JPYC販売所アップデートを開始│日本円ステーブルコインJPYCの暗号資産での即時購入機能実装へ向けテストネットを公開。マルチチェーン対応及びドルステーブルコインのUSDC・DAIでも購入が可能に

JPYC Apps内のメイン機能JPYC販売所のアップデート開始、マルチチェーン及び多通貨対応、スマートコントラクト実装へ。まずはtestnetから公開

前払式支払手段扱いの日本円連動ステーブルコイン『JPYC』を取り扱うJPYC株式会社(東京都港区、代表取締役社長:岡部 典孝)は、2021年10月8日以降JPYCを暗号資産で自動で即時購入できるJPYC販売コントラクトを開発し、JPYC Apps内のメイン機能、JPYC販売所のアップデートを開始したことをご報告いたします。
第一弾として、Ethereumテストネット「Rinkeby testnet」でJPYC販売コントラクトを公開します。今回の販売コントラクトはPolygon、Ethereum、xDAIメインネットに実装されます。メインネットで実装されると、暗号資産でのJPYCの購入が自動化・即時取引が可能になります。従来のイーサリアムでの購入に加え、ドルステーブルコインのUSDC、DAIでも購入できるようになります。
JPYC(JPYCoin)は1JPYC=1円で取引される前払式支払手段扱いの日本円ステーブルコインです。


今回のJPYC販売所アップデートの背景
JPYC株式会社は2019年11月に創業しました。2021年1月下旬、JPYCホワイトペーパーの公開およびJPYCの発行を行い、当社が運営するJPYC AppsのJPYC販売所にてJPYC(JPY Coin)を販売しております。
JPYC販売所の販売コントラクトの実装によりJPYCの暗号資産での購入がスムーズになることで、JPYCをより多くの方々にご利用いただくことを目的としております。JPYCのご利用者が増えることでJPYCのユースケースはますます広がると考えています。2次流通市場の価格に関係なく「1JPYC = 1円」で安定して取引することができ、ユーザー体験がさらに向上します。

JPYC Apps https://app.jpyc.jp/

JPYC販売コントラクトについて
暗号資産決済ウォレット接続によりブロックチェーンのスマートコントラクト機能が利用できるようになります。JPYCの購入が自動化され、暗号資産決済の場合、1,000JPYCから即時購入が可能になります。
イーサリアムに加え、USDC、DAIでの購入が可能になり、今後も対応暗号資産は拡大する予定です。
第一弾としてテストネット「Rinkeby Testnet」での公開を行います。テストネット(testnet)とは、メインのイーサリアムの動作をシミュレーションするために使用される、主に開発者向けのネットワークです。
まずはテストネット上で試験的に公開し、今後は第二弾としてPolygon上にてJPYCを購入できるようになリます。
以降も、イーサリアムメインネット、xDaiメインネットと利用可能ネットワークを拡大してマルチチェーン対応を進めます。
テストネット上で手に入るJPYCは実際に使うことができないので、あらかじめご了承ください。
※本アップデート開始に伴い、従来のJPYC販売所の暗号資産決済によるJPYC購入機能を停止しました。

メインネット対応まで今しばらくお待ちください。

開発ロードマップ

  1. Rinkeby testnet 公開:10/8~
  2. Polygonメインネット対応:順次
  3. 以降、Ethereum、xDaiメインネット対応の順番で開始


JPYC販売コントラクトの使い方について
暗号資産の額または購入したいJPYCの量を入力することで、自動的に必要な金額が計算されてJPYCをその場でウォレットに受け取ることができます。
説明URL:https://jpyc-support.freshdesk.com/support/solutions/articles/70000583755


JPYC販売コントラクトの注意点

  • 一回の購入限度額は1000JPYC~20万JPYCとなります。
  • 2次流通価格によらず「1JPYC=1円」の固定レートでの販売となります。
  • ネットワークの状況によってはトランザクションが失敗する可能性があります。
  • コントラクトの仕様により購入申請が通らない場合もございます。
  • 各通貨のレートはChainlinkを参照しています。

JPYC販売コントラクトのデザイン

JPYC株式会社について
JPYC株式会社は2019年11月に創業し、2021年1月に日本初のERC20自家型前払式支払手段として日本円連動ステーブルコイン「JPYC」を発行しました。JPYCをより多くの方にご利用いただくためにも、親和性の高い事業者との業務提携を積極的に進めております。

◾️ 会社概要
・会社名  :JPYC株式会社
・代表者  :代表取締役 岡部 典孝
・所在地  :東京都港区芝公園4-8-12 猫来坊
(10月より)東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル4階 FINOLAB内
・設立   :2019年11月
・事業内容:ERC20前払式⽀払⼿段の発⾏、NFT等ブロックチェーン全般に関するコンサルティング
・加入団体:一般社団法人 ブロックチェーン推進協会(BCCC)会員
一般社団法人 日本資金決済業協会 第一種会員
・監査法人:あかり監査法人
・URL     :https://jcam.co.jp/ 
・Twitter:https://twitter.com/jcam_official





 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JPYC >
  3. JPYC販売所アップデートを開始│日本円ステーブルコインJPYCの暗号資産での即時購入機能実装へ向けテストネットを公開。マルチチェーン対応及びドルステーブルコインのUSDC・DAIでも購入が可能に