコフスキーを生み出した都市であるサンクトペテルブルクから着想を得、また 国立エルミタージュ美術館が所蔵する皇族や貴族が身に着けた数々の衣装に触れ、マックスマーラの秩序のある優れたデザインと抒情的なロマンティックな側面を解き放ちます。

モダニスト感覚が際立つダブル フェイスのチュニックと組み合わされたハンカチーフヘムスカートや、ミルキーホワイトのテディベアコートを上に重ねてコントラストを効かせ透けたドロップウエストが特徴的なドレスなど、
マックスマーラの非常に合理的なテーラリングを引き立てるロマンティックな要素になっています。

コレクションのストーリーの中心をなす様々なコントラストをつなぎ合わせながら、新構成主義を感じさせる融合をもたらしています。





 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社マックスマーラ ジャパン >
  3. マックスマーラ2021年リゾートコレクション