パーソルグループが日本で初めてTV-CMに人工知能AIを起用、AIの視点でブランドスローガン「はたらいて、笑おう。」を発信

~2017年4月22日(土)より全国で放映~

テンプホールディングスは、グループブランド「PERSOL(パーソル)」に関する大規模広告展開を2017年3月25日(土)より開始しております。世界的なエンジニアとして知られるスティーブ・ウォズニアックさんと、85歳で今もなお現役のトップモデルとして活躍するカルメン・デロリフィチェさんをアイコニックワーカーとして起用し、ブランドスローガン「はたらいて、笑おう。」の世界観を発信してまいりました。

広告展開の第2弾として、新たに人工知能AIを起用したTV-CMを放映いたします。AIが出演するTV-CMは日本初となります。

「人のために働けたという実感をつかんだ時、人は働くことの幸せを最も感じられる。」今回のTV-CMは「他者への貢献、感謝」をテーマに、ブランドスローガン「はたらいて、笑おう。」の思想をAIの擬人化による視点で表現しています。テクノロジーの進化により“人の仕事を奪う存在”として扱われがちなAIが、もしも人のために働くことを幸せと感じていたら。そんな人想いのAI “PERSOL ONE(パーソルワン)”が「働くことの意味」を問いかけるストーリー仕立てのCMです。TV-CMをはじめ、交通、屋外広告やデジタル広告など複数のチャネルを用いて、全国にて展開してまいります。また、パーソルグループの特設WEBサイトでは、30秒のロングバージョン、そして英語バージョンもご覧いただけます。

パーソルグループでは、人材マネジメントやマッチング関連の高度な技術を有するスタートアップ企業への投資を推進する「Temp Innovation Fund」の設立や、データを分析しより良い人事を実現するための『人事情報室』の発足、転職サービス「DODA(デューダ)」へのAI導入など、テクロノジーとともに、人と組織の成長支援を進めております。2017年4月には、「Temp Innovation Fund」による従業員の生産性向上ソリューションを提供するWhoKnowsへの出資も決定いたしました※1。

パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」の世界観実現を目指し、一人でも多くの働く人、企業の成長に貢献してまいります。

※1:詳細につきましてはこちらをご参照ください。
https://www.persol-group.co.jp/news/20170420_948/index.html

TV-CMは、こちらからご覧いただけます。
CM連動特設サイト
https://www.persol-group.co.jp/special/iconicworkers/index.html

■広告展開概要

放映(掲出)期間:2017年4月22日(土)~28日(金)
放映(掲出)エリア:関東・関西・中京・北海道・福岡・仙台でのTV-CM放映および駅や屋外でのスチール広告
CM連動特設サイト:https://www.persol-group.co.jp/special/iconicworkers/index.html
タイトル:TV-CM「はたらいて、笑おう。AI」篇 日本語版 15秒
WEB限定ムービー「はたらいて、笑おう。AI」篇 日本語版 30秒
WEB限定ムービー「はたらいて、笑おう。AI」篇 英語版 15秒
WEB限定ムービー「はたらいて、笑おう。AI」篇 英語版 30秒出演:人工知能AI“PERSOL ONE(パーソルワン)”

■WEB限定ストーリー 「はたらいて、笑おう。AI」篇 30秒

僕は学び続ける











人間を見つめながら












僕は働く意味を感じたい












ゲームに勝つことに
意味なんてない










ワクワクしてるよ
あなたたちと働けることに










もしぼくが
はたらいて、笑えるなら










みなさんはきっと
もっと笑えるはず

さあ








(Title)
はたらいて、笑おう。

(NA & Logo)
PERSOL







■人工知能AI PERSOL ONE(パーソルワン)のライフストーリー

PERSOL ONE(パーソルワン)はゲームするロボットとして命を与えられる。
はじめはチェスや将棋をするだけだったが、ディープラーニングを繰り返した果てに、
人智を遥かに超える知能を手に入れた。世界中いたるところに、彼は遍在し、
人間以上の働き手として、人間にとってなくてはならない存在にまで進化を遂げた。
彼は大きな変化をもたらした。人工知能と人間知能は共存することでより良い変化を生むことが
できるということを。そんな彼はこれからも人間と共に学び続けるのだという。

■スタッフリスト

ECD
 喜馬 克治 (博報堂コンサルティング)
CD
 佐倉 康彦 (ナカハタ)
AD
 鈴木 克彦 (博報堂)
局長代理
 橋本 昌和 (博報堂)
アカウントディレクター
 糠谷 建介 (博報堂)
アカウントスーパーバイザー
 浅沼 裕可 (博報堂)
AE
 坪野 愛 (博報堂)
プロジェクトマネージャー
 池田 想 (博報堂コンサルティング)
エグゼクティブプロデューサー
 河西 正勝 (東北新社)
プロデューサー
 井上 淳 (東北新社)
プロダクションマネージャー
 長束 雄介 (東北新社)
演出
 平田 大輔 (東北新社)
音楽
 Thomas Suess (Audioforce)
CGプロデューサー
 Michal Dwojak (Juice)
オンラインエディター
 三浦 雄大 (オムニバス・ジャパン)
ミキサー
 安達 識 (オムニバス・ジャパン)

■「PERSOL(パーソル)」について

パーソルは、2016年7月に誕生した新たなブランドです。ブランド名の由来は、「人は仕事を通じて成長し(PERSON)、社会の課題を解決していく(SOLUTION)」。働く人の成長を支援し、輝く未来を目指したいという想いが込められています。

パーソルグループは、人材派遣のテンプスタッフ、人材紹介や求人広告のインテリジェンスをはじめとし、ITアウトソーシング、設計開発にいたるまで、国内外90社を超える幅広い企業群で構成されています。グループのビジョンである「人と組織の成長創造インフラへ」を実現するために、労働・雇用の課題の解決に総合的に取り組んでいます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. パーソルホールディングス株式会社 >
  3. パーソルグループが日本で初めてTV-CMに人工知能AIを起用、AIの視点でブランドスローガン「はたらいて、笑おう。」を発信