出荷台数NO.1*¹AI温度検知端末「SenseThunder」、ビックカメラで販売を開始

~導入設置も簡単、0.1秒以下*²の高速検知で高精度スクリーニング~

ソフトバンク株式会社の子会社である、日本コンピュータビジョン株式会社(本社:東京都千代田区、以下「JCV」)は、株式会社ビックカメラ(本社:東京都豊島区、以下「ビックカメラ」)の法人窓口にてAI温度検知端末「SenseThunder」を提供開始致しましたのでお知らせします。

法人専用のインターネットショッピングサイト「ビックカメラ for Business」および、一部店舗に設けられた法人営業所(赤坂・有楽町・新宿・池袋・渋谷・熊本営業所)でAI温度検知端末「SenseThunder」ご購入いただけます。
▼下記、法人販売窓口のページをご確認ください。
https://www.biccamera.co.jp/shopguide/office/index.html

「SenseThunder」は、AI(人工知能)を活用した顔認識技術と赤外線サーモグラフィーにより、マスクを着用したままでも、0.1秒以下でスピーディーに発熱の疑い(一定以上の高い温度)を検知します。マスクの着用確認や発熱の疑いのある方のスクリーニングをより徹底できます。

また、人手をかけず自動で温度を測定できるため、温度検知時の接触感染リスクをなくしつつ、人件費を抑えた運用が可能です。さらに、管理不足によるレピュテーションリスクの低減・お客さまへの安心感の提供・従業員の健康維持・事業の早期再開など、さまざまな効果をもたらします。

JCVは、「SenseThunder」の納⼊を通し安⼼安全な環境の整備と、ウィズコロナ・アフターコロナにおける効率的な施設、企業運営の実現に貢献して参ります。

■AI温度検知端末「SenseThunder」
https://www.japancv.co.jp/solutions/thermography

[注]
*1 東京商工リサーチ 2020年8月調査 [2020年1-6月期 AI 顔認証タブレット型非接触温度測定装置 出荷台数]
*2 SenseThunder-Air (温度検知のみの場合) 自社調べ [2021年2月調査 AI 顔認証タブレット型非接触温度測定装置において]
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本コンピュータビジョン株式会社 >
  3. 出荷台数NO.1*¹AI温度検知端末「SenseThunder」、ビックカメラで販売を開始