『AIvs.教科書が読めない子どもたち』が「第66回日本エッセイスト・クラブ賞」受賞

東洋経済新報社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 駒橋 憲一)より発売中の
 『AIvs.教科書が読めない子どもたち』が、「日本エッセイスト・クラブ賞」を受賞しました。

日本エッセイスト・クラブ賞について
日本エッセイスト・クラブは1951年設立、66年の歴史があるエッセイスト親睦団体。
1952年に設けた日本エッセイスト・クラブ賞は、 随想、評論、ノンフィクションを含む
広義のエッセイ作品が対象であり、権威ある文学賞の一つとして毎年話題になっている。
 

 

 

『AIvs.教科書が読めない子どもたち』とは
東大合格を目指す人工知能「東ロボくん」プロジェクトを主導した気鋭の数学者が、
巷にあふれるAIの誤解を正し、その限界を冷静に指摘。
その一方で、全国2万5000人を対象にした読解力調査で判明した恐るべき実態を警告する。
多くの仕事がAIに奪われる未来、これからの危機はむしろ人間側の教育にあると警鐘を鳴らす。
2月の発売直後から、テレビ、新聞、雑誌、ネットメディアで話題沸騰。
IT業界や教育関係者、親たちの間で大反響を巻き起こし、20万部を超えるベストセラーとなっている。
著者の新井紀子氏は昨年TEDカンファレンスに登壇し話題となったほか、
今年に入ってフランス政府や国連本部に招かれ講演するなど、
現在世界的に注目される日本人研究者の1人である。

 

著者紹介
新井紀子(あらい・のりこ)

国立情報学研究所教授、同社会共有知研究センター長
一般社団法人「教育のための科学研究所」代表理事・所長

東京都出身。一橋大学法学部およびイリノイ大学数学科卒業、
イリノイ大学5年一貫制大学院数学研究科単位取得退学(ABD)。
東京工業大学より博士(理学)を取得。専門は数理論理学。
2011年より人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトディレクタを務める。
2016年より読解力を診断する「リーディングスキルテスト」の研究開発を主導。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社東洋経済新報社 >
  3. 『AIvs.教科書が読めない子どもたち』が「第66回日本エッセイスト・クラブ賞」受賞