【こども食堂・こども学習 プロジェクト】を、1万5千店の飲食店が加盟する「どこでも社食」が立ち上げ。加盟飲食店ならびに全国の学習講師と提携。

どこでも社食を運営するシンシアージュが子ども食堂開催を事業化

福利厚生アプリの「どこでも社食」を運営する株式会社シンシアージュ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:久木田敬志)は、この度、「どこでも社食の加盟飲食店1万5,000店」ならびに「学習を提供する全国の講師」と連携する事で、「こども食堂」と「こども学習」を開催するプロジェクト「こどハピ」を開始いたします。

 

* 【こどハピ プロジェクト】 概要   〜全てのこども達がハッピーになれるように〜
 昨今、社会問題となっているこども達の「食の問題」や、「教育格差」の問題は、問題の大きさが加速度的に大きくなっているにもかかわらず、支援策の数や規模がまだまだ足りていない状況です。 要因の一つに、問題の大きさに比べて「支援策を実行する人的リソースが足りていない」という実情があります。 そこで我々は、「どこでも社食の加盟飲食店1万5,000店」並びに「学習を提供する全国の講師」と提携する事で、地域を問わず「こども食堂」と「こども学習」の開催していくプロジェクト「こどハピ」を開始いたしました。
また、新型コロナで莫大な影響を受けている飲食業界にとっても売上獲得に直結する仕組みとなるため、こども支援に加え、飲食店支援にもつながると考えています。

* こどハピの相関図
こどハピ運営チームが各者と連携する事で、出来る限り多く「こども食堂」と「こども学習」開催する体制を作りました。企業や自治体、各種施設(小児科病院など)とも連携しながら子供たちへ食と学習を届けて参ります。

* ”こどハピ”ホームページ
URL:https://kodohapi.com/

* こども学習とは
“お絵かき教室”や”音楽教室”、”料理教室”、”スポーツ教室”など、学習面でもこども達の健やかな成長を後押しする取り組みです。
昨今の、外で遊びづらい環境の中、オンライン学習も活用することで、親御さん達の気分転換にもつながれば考えています。
* こども食堂とは
こどもや保護者に対し、無料または安価で栄養のある食事や温かな団らんを提供するための活動のこと。貧困などが原因で栄養がある食事が出来ない、孤食、地域との繋がりがない、など現代社会が抱える課題を解決する手段として日本各地で広がってきています。昨今の新型コロナの影響で解雇や雇い止めが増加している事もあり、こども食堂の重要性は更に高まって来ています。

* 福利厚生アプリ「どこでも社食」とは
「どこでも社食」は、自社に社食がない企業でも近くの飲食店と連携する事で、簡単に社食の環境を実現させる福利厚生サービスです。 従業員の皆さんは加盟店舗を「自社の社食のように」自由に利用できます。
会計は、簡単スマホ決済で、会社側の会計処理の負担も少なく運用できます。
加盟店舗が多いため従業員の飽きも来にくく、また会社としても社食設備の投資を行う事なく、従業員のモチベーションアップ並びに、健康経営を実現できるサービスとなります。
◆URL:https://dokodemo-shashoku.com/

【株式会社シンシアージュ 会社概要】
■代表取締役社長:久木田敬志
■事業内容:【こどハピ プロジェクト】の運営および、福利厚生サービス「どこでも社食」の開発、運営
■HP:こどハピ:https://kodohapi.com/
          どこでも社食:https://dokodemo-shashoku.com
■Twitter(こどハピ):https://twitter.com/kodohapi
■所在地:東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39F
■お問合せ:https://kodohapi.com/#contact
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社シンシアージュ >
  3. 【こども食堂・こども学習 プロジェクト】を、1万5千店の飲食店が加盟する「どこでも社食」が立ち上げ。加盟飲食店ならびに全国の学習講師と提携。