【#マスクを医療従事者に】あなたの拡散や寄付が医療の力に

クラウドファンディグ開始後12時間で、2,500万円の支援金を突破

崩壊しつつある日本の医療現場を救うためにマスクを必要とする医療機関へ
迅速に十分な量のマスクをお届けします。

 

 特定非営利活動法人ジャパンハート(東京都台東区、理事長 吉岡春菜。以下、ジャパンハート)は、迫り来る医療崩壊を防ぐためクラウドファンディングを活用し資金を集め、医療機関にサージカルマスクを供給する「日本の医療崩壊を防ぐ」プロジェクトを 開始しました。

 プロジェクトはジャパンハートの理念・活動に共感する著名人で構成された応援団「ジャパンハート アドバイザリーボード」、およびプロ野球の大谷翔平選手や 俳優の伊勢谷友介氏ら17名からなる新たに発足した「プロジェクト協力チーム」の大きな協力のもと実施いたします。
  「日本の医療崩壊を防ぐ」プロジェクトページ:https://readyfor.jp/projects/JapanMaskProject

 医療の崩壊を防ぐためには、まさに今、動かなければなりません。
 アメリカでは9,000人の医療従事者が新型コロナウィルスに感染し*医療崩壊の危機に 直面しています。日本でも院内感染する医療従事者が増え、医療現場に混乱が生じています。 
 わたしたちが何も行動しなければ、医療現場に必要なサージカルマスクの供給が早くとも5月以降になってしまいます。しかし、この4月中に必要とされるサージカルマスク不足を解消しなければ、日本のあらゆる病院が機能不全に陥る可能性があります。まさに時間との戦いです。

 ジャパンハートは、こうした医療崩壊を抑止するためクラウドファンディング等を活用し、サージカルマスクを医療機関に届ける「日本の医療崩壊を防ぐ」プロジェクトを開始いたします。第一弾となるクラウドファンディングは開催期間を2020年4月15日(水)〜4月16日(木)23時までの1日間とし、目標金額5,000万円を目指し寄付を募集いたします。
 おかげさまで、開始後12時間で2,500万円を超える資金を集めることができましたが、まだまだ、必要とされるマスクを確保するには皆さまの支援が必要です。ぜひ、一緒に立ち向かう仲間としてご支援いただけますようお願い申し上げます。

 

 


①   マスクを必要としている医療機関に、いち早く届けます
 皆様からいただいたご寄付でマスクを購入し、迅速に医療機関に提供します。

②   マスクがどの医療機関に、どのくらい提供されているかが把握できます
 どの医療機関に、どのくらいの量のマスクが配布されているかという透明性を担保します。
 提供先医療機関については、「新着情報」にてご報告させていただきます。

③   基金への寄附で税制優遇が受けられます
 詳細につきましては、クラウドファンディングのページの詳細をご確認ください。

https://readyfor.jp/projects/JapanMaskProject
 


・どこにマスクを送るのか、提供先をどう決めるのか
 現状は、第一種感染症指定医療機関、三次救急医療機関を中心にお送りする予定です。
 専門家との協議を経て、提供先を決定します。

 配布が決まっている病院
 - 京都大学病院
 - 神戸市立中央病院
 - 兵庫県立尼崎総合医療センター
 - 聖路加国際病院
 - 東京都立墨東病院
 - 亀田総合病院 など

・どこからマスクを仕入れるのか
 納入実績がある海外の信頼できる業者から仕入れます。既に一部を取り寄せており、複数の専門家によって品質の確認が取れました。輸入が止められる等のリスクが一定ございますが、納品できなくなってしまった場合でも、集まった全額の資金は日本の医療機関のために利用されます。

・募集期間
 2020年4月15日(水)〜4月16日(木)23時00分まで(約1日間)

 「日本の医療崩壊を防ぐ」プロジェクトページ:https://readyfor.jp/projects/JapanMaskProject今回プロジェクトに共感いただき、有志の強力な「プロジェクト協力チーム」ができました。今後彼らと共に本プロジェクトをより盛り上げていきます。

