各銘柄への投資家コメントも公開。6月29日~7月5日の「個人投資家盛り上がり銘柄ランキング」

~売買手数料ゼロのスマホ投資サービスSTREAM(ストリーム)~

株式会社Finatextホールディングス(代表取締役 CEO:林 良太)で証券事業を展開する株式会社スマートプラス(代表取締役:藤江 典雄、以下、「当社」)が運営するコミュニティ型スマホ投資サービス「STREAM(ストリーム)」の、2020年6月29日(月)~7月5日(日)の「個人投資家盛り上がり銘柄ランキング」(※)を発表します。

今回1位を獲得したのは『オリックス』!続いて、2位『アンジェス』、3位は『NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信』がランクインしました。各銘柄に対する個人投資家のコメントと同時に公表します。


※「個人投資家盛り上がり銘柄ランキング」はSTREAM(ストリーム)内で期間中、ユーザーによるコメント数が多かった銘柄掲示板を上位から並べています。各銘柄に関するコメントはSTREAM運営事務局によりピックアップしております。

  • STREAM(ストリーム) 個人投資家盛り上がり銘柄ランキング


【1位】オリックス(8591)

「オリックスの優待2名分届きました。今年もオオサンショウウオぬいぐるみ健在(⌒-⌒; )人気あるようですね。ウチは多分選びませんw 何にしょうか悩みます。皆さんは何を選びましたか?」

「本日めでたく22歳の娘の初優待銘柄となりました。優待が好条件のまま,ずっと続きますように。オリックスさん,頑張ってね」

「刺さっていた!初の高配当株get」
(STREAMユーザーコメントより)


【2位】アンジェス(4563)

「掛けるか降りるか…皆様はどっち?」

「まだまだレースは始まったばかりです。ウイルスの変異もあるし、そもそもワクチンが3か月しか効果がないという話もあったりで、勝者とするにはあまりにも早すぎます。勝者はいないかもしれませんし。これからも色々なニュースが出る度に株価が反応するのでしょうね。勝者が確定した時には、他の参加企業には恐ろしい暴落が待っているのでしょう。」
(STREAMユーザーコメントより)


【3位】NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信(1357)

「こんばんわm(._.)m車内反省会です。 前場の立ち上がりも強くなく、後場ではしっかり落ちたようですね。 ダブルインバースの買い増しをしようとタイミングを伺っていましたが、本業優先の法則には勝てず、開放されたのは、くしくも15時05分。(┼д┼;)持ってたインバースが上がったのは嬉しいのですが、、、買い増しできなかったのは残念です( ;∀;) 明日は雇用統計、独立記念日も迫り、アメリカ勢としては、長期バカンス前に高値で利確して休入りを考えて、上げてくるかなぁと思ったりしていました( ̄~ ̄;) 昨日のパウエル砲もその布石で、雇用統計祭りで上げてくる、その可能性ありますかね(笑)」

「先週金曜日にダブルインバースを11,000株仕込み、本日寄り付きで売却し、約18万の利益でした。」

「日経平均は22,000円を下廻りますか?コロナウイルス第二破懸念??」
(STREAMユーザーコメントより)

【4位】クレアホールディングス(1757)

「【ホルダーの皆様にお知らせ】 1. 6月に新株予約権行使が行われたようですが、株価はビクともしませんでした。ダチョウちゃんは見事にその脚力で順調にチャートを駆け上がっています。 2. 明日7/4(土)22:**〜テレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた』にてダチョウ抗体生みの親・塚本康浩教授が出演されます。開発までのお話など聞けるかと思いますので興味のある方はチャンネルロック‼︎ なんだかボランティアでIRしちまったゼw」

「ダチョウ!(´ロ`ノ)ノまぁ自分はチキンなので今日買って早々に逃げ出してまた後悔してるわけですが(・ω・)」
(STREAMユーザーコメントより)


【5位】GMOクラウド(3788)

「いやぁ、GMOクラウド.結局は、数日感、勝ったり負けたり、遊ばれて、十数万円負けで祭りは終わりました。まあ、ギャンブルに負けたと同じです。仕方が無いっすね。 初当り確率が低くて、連チャン率が互いタイプの鉄火場状態の一昔前のパ○ンコと同じ感覚でしたね。上値も下値もピークがどこかなんて、やってる最中はわかりません。また地道にコツコツ、他の銘柄が頑張ります。」

「考えが甘かったようですw連休前まで利益消えたー」

「これは強烈な下げですね。といっても1週間くらい前に戻っただけか。前に持ってたけど…その頃の倍くらいになってるね。」
(STREAMユーザーコメントより)


​データが見えづらい場合はpdfファイルをダウンロードしてご覧ください。
https://prtimes.jp/a/?f=d12138-20200709-2245.pdf
-----------------------------------------------------

