新型コロナ、日を追って企業の危機意識が高まる ― 新型コロナウイルス感染症に対する企業の意識調査(速報)

企業の63.4%が業績に「マイナスの影響」見込む

<調査結果(要旨)>


1.新型コロナウイルス感染症による自社の業績への影響、『マイナスの影響がある』と見込む企業は63.4%。内訳をみると、「既にマイナスの影響がある」が30.2%、「今後マイナスの影響がある」が33.2%となった

2.「影響はない」とする企業は16.9%だった一方で、『プラスの影響がある』(「既にプラスの影響がある」と「今後プラスの影響がある」の合計)と見込む企業は1.7%にとどまった

3.『マイナスの影響がある』と見込む企業を日別にみると、日を追うごとに、マイナスの影響を見込む割合が増加した。特に、新型コロナウイルス感染症の基本方針決定以降は7割を超え、その傾向が顕著に表れた

※調査期間は2020年2月14日~29日、調査対象は全国2万3,668社で、有効回答企業数は1万704社(回答率45.2%)。本資料の詳細版は、2020年3月6日(金)に公表予定
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. TDB >
  3. 新型コロナ、日を追って企業の危機意識が高まる ― 新型コロナウイルス感染症に対する企業の意識調査(速報)