全国400校導入の高校生向け求人票デジタル共有システム「Handy進路指導室」が、ケーズデンキに導入

家電量販店初となる「就職指導DXサポーター」として、学校現場の働き方改革を共に推進

株式会社スタジアム(本社:東京都港区、代表取締役兼CEO:太田靖宏、以下スタジアム)は、2022年11月1日より、当社が提供する高校生向け求人票デジタル共有システム「Handy進路指導室」が、株式会社ケーズホールディングス(本社:茨城県水戸市、代表取締役社長執行役員:平本忠、以下ケーズHD)に導入されることをお知らせいたします。また、ケーズHDは、高校生の就職活動と就職指導に関わる教員の皆様の働き方を支援する「高卒就活DXサポーター」企業となりました。

 

[Handy進路指導室の導入背景]
ケーズHDでは、毎年多くの高校生の就職希望者を採用してきました。従来から、高校生の採用にあたっては、就職協定に基づく「紙」の求人票を介した採用活動が一般的となっており、ケーズHDでも、就職を希望される生徒の皆様へ、紙面上の情報(求人票やパンフレット類)をお渡ししてきました。しかしながら、近年の社会のデジタル化の進展に合わせて、スマートフォンやタブレットを介して、働いていただく魅力やメリットを更に分かりやすくお届けする必要性が増しつつあることと、進路指導の教員の皆様にも負担を頂いている求人票の開示業務を軽減していく必要性を感じていました。

従来からの就職活動の流れ従来からの就職活動の流れ

そのため、ケーズHDでは、スタジアムの提供する高校生向け求人票をデジタル共有システム「Handy進路指導室」を導入し、システムが導入されている全国約400校の高校に対して、デジタル化された会社情報をダイレクトに教員の皆様と生徒の皆さんへ届けられるようすることにいたしました。

「Handy進路指導室」による就職活動の流れ「Handy進路指導室」による就職活動の流れ

スタジアムの「Handy進路指導室」によってデータ化した求人票については、就職を希望する生徒がスマートフォン、タブレット等でいつでも閲覧可能になります。学外でも求人票を検索、閲覧できるため、保護者と相談しながら就職先を検討することも可能です。

また、高校では、届いた求人票をPDF化し、スタジアムの「Handy進路指導室」へアップロードするだけで生徒への求人情報の公開ができるため、従来、教員が手作業で行ってきた求人票の整理やデータ入力が軽減され、作業に費やしてきた時間を大幅に削減できます。これにより、生徒一人一人に向き合う、本来の就職指導の時間に充てられるようになります。

[就職指導DXサポーターとの取り組みについて]
今年度は、下記の取り組みを実施予定です。
  • 紙面上の情報(求人票やパンフレット類)以上のデジタル化された会社情報を学校に提供
  • 求人票を学校がデジタル化しやすいデータ形式で学校へ提供
  • 各地の学校で実施される高校生向けの就職指導に関連した授業への協力

(参考:「紙」の求人票を使った、従来からの求人情報の閲覧イメージ)

「紙」の求人票を使った、従来からの求人情報の閲覧イメージ「紙」の求人票を使った、従来からの求人情報の閲覧イメージ

(参考:「Handy進路指導室」によるデジタル化された求人情報の閲覧のイメージ)

デジタル化された求人情報の閲覧のイメージデジタル化された求人情報の閲覧のイメージ

 

 

スタジアムは、「Handy進路指導室」の導入を頂いた「高卒就活DXサポーター」の企業様と協力し、高校生がより広い視野で多くの求人の中から就職先を選択できるよう後押しすること、また、教員の作業を軽減し、本来すべき仕事に集中できる環境づくりや働き方改革にも貢献したいと考えております。

※本プレスリリースに記載されている社名・サービス名等は、各社の商標または登録商標です。

◆ケーズホールディングス会社概要

「ケーズデンキ」の店舗名で約540店舗を全国展開する大型家電専門店です。
お客様の立場に立って「現金値引」「長期無料保証」「あんしんパスポート」の3つのサービスを提供しています。サービス産業生産性協議会の2015年版及び2017年版の日本版顧客満足度指数(JCSI)調査の住設機器サービス部門(調査は隔年実施)において2回連続第1位の評価や2011年版から2019年版までの同調査で家電量販店部門において9年連続で第2位の評価をいただきましたのはそういった当社の、お客様の立場に立って考える姿勢やお客様への対応に対していただいたものと考えています。これからも購入時も購入後もお客様への親切を実行して、安心していただけるようサービスをご提供していきます。

社名     :株式会社ケーズホールディングス
代表者    :代表取締役社長執行役員 平本 忠
所在地    :茨城県水戸市城南2丁目7番5号
設立     :1947年3月
HP       :https://www.ksdenki.co.jp/kshd/

◆「Handy進路指導室」概要
Handy進路指導室は、全国の高校400校以上で導入されている、学校公認の高校生向け求人票管理システムです。紙の求人票をデジタルファイリングすることで、手作業による教員の仕分け作業の手間を軽減し、同時に、生徒はいつも使っているスマートフォンやタブレット、PCから、Web上で自由に求人票を探し出せるようになります。導入にかかる費用や、月額の利用料は一切発生しません(※学校、生徒の利用の場合)。

[提供機能一例]
・教員向け:求人票のデジタルファイリング機能(読込、転記、入力、一覧作成、検索)など
・生徒向け:求人票のスマートフォン/PC閲覧、検索機能など
※URL:https://handy.school/

[主な実績]
・2022年6月デジタル庁後援「日本DX大賞 官民連携部門受賞」

・2022年6月大阪府教育委員会と府内公立高校の就職指導DXについて連携協定を締結

Handy進路指導室 実績Handy進路指導室 実績

◆スタジアム会社概要
東京都に本社を置くベンチャー企業です。同社が提供するオンライン面接システム「インタビューメーカー」は、導入社数2,700社を超え、アイティクラウド株式会社が運営する「ITreview Grid AWARD 2022 Summer」にて、満足度と認知度が高い製品として、Web面接部門の「Leader」、および採用管理(ATS)部門の「High Performer」を受賞しています。(Web面接部門は7期連続、採用管理(ATS)部門は5期連続の受賞)

社名     :株式会社スタジアム
代表者    :代表取締役 兼 CEO 太田 靖宏
所在地    :東京都港区赤坂3-4-3 赤坂マカベビル6F
設立     :2012年8月
HP       :https://stadium.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スタジアム >
  3. 全国400校導入の高校生向け求人票デジタル共有システム「Handy進路指導室」が、ケーズデンキに導入