「日経MJビューアー」の単独販売スタート!

8月末まで無料!お得なキャンペーンを展開

日本経済新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡田直敏)は7月1日から、「日本経済新聞 電子版」の有料会員向けオプションサービス「日経MJビューアー」を新たに単独サービスとしても提供します。単独販売スタートに合わせて8月末まで無料でお試しできるお得なキャンペーンを展開します。

 



電子版サイトの紙面ビューアーやスマートフォン・タブレット向け専用アプリで、日経MJの紙面イメージを過去30日分まで閲覧できます。登録したキーワードを含む記事をお知らせするハイライト表示機能を備え、記事を保存することもできます。保存した記事はパソコン、スマホ、タブレットのいずれの端末からも読めます。料金は月額2000円(税込)。日本経済新聞、日経電子版を日経IDで決済している購読者には月額1000円の割引料金で提供します。

MJビューアーのキャンペーンは7月末まで実施します。期間中にお申し込みいただくと、MJビューアーのサービスを8月末まで無料でお試しいただけます。

 

■日経MJビューアーのお申し込みはこちら
http://pr.nikkei.com/lp/mj_viewer/

■日経MJのご購読はこちら
http://pr.nikkei.com/mj/

■日経電子版
https://www.nikkei.com/

【日本経済新聞社について】
日本経済新聞社は1876年以来、140年にわたってビジネスパーソンに価値ある情報を伝えてきました。約1300人の記者が日々、ニュースを取材・執筆しています。主力媒体である『日本経済新聞』の発行部数は現在約250万部で、2010年3月に創刊した『日本経済新聞 電子版』の有料会員数は60万人を超え、有料・無料登録を合わせた会員数は400万人を上回っています。
  1. プレスリリース >
  2. 日本経済新聞社 >
  3. 「日経MJビューアー」の単独販売スタート!