TOKYO GIRLS RUN(TGR)軽井沢ハーフマラソン2016レポート!<日時:2016年5月22日(日) START 9:00>

TGR5期生の初レース! TGR最速メンバーは梅本静香1時間56分13秒、日本テレビ「PON!」お天気お姉さんでおなじみの熊江琉唯も好タイムで快走! 神スイングの稲村亜美は沿道の声援に感動で完走!

​史上最大級のファッションフェスタ「東京ガールズコレクション」の出演モデルで構成されたランニングチーム「TOKYO GIRLS RUN」(以下「TGR」)は、「オシャレを楽しむために、スポーツを通して健康で理想的なスタイルを手に入れよう!」をテーマに、ランニングをはじめ様々なスポーツへの挑戦や応援をしています。
4月より第5期メンバーが公式練習会を開始し、2016年5月22日(日)に5期メンバー初の大会となる「軽井沢ハーフマラソン2016」にゲストランナーとして出走しました。
大会当日の軽井沢は朝から平年に比べてかなり気温が高く、ランナーにとっては辛い暑さとなりましたが、そんな中でも快走し最初にゴールしたのが4期からの継続メンバーである梅本静香。ゴールの瞬間の表情もインタビューの第一声も、ハーフを走ったとは思えないほどのさわやかさで、同じタイミングでゴールした出場者の皆さんと喜びを分かち合っていました。また5期から加入の新メンバーで「神スイング」の CM で一躍話題となった稲村亜美も、初出走ながら持ち前の体力と運動神経のよさで快走。今後のタイム更新にますます期待が高まる結果となりました。

ゲストランナーとして登壇した開会式での様子ゲストランナーとして登壇した開会式での様子

軽井沢を駆け抜けるメンバーたち軽井沢を駆け抜けるメンバーたち

初のハーフマラソンについて語る稲村亜美初のハーフマラソンについて語る稲村亜美

【初出走  稲村亜美 (ネットタイム:2時間15分33秒)完走後のコメント】
走っている最中、沿道からの声援がたくさん聞こえてきてすごく励まされました。初めてのレースだったのですがマラソンってこんなに近くに応援してくださる方がいて、皆さんの優しいお声がけがあるなんて感動しました!ひとりではなく、TGR として走ることができてとても嬉しかったです。また走りたいです。

【TGR最速 梅本静香(ネットタイム:1時間56分13秒)完走後のコメント】
初めてのレースが去年の軽井沢でした。思い出の軽井沢で、目標としていた2 時間切りを達成できたことが嬉しかったです。空気が美味しく、景色もよくてとても気持ち良かった!2回目の軽井沢は余裕を持って走ることができました。日頃のトレーニングの成果が出たのではないかと思います。レースを完走するごとにメンタルが強くなるのを感じています。今日の結果も自信につながりました。

【大会概要】
軽井沢ハーフマラソン2016(21.0975km)
出走者:5448名(男子:3774名 女子:1674名)
男子タイム:1位 1時間09分17秒
女子タイム:1位 1時間21分00秒


【TGR メンバータイム(ネットタイム)】
稲村亜美  2時間15分33秒
梅本静香  1時間56分13秒
川口優菜  2時間19分56秒
熊江琉唯  2時間06分43秒
寺本愛美  2時間10分22秒
永田レイナ 2時間05分34秒
宮河マヤ  2時間12分36秒

■TOKYO GIRLS RUN (TGR)とは
東京ガールズコレクション出演モデルをメンバーにむかえ、女のコのランニングカルチャーをリードするランニングチームとして2012年4月よりスタートし、現在5期メンバーが活動しています。 オシャレを楽しむには、まずは健康で理想的なスタイルを手に入れることも重要!ということで、ランニングを楽しみながら、健康でキレイなカラダをつくっちゃおう!というモデルたちが集合。複数のマラソン大会でサブ4ランナー(4時間以内で完走)も続々輩出中です。また、2020年の東京オリンピックに向けて、ランニングだけでなく、サッカー、ゴルフ、フィットネス、バレーボール、テニスなど、様々な スポーツの応援もしていきます。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社W TOKYO >
  3. TOKYO GIRLS RUN(TGR)軽井沢ハーフマラソン2016レポート!<日時:2016年5月22日(日) START 9:00>