【コスモ女子】超小型衛星の第一人者、中須賀先生がアドバイザーに就任

株式会社Kanatta(東京都目黒区、代表取締役社長:井口恵)は、5月28日(金)に東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻教授・中須賀真一先生が、当社が運営する【コスモ女子プロジェクト】アドバイザーに就任したことをお知らせいたします。
中須賀先生は、世界初のCubeSatを含む超小型衛星13機の開発・打ち上げに成功し、この分野で世界をリードされています。コスモ女子で、世界初の女性中心のチームで人工衛星を打ち上げ、宇宙業界のジェンダー平等を促進するにあたり、専門的なアドバイスをいただきながら進めてまいります。

中須賀先生にお力をお借りすることで、「宇宙をより身近に」というコスモ女子のミッション実現に向け、よりいっそう邁進してまいります。

5月28日(金)には、中須賀先生が講師を務めるオンライン勉強会を開催予定。
宇宙があらゆる業界から注目されている理由とこれからの宇宙技術の新しい価値について、たっぷりとお話しいただきます。

◆オンライン勉強会: 5月28日(金)20:00~21:00(Zoom開催)
【コスモ女子勉強会】あらゆる業界が宇宙に注目する理由とは?~宇宙技術×◯◯業界が新たな価値を作る~
イベント詳細・参加申し込みはこちら:https://peatix.com/event/1914959/view

◆中須賀真一(なかすか しんいち)先生

1961年大阪府生まれ。1983年東京大学工学部卒、1988年東京大学博士課程修了、工学博士。
同年、日本アイ・ビー・エム東京基礎研究所入社。1990年より東京大学講師、助教授、2004年より航空宇宙工学専攻教授。
日本航空宇宙学会、SICE、IAA等会員、IFAC元航空宇宙部会部門長、UNISEC元理事長、およびUNISEC-GLOBAL委員長。
超小型人工衛星、宇宙システムの知能化・自律化、革新的宇宙システム、宇宙機の航法誘導制御等に関する研究・教育に従事。
世界初のCubeSatを含む超小型衛星13機の開発・打ち上げに成功し、この分野で世界をリード。2012年より内閣府宇宙政策委員会委員。

≪コスモ女子プロジェクトについて≫

「宇宙を身近な存在に」をテーマに発足した女性コミュニティ。
宇宙に関する専門的な勉強会から、宇宙がちょっぴり気になる初心者でも楽しめるイベントなどを定期的に開催しております。
宇宙に興味のある女性のキャリア形成、ビジョン実現を応援し、たくさんの女性が宇宙業界で活躍できる場を増やすことを目指しています。
世界初の女性中心のチームで人工衛星を打ち上げるクラウドファンディングのプロジェクトも進行中です。
※2022年度打ち上げ予定

コスモ女子公式Facebook
https://www.facebook.com/cosmosgirlofficial/

コスモ女子公式Twitter
https://twitter.com/cosmosgirl_O
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Kanatta >
  3. 【コスモ女子】超小型衛星の第一人者、中須賀先生がアドバイザーに就任