第一園芸、書籍『花の本』5月17日(月)より発売開始/フローリスト日本一に輝いた新井光史が語る“花の活け方、その考え方”

~第一園芸のトップデザイナーが今だから伝えたい、日常を豊かにする花活け~ 出版記念イベント&フェアも開催予定

花と緑に関する事業を展開する第一園芸株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:伊藤昇、三井不動産グループ)は、有限会社雷鳥社(本社:東京都杉並区)より、トップデザイナー・新井光史による書籍『花の本』を2021年5月17日(月)に刊行しました。

 

花を手に入れるところから、花を活けるために考えるべきこと、そして花にまつわる雑記まで。

魅力あふれる花をより身近に。より愛おしく感じることがきっとできる、そんな一冊です。

■日常の中に、貴方だけの花活けを
花を手に入れ、自宅に飾る。ちょっとしたことで、いつもの日常が豊かになります。では、教本のフラワーアレンジを模倣すれば良いのでしょうか? 花の好み、花を飾りたい場所は十人十色。その人に合った、その場所に合ったオンリーワンの花活けがあるはずです。
本書では、第一園芸のトップデザイナー・新井光史が、花活けについての「考え方」を中心にお伝えします。花・葉物・枝物の選び方は? 飾りたい空間に見合うアレンジメントや花器は? 色や季節での合わせ方は? など具体例を交えご紹介。四十年にわたる著者の経験や知識から語られる花活けのノウハウが詰まっています。
とはいえ、肩の力を抜いて自然体で花と向き合うことが大切です。
一輪だけ飾るのも良いですし、拾った落ち葉をテーブルに散らすだけでも良いと思います。ハウツーをそのまま模倣するのではなく、「私だったら?」「あの場所に 飾るのだったら?」と自問し、試行錯誤するきっかけにしていただきたい一冊です。

■書籍化を記念して出版記念イベント&フェアも
・写真展:ヒガクレ荘(静岡) 5月20日~6月6日
「花のある日常展」パネル展示で本を紹介します
https://twitter.com/higakureso/status/1392722940559429634?s=21

・写真展:長崎次郎書店(熊本) 6月中旬~7月末
http://www.nagasaki-jiro.jp/
※新型コロナウイルス感染拡大状況によっては、急遽イベントの開催を中止させて頂く可能性もございますのでご理解ください。

■著者紹介
新井光史
1960年 神戸生まれ。花の生産者としてブラジルへ移住。その後、サンパウロの花屋で働いた経験から、花で表現することの喜びに目覚める。フローリスト日本一を決めるジャパンカップで内閣総理大臣賞を受賞した第一園芸のトップデザイナー。また近年では、ウェディングやパーティ装飾、オーダーメイドアレンジメントの依頼のほか、さまざまなイベントに招致される機会も多く、国内外におけるデモンストレーションやワークショップなど、日本を代表するフラワーデザイナーの一人として、幅広く活動している。著書に『The Eternal Flower』(Stichting Kunstboek)、『花の辞典』(雷鳥社)などがある。

 <新井光史からのメッセージ>
「花」を飾る仕事をして人生の半分以上が経ちました。
過去を振り返る事よりも、やってみたい事に溢れている未来に魅力を感じる毎日だった私が出版という形で「花」と歩いた過去を振り返り、あらためて「花」の虜になった自分を再認識することができました。
慌ただしく時間に追われて過ぎていく毎日だからこそ「花」を愛でるひと時を大切にしてほしい。
『花の本』との出会いがあなた自身の「花」の出会いになれば幸いです。

■販売チャネル
全国の書店や各種オンラインショップ、または第一園芸オンラインショップでもお買い求めいただけます。
https://www.daiichi-engei.co.jp/ec/CSfLastGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=42208

■書籍概要
書名:『花の本』
http://www.raichosha.co.jp/book/create/cr44.html
仕様: A5判(210×148mm)/ 160ページ本文カラー(一部モノクロ)/ 仮フランス装
定価:本体1,800円 (税込1,980円)
発売日:2021年5月17日
著者:新井光史
監修:第一園芸株式会社
発行元:雷鳥社

■第一園芸株式会社 概要
所在地:東京都品川区勝島1丁目5番21号 三井物産グローバルロジスティクス勝島20号館
代表者:代表取締役社長 伊藤昇
創業:1898年(設立1951年)
資本金:4億8千万円
株主:三井不動産株式会社(100%)
URL: https://www.daiichi-engei.jp/
店舗一覧:https://www.daiichi-engei.jp/shoplist/

■書籍に関するお問い合わせ
有限会社雷鳥社
〒167-0043 東京都杉並区上荻 2-4-12
TEL:03-5303-9766
WEB: http://www.raichosha.co.jp/
雷鳥社 編集部 益田光 masuda@raichosha.co.jp
※書影データや書評のための見本誌をご希望の場合は、お気軽にお問合せください。

《本件に関する報道関係からのお問い合わせ》
第一園芸株式会社 ブランド推進部 谷中
Tel:03-6404-1501 / Mail:info_pr@daiichi-engei.co.jp
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 第一園芸株式会社 >
  3. 第一園芸、書籍『花の本』5月17日(月)より発売開始/フローリスト日本一に輝いた新井光史が語る“花の活け方、その考え方”