 なお、一部の応援者の方には、自身のサイン入特別グッズをチャリティーオークションに出品し、全額本プロジェクトに寄付いただくことになっております。




医療従事者の皆様が、国民の皆様の健康維持、そしてコロナウイルスの脅威に立ち向かうために少しでも安心して日常の業務に向かえるよう微力ですが応援させて頂きたいと思います。みんなで戦いましょう!!日本は負けない!!
(武井 壮)


医療崩壊させない為に、試されているのは個々の想像力です。個々の行動の積み重ねが、コロナの感染者数を増減させ、現在瀬戸際まで来ています。今の時代、自粛という取り組みの他にも、私達には出来ることがある。ネットを介して力を集めて、行動に変える事ができます。皆さんのお力を貸してください!
(伊勢谷 友介)


医療現場において危機的状況の中でも日本のために働いている医療従事者の皆さん、本当に感謝しています。私自身はとても微力ですが、この活動を応援させていただきます。大変な現場で闘っている皆さんに少しでも優しい気持ちが届き、いち早く皆んなで笑顔になれますよう、一緒に乗り越えて行きましょう!
(奥原 希望)


コロナの感染は今も拡大を続けており、その脅威は日に日に増すばかりです。そんな中で、医療の最前線で自らの危険をかえりみず、医療活動に従事されている皆様、本当に感謝しています。少しでも皆様の力になりたいと考え、このプロジェクトを応援させていただくこととしました。共にこの危機を乗り越えましょう!
(北島 康介)


医療従事者の方々に少しでも力になれればと思い参加させて頂きました。皆さま宜しくお願い申し上げます。
(大迫 傑)


コロナウィルスが日々広がりをみせる中、医療の最前線で体を張り続けて頂いている医療従事者の皆様、本当にありがとうございます。医療従事者をはじめ、世界中が心から休める日が来ることを願い、医療従事者の方々を支えるこの活動を応援しています。
(五郎丸 歩)


今この瞬間も、休みなく、大変厳しい状況に直面しながらも現場で勇敢に戦って下さっている医療従事者の皆さんの事を考えると、感謝と畏怖の気持ちで、本当に胸が苦しくなります。1日でも早く心からの笑顔と安らぎが医療現場に、そして世界に訪れるよう、本活動を微力ながら支援させていただきます。
(前田 裕二)


友人の溝口さんがこの企画を立ち上げるとき、少しでも貢献できるならと、すぐに協力することを決めました。
1人でも多くの命が救われるよう、皆さんの力を是非貸してください。
(箕輪 厚介)


世界中がコロナウイルスの影響で大変なことになり、特に医療現場において最前線でこのウイルスと戦ってくださっている医療関係者の皆様本当にありがとうございます。僕ら一人一人が出来る事をして少しでも早く終息することを願うばかりです。自分自身微力ですがこの活動で少しでも役に立てたらなと思います。また世界中が平和に笑顔で生活できますように。
(瀬戸 大也)


世界規模での被害が起きている現在、医療従事者の方々の活躍がなければ、コロナウイルスには立ち向かえない現状です。たくさんの危険があるなか、最前線で従事されている医療従事者の皆様には本当に感謝しています。医療従事者の方々の力になれるこの活動を私は応援しています。安心して過ごせる平和な未来がまた訪れることを願って、力を合わせていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。
(高木 美帆)


最前線で全力を尽くされている医療従者の皆様に、心より感謝いたします。多くの方が危険を顧みず戦い続けてくださっている今、何か少しでもお役に立てればと、参加させていただきました。これまで、一人ではできないことが、たくさんの方の力で可能になるという経験をしてきました。今回もその力を信じています。
(蜷川 実花)


