国立研究開発法人 情報通信研究機構 主催 気象災害やヒヤリハットなど交通リスクデータを活用したカーナビを開発するハッカソン 2019年2月23日(土)・24日(日)に開催

https://www.ssm-hackathon.jp/

 創業期からの出資・インキュベーションおよび事業会社等の新規事業創出支援を行う、株式会社サムライインキュベート(本社:東京都品川区、代表取締役:榊原 健太郎、以下「当社」)は、国立研究開発法人情報通信研究機構(本部:東京都小金井市、理事長:徳田 英幸、以下「NICT」)が2019年2月23日(土)・24日(日)に開催する、気象災害やヒヤリハットなどの環境要因による交通リスクデータを活用した “新しいカーナビ” を開発するハッカソン※1を、株式会社ゼンリンデータコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:清水 辰彦、以下「ゼンリンデータコム」)と共に、開催支援することをお知らせいたします。

 道路には、突発的な気象災害や隠れた事故の危険性など、目では見えにくい様々なリスクが存在します。本ハッカソンは、テーマを「交通リスクデータを考慮するカーナビゲーションシステムの考案」とし、NICTが保有するビッグデータと開発中の環境×交通スマートIoT実証システムを活かして「ゲリラ豪雨」「大雪」「ヒヤリハット」の3つの交通リスクデータから1つを対象とし、カーナビ利用者にリスクを意識させて、適切な走行経路の判断を促す仕組みを考案していただくものです。
 開発環境には、リスクデータの参照やリスク回避経路設定などが可能なカーナビシミュレータを用意し、参加者がカーナビゲーションシステムを簡単にカスタマイズできるようにいたします。

 当社は、創業期から投資を行うベンチャーキャピタルでの実績や、事業会社の新規事業創出支援の知見を活かして、本ハッカソンの企画から当日の運営・実施のサポートなどを担います。ゼンリンデータコムは、これらに加えてカーナビゲーションシミュレータシステムの構築、地図データの構築を行います。

※1 「Hack」と「Marathon」を合わせた造語で、短期集中的に共同作業でソフトウェアを開発する技術とアイディアを競うイベント。


■「交通リスクデータ活用カーナビ」ハッカソン 開催概要
募集テーマ:交通リスクデータを考慮するカーナビゲーションシステムの考案

専用サイトURL:https://www.ssm-hackathon.jp/

スケジュール:
・参加者事前説明会
 日時:平成31年2月14日(木) 18:00 ~ 19:30
 場所:ゼンリンデータコム本社(東京都港区港南2-15-3 品川インターシティC棟7)
  ※申し込みを通過した方のみご参加いただけます。
・ハッカソン:
 日時:平成31年 2月23日(土) 10:30 ~ 18:00
    平成31年 2月24日(日) 10:00 ~ 18:00
 場所:Samurai Startup Island(東京都品川区東品川2-2-28 タチバナビル2階)

賞:最優秀賞 ほか

■主催
名称:国立研究開発法人 情報通信研究機構
所在地:東京都小金井市貫井北町4-2-1
TEL:042-327-7429(代)
URL: https://www.nict.go.jp/

■ハッカソン運営事務局
名称:株式会社ゼンリンデータコム
所在地:東京都港区港南二丁目15番3号 品川インターシティC棟6階
URL: http://www.zenrin-datacom.net/

名称:株式会社サムライインキュベート
所在地:東京都品川区東品川2-2-28 タチバナビル2F
URL:https://www.samurai-incubate.asia/

■参加者募集に関する問い合わせ先
株式会社 ゼンリンデータコム ネットサービス本部 ビジネスソリューション事業部
TEL: 03-6860-7412
担当:西脇 修平
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サムライインキュベート >
  3. 国立研究開発法人 情報通信研究機構 主催 気象災害やヒヤリハットなど交通リスクデータを活用したカーナビを開発するハッカソン 2019年2月23日(土)・24日(日)に開催