究極の資金調達オプション~Code Republicがフルリニューアル~

Z Venture CapitalとEast Venturesが共同で運営するCode Republic。今回から、起業家に寄り添った支援内容に進化を遂げるべくプログラムをフルリニューアルします。

Zホールディングス株式会社(以下、ZHD)のコーポレートベンチャーキャピタルであるZ Venture Capital株式会社(以下、ZVC)と日本および東南アジアで最大級のシードVCであるEast Ventures(以下、ev)が共同で運営する起業家支援プログラムのCode Republic ( https://coderepublic.jp/ )がプログラム内容をフルリニューアルし、募集を12月20日から開始します。
Code Republicはこれまでアクセラレータープログラムとして、2016年から採択企業に対して創業資金とキャピタリストとの週次メンタリング・勉強会を提供し、合計39社の支援を実行してきました。支援企業のシリーズA以降の累計調達額は少なくとも120億円余りに達しています。
今回、改めて起業家にとって最も魅力的な資金調達オプションとは何か、ZVC・ev両社で議論を積み重ねてきました。結果、より多くの起業家に成長機会を提供したいという思いが一致し、Code Republicの投資契約・運営方針・体制を抜本的に見直すことにいたしました。

  • リニューアル後 Code Republicのスタートアップへの提供パッケージ
1.事業創出に集中するための資金調達オプション

・採択時に1,000万円を出資

・バリュエーションは撤廃。有償新株予約権を活用した投資契約
 - 転換価格は次回調達(*3,000万円以上)の達成時期に応じて調整
 - 半年以内に調達:ディスカウントなし
 - 1年以内に調達:20%ディスカウント
 - 2年目以降に調達:30%ディスカウント
・従業員向けストックオプションプールの上限は20%
・創業者株式の直近評価額での株式買取にも対応

 

2.ハンズオフ・オンデマンド起業家支援
メンタリング、DemoDayは実施しません。プロダクト開発に集中していただきます
・ZVC・evのキャピタリストやポートフォリオ企業、ZHDグループ企業にコンタクトしたい場合は、起業家からZVC・evのキャピタリストへコンタクト
・ZVC・evのキャピタリスト主催の勉強会、ピザパーティー、採用イベントなどへ興味があれば自由参加
・調達時は国内外のVCをZVC・evのネットワークを駆使し紹介
 



従来はポスト1億円のバリュエーションにて、700万円の出資を行ってきました。今回のリニューアルに伴い、投資時のバリュエーション条件が変わりましたので、どのステージのスタートアップも応募できるようになりました。ZVCとevの両社で力をあわせ日本から一社でも多く支援していきますので起業家の皆さんからのご応募をお待ちしております。
  • 募集概要
常時採択(応募開始:2022年12月20日)
応募URL:https://forms.gle/dMe7S98oiBC2JWPN9 (Google.com)
  • コメント
East Ventures パートナー 金子 剛士
投資先が日々難易度の高いチャレンジをしていることに刺激を受け、シードVCとして次のステップに進むために何ができるかを考えた結果、今回のようなリニューアルを実施する運びとなりました。考えうる限り起業家の皆さんに最もメリットのある内容にしたつもりです。ご一緒できることを楽しみにしています。

Z Venture Capital株式会社 代表取締役社長 パートナー 堀 新一郎
世界と伍するスタートアップ・エコシステムを日本に作りたい。ベンチャーキャピタルとしてこれから何をしていくべきか、East Venturesさんと毎日議論し、起業家のみなさんがプロダクト作り・仲間作りに集中できる資金調達オプションを作りました。今回のプログラムをきっかけに、明日の日本を背負っていく起業家の皆様とご一緒したいです。

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Z Venture Capital株式会社 >
  3. 究極の資金調達オプション~Code Republicがフルリニューアル~