トリニティ・テクノロジー株式会社に投資を実行

フューチャーベンチャーキャピタル株式会社(本社:京都市中京区、代表取締役社長:松本 直人、以下「FVC」)は、 東日本銀行地域企業活性化投資事業有限責任組合(以下、「東日本銀行地域企業活性化ファンド」)より、国内初の家族信託クラウドシステムである「スマート家族信託」を提供するトリニティ・テクノロジー株式会社(以下、「トリニティ・テクノロジー」、本社:東京都港区、代表取締役:磨 和寛)に投資を実行しましたことをお知らせいたします。同ファンドからの投資は、本件合わせて9件となります。
◆投資先企業について
「法律 × 人 × テクノロジーで、安心のある世界をつくる」
家族信託の普及が期待できるクラウドシステム「スマート家族信託」を開発・運営するスタートアップです。家族信託とは、高齢者が自分の財産管理を家族など信頼できる第三者に委託することで、認知症により本人による意思表示が難しくなった後においても、財産の凍結を防ぎ、本人およびその家族のための財産の利用・活用を担保する制度です。同社サービスは、家族信託組成後の資産管理をアプリ上で手軽に行うことができる上、アプリを通じて司法書士・税理士等の専門家に相談することができるようになっています。

 

 

 

商   号 トリニティ・テクノロジー株式会社        

代表取締役 磨 和寛

本社所在地 東京都港区新橋2-1-1⼭⼝ビルディング5階
設 立 日 2020年10月
U  R  L  https://trinity-group.jp/(会社HP)
      https://lp.sma-shin.com/(サービスLP)
 

 


◆東日本銀行地域企業活性化ファンドについて
創業・第二創業期にある企業に対して、投資による資金供給を行うことで、中長期的に安心して事業の拡大に取組めるよう支援し、地域経済の発展と新たな雇用を創出することを目的として「東日本銀行」「フューチャーベンチャーキャピタル株式会社」が出資し、設立されたファンドです。


 ◆フューチャーベンチャーキャピタル株式会社(FVC)について
京都に本社を置く独立系ベンチャーキャピタル。地域のベンチャー企業を支援するための「地方創生ファンド」と事業会社のオープンイノベーションを促進するための「CVCファンド」に取り組んでいます。また、資金を投入するだけでなく、長期的な事業継続に向け、事業育成、人材育成、事業コンサルティングなどの支援を行っています。

商     号 フューチャーベンチャーキャピタル株式会社
代表取締役社長 松本 直人
本  社  所 在 地 京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町659番地 烏丸中央ビル
証  券  コ ー ド 8462 JASDAQスタンダード
U  R  L https://www.fvc.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フューチャーベンチャーキャピタル株式会社 >
  3. トリニティ・テクノロジー株式会社に投資を実行