預金残高が2兆円を突破

~長年のご支持をいただき、残高が安定して伸長~

 オリックス銀行株式会社(本社:東京都港区、社長:浦田 晴之)は、このたび、預金残高(譲渡性預金を含む)が2兆円を超えましたのでお知らせします。

 当社は、投資用不動産ローンなどの特定分野に注力した商品・サービスをご提供することで事業を拡大してまいりました。店舗網やATM、口座の決済機能を持たずにインフラコストを抑えることで、高水準の定期預金金利を実現しています。主に余剰資金の運用先としてお客さまのご支持をいただいており、お一人当たり平均800万円を超えるご預金※1をいただいています。

 オリックス銀行は、投資用不動産ローンに加えて、投資信託や各種信託商品、カードローンなど人生における「ためる」「ふやす」「そなえる」「かりる」それぞれのシーンでご利用いただける商品・サービスをご提供しており、これからもお客さまに選ばれ続ける銀行を目指してまいります。

※1 定期預金をご利用のお客さまの平均預入金額です。普通預金のみをご利用のお客さまを除きます。

                                                                                                                                      以 上
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オリックス銀行株式会社 >
  3. 預金残高が2兆円を突破