「STREAM(ストリーム)」はSNS機能も備えたスマホ投資サービスです。投稿やコメントを通じて、楽しく株取引に関する知識を身に付けたり、株ともだちを見つけたり...資産形成を楽しく長く続けていけるようなサービスを提供しています。各銘柄の掲示板の他にも、自由に話せる「株ラウンジ」や優待について話す「株主優待掲示板」、投資に関してわからないことを相談する「ビギナー質問掲示板」などを設置し、なかなか話しにくい投資に関する話を投資家同士で楽しめるような場を用意しています。

サービス内のコメントは口座開設者のみが可能としていて、誰かわからない人からの悪質な投稿を防ぎ、誹謗中傷や風説の流布などがないよう当社のコンプライアンス部隊が常にSNSチェックを行っています。
「みんなで投資を学ぶ、楽しむ、仲間を見つける」、投資や資産形成に関する誤ったイメージ、マイナスなイメージを払拭すべく、このような取り組みを通じて、今後もSTREAMは個人投資家のみなさまの投資力向上を支援していきます。




<重要事項>
・スマートプラスでお取引いただくこととなった際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
・株式のお取引については、株価の下落により損失を被ることがあります。また、倒産等、発行会社の財務状態の悪化により損失を被ることがあります。投資信託のお取引についても基準価格の下落等により損失が生じる恐れがあります。
・信用取引につきましては、金利、貸株料、品貸料などの諸費用がかかるほか、株価等の変動により委託保証金の額を上回る損失が生じるおそれがあるハイリスクハイリターンの取引です。
・お客様の投資に対する適合性が信用取引に不向きな場合は信用取引を行うことはできません。
・当社における各種口座開設に際しては当社所定の審査があります。
・資料等の中で個別銘柄が表示もしくは言及されている場合は、あくまで例示として掲示したものであり、当該銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。
・貸株取引については分別保管の対象から外れるほか、貸し出した有価証券が返却されないリスクがあります。
・お取引に際しては当社から交付される契約締結前交付書面、目論見書その他の交付書面や契約書等をよくお読みください。
商号等:株式会社スマートプラス
金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第3031号
加入協会:日本証券業協会
users@smartplus-sec.com


■コミュニティ型スマホ投資サービス「STREAM(ストリーム)」について 

https://smartplus-sec.com/stream
STREAMは、株取引機能(現物取引、信用取引)にSNS機能を統合したコミュニティ型スマホ投資サービスです。ユーザー同士が株取引に関する情報をコメントで交換し合いながら楽しく株取引が行うことができ、従来型売買手数料は日本で初めて完全に無料としました。より有利な価格での約定を期待できる「SMART取引」を採用するなど、株取引に関するユーザーの不安や煩わしさを取り除いた全く新しい株取引サービスです。
特徴 SNS+株取引、従来型売買手数料ゼロ
アプリ利用料 無料
対応OS iOS/Android
取引機能 現物取引、信用取引
サービス開始時期 SNS機能 2018年4月、現物取引 2018年7月、信用取引 2018年9月
口座数   非公開
取扱銘柄 東京証券取引所の上場株 東証一部、東証二部、JASDAQ、マザーズ(日本株)、ETF(外国籍、JDRは除く)、REIT
ダウンロード iOS
https://apps.apple.com/JP/app/id1348183112
Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.smartplus_sec.streamapp

 

■株式会社スマートプラスについて

https://smartplus-sec.com/
株式会社スマートプラスは、証券ビジネスプラットフォーム「BaaS(バース):Brokerage as a Service」を軸に、事業者による自社顧客向け証券サービスの提供を支援するFintechスタートアップです。クレジットカードで個別株が買える日本初のサービス「セゾンポケット」開発などの事業者向けサービスのほか、自社でもコミュニティ型株取引アプリ「STREAM(ストリーム)」を開発・提供しています。
代表者:代表取締役 藤江 典雄
設立:2017年3月
所在地:東京都千代田区九段北3丁目2番11号 住友不動産九段北ビル 4階
事業内容:第一種金融商品取引業

■株式会社Finatextホールディングスについて

https://finatext.com/ja/
株式会社Finatextホールディングスは「金融を“サービス"として再発明する」をミッションに掲げ、2013年12月に設立されました。生活者・社会にとっての金融サービスのあるべき姿をユーザー視点から見直し、多様なライフスタイルに合わせた個人向け金融サービスを開発・提供する「株式会社Finatext」、ビッグデータ解析サービスを提供する「株式会社ナウキャスト」、証券ビジネスプラットフォームを提供する「株式会社スマートプラス」の3つの事業会社を中心に、デジタル技術とデータを最大限活用した「生活に寄り添う身近な金融サービス」を、世界5か国・8社体制(イギリス、台湾、ベトナム等)で展開しています。
会社名:株式会社Finatextホールディングス
代表者:代表取締役CEO 林 良太
設立:2013年12月
所在地:東京都千代田区九段北3丁目2番11号 住友不動産九段北ビル 4階
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Finatextホールディングス >
  3. 各銘柄への投資家コメントも公開。6月29日~7月5日の「個人投資家盛り上がり銘柄ランキング」