DHLエクスプレス、アジアパシフィック地域の航空ネットワークキャパシティを拡大

週1,730トン超のキャパシティを備えた、カリッタエア運航によるDHL専用便が、オセアニア地域から増加するエクスプレス輸送ニーズに対応します。

更にエアロロジックの運航により香港、シンガポール、バーレーンを経由しライプチヒを発着する週6便のフライトで、610トンのキャパシティを追加します。シンガポールのDHLエクスプレス サウスアジアハブは、アジアから米国や欧州へ向けた混載・配送の中心としての役割を果たします。
国際エクスプレスサービスのリーディングカンパニー、DHLエクスプレス(以下、DHL)は、アジアパシフィック地域と米国・欧州間で高まる輸送ニーズに対応するため、フライトネットワークを増強しました。飛躍的に拡大する貨物ボリュームに対応するため、ボーイング777貨物機による合計で週2,350トンにおよぶ貨物キャパシティを供給し、配送スピードを向上させます。
DHLエクスプレスのパートナー航空会社であるカリッタエアが運航する専用機の一部は、米国からシンガポールのDHLエクスプレス  サウスアジアハブまで、シドニー経由で週5便運航されます。その後シンガポールから香港および日本を経由し、米国に帰着します。加えて、カリッタエアはシンガポール・シドニー間で新ルートを週6便運航します。

 

DHLエクスプレス アジアパシフィックは、カリッタエアとエアロロジックによる運航ルートを新たに追加します。DHLエクスプレス アジアパシフィックは、カリッタエアとエアロロジックによる運航ルートを新たに追加します。


他に、DHLエクスプレスとルフトハンザ・カーゴによるジョイントベンチャー、エアロロジックによる運航機が週6便、ライプチヒから香港とシンガポールへ、バーレーンを経由するルートで運航されます。シンガポールでカリッタエアとエアロロジック両便の搭載貨物を乗せ換えられるスケジュールを組むことにより、アジアの各地域や米国、欧州向けにビジネスの拡大を図るオセアニア地域のお客様への存在感を高めます。新たな専用便と機材はシンガポールのサウスアジアハブを戦略的ハブとして活用することで、お客様へのサービスのさらなる強化を図るとともに、国境を越えた商取引を促進します。

「新たなルートによって、米国、欧州その他のアジア地域へのビジネスの拡大を期待するオーストラリアやニュージーランドの企業や消費者の方は、米国や欧州発着の荷物のトランジットタイムの改善が期待できます」と、DHLエクスプレス アジアパシフィックCEOのケン  リーは述べています。「オセアニアを発着する貨物量は飛躍的に増えています。新たな専用便への投資は、DHLの自信の表れであり、景気が回復するにつれて世界貿易を活性化させるという私たちのコミットメントでもあります」。

Eコマースが引き続き成長をけん引役
アジアパシフィック地域の越境ECは、引き続きDHLエクスプレスの成長をけん引します。2024年までに2.5兆ドルに達すると見込まれているアジアパシフィック地域のオンライン販売の市場規模は、消費者のPCやモバイルでの購買体験がさらに向上することで、引き続き加速していくことが予想されています。オセアニアにおいても、輸出は増加しており、オーストラリアとニュージーランドは、オセアニアを発地とする全貨物の90%以上を占めています。実際、2021年1月の航空貨物需要は、新型コロナウイルスの感染拡大前(2019年1月)レベルに回復していますが、国際航空輸送協会(IATA)によると、貨物キャパシティは旅客便のベリースペースの不足で引き続き制限がある状態だということです。

「Eコマースは、世界を席巻しています。このEコマースの急速な成長は、中長期にわたりサプライチェーンと航空輸送に対し、効率化や配送スピードの短縮を継続的に求め続けるでしょう」と、DHLエクスプレス  アジアパシフィック、ネットワークオペレーション&アビエーションのエグゼクティブ バイスプレジデント、ショーン  ウォールは述べています。

DHLエクスプレスアジアパシフィックの航空ネットワークは、香港セントラルアジアハブ、上海ノースアジアハブ、シンガポールのサウスアジアハブ、そしてバンコクハブの4つの主要なハブ空港からなるマルチハブ戦略で運営されており、各地域の50のDHLエクスプレス  ゲートウェイと繋がっています。シンガポールでは、11の専用航空機が毎週340便以上運航しています。

追加されるフライトで、トランジットタイムを短縮し、驚異的に増大する貨物ボリュームに対応します。追加されるフライトで、トランジットタイムを短縮し、驚異的に増大する貨物ボリュームに対応します。


DHLエクスプレス アジアパシフィックのアビエーション部門のトップ、イングリッド  ラジは、「燃料効率の良い技術を備えたボーイング777貨物機は、旧来のB747-400型に比べて18%のCO2を削減し、ドイツポストDHLグループが掲げるサステナビリティの目標に貢献します。この新たな専用便により、DHLはエクスプレスサービスを期待するお客様に、コスト効率とキャパシティの両面でソリューションを提供できるようになります」とコメントしています。

2018年、DHLはボーイング777貨物機を14機発注し、そのうちの10機を2020年末までに受領しました。残りの4機も2021年中に運航を開始する予定です。2021年1月、DHLは更に8機のボーイング777貨物機を追加発注し、初回受領は2022年を予定しています。102トンのペイロードと、9,600kmの航続距離をもつこのB777貨物機は、双発機としては最大の貨物キャパシティと航続距離を誇ります。これによりDHLエクスプレスは、着陸回数をより少なくし、長距離路線における着陸費用を削減できるため、大型貨物機の中でも最小限の運航コストを実現します。DHLエクスプレスは、17のパートナー航空会社と280の専用機材を活用し、220以上の国と地域に毎日2,200便を超える運航を行っています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. DHLジャパン株式会社 >
  3. DHLエクスプレス、アジアパシフィック地域の航空ネットワークキャパシティを拡大