現在、医療の最前線に従事されている医療関係の皆様、心から感謝申し上げます。医療従事者の方々を支えるこの活動を、私は応援しています。格闘技が再び多くの方々に、勇気やパワーを届ける日が必ずやってきます。そのためにも、今は私のできることを、精一杯やれればと思います。
(朝倉 未来)


みなさん大変だと思いますが医療機関をはじめ多くの人達が問題解決に精一杯動いてくれています。そんな方々の助けになれればと思っています。感謝と思いやり、そしてお互いを助け合う気持ちをもって支え合っていきましょう。
(大谷 翔平)


医療の最前線で昼夜問わずに自らの危険をかえりみず闘ってくださっている医療従事者の皆様、本当にありがとうございます!院内感染の恐怖の中、かけがえのない命を救ってくれている医療従事者の皆様を少しでも支えることができればと思い、この活動に賛同し応援します!みんなで乗り越えよう!
(長友 佑都)


自らの危険をかえりみず医療の現場で戦っておられる医療従事者の皆様へ心からの感謝と尊敬を送ります。皆様のお力になれるよう、微力ですが医療現場への最速にして最大のマスク供給を目指すこのプロジェクトを全力で支援します。この対コロナ戦争を勝ち抜き、平穏を、幸せを、笑顔を取り戻しましょう。
‬(テストステロン)


医療従事者の皆様が、コロナと戦う人々を救うために、どれだけの危険にさらされているのかと、日々、胸が締め付けられる想いでいます。自由が奪われた現在、まずは医療崩壊を防ぐためにも、私達が出来ることはあります。このプロジェクトを通して医療従事者の皆様を応援いたします。また、世界中が元どおりになりますよう、祈っています。ご協力よろしくお願いします。
(ジェジュン)


最前線で戦い続けている医療従事者の皆様に心より感謝申し上げます。今、現場に足りていないマスクが、少しでも医療従事者の皆さまの元に届く事を願っています。そして、安心して過ごせる日常を取り戻す為に、今自分達が何をすべきか?この活動を通じて発信することができればと思っています。
(太田 雄貴)

 

 

 2020年4月12日、ジャパンハートの活動に共感する著名人で構成された強力な応援団「ジャパンハート アドバイザリーボード」の一人によって、医療機関の深刻なマスク不足を解消するためのプロジェクトがSNS上で実施され、短期間で1万件以上の賛同が寄せられました。

 ジャパンハートにも医療現場から助けを求める声が集まっていたため、専門家を交えて議論をした結果、クラウドファンディングによって「日本の医療崩壊を防ぐ」プロジェクトを開催することが決まりました。

 専門家からは、医療崩壊を防ぐうえで現時点ではマスクの供給が最も優先順位が高いと伺っています。大規模な資金援助によって、迅速に大量のサージカルマスクを医療機関に供給し、医療現場の崩壊を抑止することがプロジェクトの第一の目的となります。
 

 


【(認定)特定非営利活動法人ジャパンハート】https://www.japanheart.org/

2004年、国際医療ボランティア団体として設立された、日本発祥の国際医療NGOです。「医療の届かないところに医療を届ける」を 理念に活動しており、海外では、ミャンマー・カンボジア・ラオスにおいて無償で子どもの診療・手術を実施し、その数は年間約3万件に上ります。国内では僻地・離島への医療者派遣、小児がんの子どもとその家族の外出を医療者がサポートする「SmileSmilePROJECT」を実施しているほか、ASEAN圏内で起こる大規模災害に医療支援チームを派遣する「国際緊急救援」事業も行っています。

特定非営利活動法人ジャパンハートは、2011年11月16日より『認定NPO法人』(※1)として認定されています。皆さまからの支援金が寄付金控除等の対象になります。具体的には、個人であれば所得税や相続税が、法人であれば法人税が優遇されます。
https://www.japanheart.org/donate/receipt/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 認定NPO法人ジャパンハート >
  3. 【#マスクを医療従事者に】あなたの拡散や寄付が医療の力に