オリンパスの映像事業の譲渡完了に関するお知らせ

オリンパス株式会社(取締役 代表執行役 社長兼CEO:竹内 康雄)は、2020年9月30日付けで日本産業パートナーズ株式会社と合意しておりましたオリンパスの映像事業の譲渡に関する契約に基づき、2021年1月1日付けで譲渡手続きを完了しました。譲渡完了にともない、今後はOMデジタルソリューションズ株式会社(以下、「OMデジタルソリューションズ」)が、これまでのオリンパスの映像事業を引き継いでまいります。
 映像製品に関する販売統括や研究開発部門は、OMデジタルソリューションズの本社所在地に順次移転してまいります。また、OMデジタルソリューションズの映像製品の生産は引き続きベトナム・ドンナイ省の拠点において行われます。オリンパスが製造・販売を行ってきた映像製品のカスタマーサポートは、今後OMデジタルソリューションズによって継続されます。

 「OMデジタルソリューションズは、オリンパスが長年にわたり培った光学・画像処理技術により高い評価をいただいているZUIKO、OMブランド、および、高度なデジタル録音技術と快適な操作性を兼ね備えたICレコーダーなど、強固な基盤を活かしつつ、引き続き高品質で信頼性の高い製品を供給し続けるとともに、新たな価値創造に向けてユニークな製品開発を継続してまいります。」(OMデジタルソリューションズ株式会社 代表取締役社長:杉本繁実)

 「映像事業は、1936年に当社初のカメラ『セミオリンパスⅠ』を発表してからこれまで、オリンパスにとってあらゆる意味で根幹となる事業でありました。映像事業が今後もOMデジタルソリューションズのもとで発展し続けることを確信しています。映像事業の譲渡をもって、これからオリンパスは医療事業、科学事業を経営の柱とし、グローバル・メドテックカンパニーとして、「世界の人々の健康と安心、心の豊かさの実現」のため、世界各国の顧客に製品・サービスを提供してまいります。」(オリンパス 代表執行役 社長兼CEO:竹内 康雄)

新会社に関する情報は下記の通りです。
会社名:OMデジタルソリューションズ株式会社
所在地:東京都八王子市高倉町49-3
Webサイト:https://om-digitalsolutions.com/ (1月5日よりオープン予定)
代表取締役:杉本繁実 (代表取締役社長)
事業内容:ミラーレス一眼を中心としたデジタルカメラや交換レンズ、ICレコーダーなどの
     オーディオ製品等の製造及び販売等に関する事業
資本金:約370億円 (2021年1月1日時点)
従業員数:約2,000名(グローバル)

カスタマーサポート、製品・サービスに関するお問い合わせにつきましては、上述のOMデジタルソリューションズ株式会社ホームページをご覧ください。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オリンパス株式会社 >
  3. オリンパスの映像事業の譲渡完了に関するお知らせ