プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

Plug and Play Japan株式会社
会社概要

Plug and Play Japan、新素材をテーマにした「New Materials」アクセラレータープログラムを開始

Plug and Play Japan株式会社

Plug and Play Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ヴィンセント・フィリップ、以下「Plug and Play Japan」)は、素材・材料分野における新しいアクセラレータープログラム「New Materials」を2021年6月からのSummer/Fall 2021 Batchより開始することを発表いたします。

本プログラムのファウンディングパートナーとして、旭化成株式会社、積水化学工業株式会社、株式会社島津製作所、京セラ株式会社、株式会社電通、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループの6社をお迎えいたします。

「New Materials」アクセラレータープログラム立ち上げの背景
テクノロジーの発展において、素材の開発は常に大きな影響を及ぼしてきました。石器時代、青銅時代といったように、時代を表す名前に素材名が使われていることからも、その重要性が窺えます。現代における素材の重要性はさらに増しており、その定義はより広範囲へ拡がり、世界各地で新しい素材が日々生まれています。Plug and Play Japanではサステナビリティへの意識をより強く持つとともに、素材・材料分野でのイノベーションが加速するようなプログラムを提供してまいります。

機能性化学品の世界市場規模は約50兆円(*1)と言われており、リチウムイオン電池や液晶ディスプレイの素材などに使われる電子材料では、日本の化学企業が高いシェアを有しています。また、素材・材料分野のスタートアップからユニコーン企業も複数生まれており、この分野における国際的優位性を証明しています。素材・材料産業のイノベーションには大きな期待が集まっており、Society 5.0(*2)へ繋がるConnected Industryに向け、Plug and Play Japanもスタートアップ・エコシステムを構築してまいります。

「New Materials」アクセラレータープログラムについて
「New Materials」プログラムは、素材・材料分野において新たなテクノロジーを探している大企業と、新素材に関連するスタートアップ企業を結び、新たなイノベーションを産むための3ヶ月間のアクセラレータープログラムです。企業パートナーと共に、以下のような詳細分野のテクノロジーを持つスタートアップを支援していく予定です。尚、本プログラムでは京都・東京両拠点でのイベントなどを予定しています。

  • バイオプラスチック
  • 脱プラスチックソリューション
  • 電池・半導体材料
  • メタマテリアル
  • マテリアルズ・インフォマティクス
  • ラボオートメーション
  • 二酸化炭素回収・有効利用・貯留(CCUS: Carbon dioxide Capture, Utilization and Storage)


シリコンバレー本社の「New Materials」領域における実績
Plug and Playのシリコンバレー本社では、2015年に「New Materials & Packaging」としてプログラムをスタートしました。現在は25社の企業パートナーが参加しており、これまでに136社のスタートアップを支援してきました。また、そのうち9社に対して投資を行っています。
詳細に関しましては本社ウェブサイト(英語のみ)をご参照ください。
https://www.plugandplaytechcenter.com/new-materials/

*1) 平成30年1月 経済産業省 素材産業課「素材産業におけるイノベーションの役割と期待」より引用

https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/chemistry/downloadfiles/180112materials-innovation.pdf
*2) Society 5.0=サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会。(内閣府の『第5期科学技術基本計画』より引用)
https://www8.cao.go.jp/cstp/society5_0/

Plug and Playについて
スタートアップ、大手企業、投資家をつなぎ、世界中のイノベーションを加速させることをミッションとして掲げ、2006年にシリコンバレーで創業。現在、世界18カ国30拠点以上に展開しており、ベンチャーキャピタルとしてDropboxやPaypal、Lending Clubなど多数のユニコーン企業を輩出してきました。またアクセラレーターとして、2020年は500社を超えるパートナー企業に参画いただき、1,000以上のプログラムやイベントを実施しながら2,000社以上のスタートアップの事業化・事業成長を支援しました。
Plug and Play HP:https://www.plugandplaytechcenter.com/about/

Plug and Play Japanについて
Plug and Playの日本支社として2017年に設立。「To build the world’s leading innovation platform and make innovation open to anyone, anywhere.」をミッションに掲げ、アクセラレータープログラムや企業のイノベーション支援、国内スタートアップ向けのベンチャーキャピタル投資を行っています。
Plug and Play Japanは、大手企業と国内外のスタートアップをつなぐことで、日本に世界有数のイノベーション・エコシステムを構築することを目指します。
Plag and Play Japan HP:http://japan.plugandplaytechcenter.com/

会社概要
名称 Plug and Play Japan株式会社
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-16-3 渋谷センタープレイス3F
代表者 代表取締役社長 ヴィンセント・フィリップ
URL http://japan.plugandplaytechcenter.com/
設立 2017年7月14日

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
経営情報
ビジネスカテゴリ
経営・コンサルティング
関連リンク
http://japan.plugandplaytechcenter.com/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

Plug and Play Japan株式会社

54フォロワー

RSS
URL
http://japan.plugandplaytechcenter.com/
業種
サービス業
本社所在地
東京都渋谷区道玄坂1丁目16ー3 渋谷センタープレイス3F
電話番号
-
代表者名
ヴィンセント フィリップ
上場
未上場
資本金
-
設立
2017年07月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード